日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

ネットフリックスの創業者で初代CEO マーク・ランドルフによる回想録。

 

 

当ブログ的に最も知りたいこととて明確にあったのは、

 

インターネットDVDレンタルの誕生はもちろんとして、 → 映画コンテンツ配信への移行

 

が、どんなタイミングで、どう判断されたのか。

 

 

 

 

読みはじめてみると、実に実にベンチャーな話。

 

アメリカで初めてDVDプレーヤーが試験販売されたのは、1997年3月。

このまだDVDタイトルが僅かわずか800しかない時代に、先を読んで事業を立ち上げた。

 

最初の飛躍は、DVDプレーヤー製造企業(東芝、ソニー)とのタイアップから。

DVDプレーヤー購入者には、無料DVDレンタルのクーポンが付いてくる。

プレーヤー ⇄ ソフト が両輪となり組んだことで、DVDプレーヤー・DVDソフトが売れ出す!

 

 

次の飛躍が「DVD販売を捨て、DVDレンタルに特化」したこと。

DVD販売に対し、DVDレンタル売上はわずか3%しかない状況。

一方、DVD販売には アマゾン や ウォルマート が早々に参入するのは火を見るより明らか(汗)

 

 

そしてアマゾンから声がかかる。

買収の提案を受けたのだ。

それはすなわちアマゾンがDVD販売を始めるという号砲でもあった!

 

ここでなぜか既読感がしはじめ、その疑念がなかなか溶けなかった(笑)

よくよく考えるに、このネットフリックス vs アマゾン 対決を既に「逆側」から読んでいた(笑)

 

読後評:ジェフ・ベゾス 果てなき野望―アマゾンを創った無敵の奇才経営者 ダークサイドも露出、が特徴。

 

 

 

結果、アマゾンとの交渉を打ち切り、DVDレンタルに集中注力していく。

 

 

次の飛躍が「定額サブスクリプションの先駆け」(1999年)

 

試練も訪れる。

ドットコムバブル崩壊(2000年)

レンタルプランも絞り込みレイオフも行うことで乗り切る。

 

 

 

 

さて冒頭でふれた、当ブログが最も関心があったDVDレンタル → 映画コンテンツ配信への移行。

ラスト430ページ過ぎにほんの数行(涙)

 

マーク・ランドルフは上場後 暫くして、自社株を売り飛ばし退社!

自分の出来ることは全てやりつくしたと満足し…

 

ここも実にベンチャーっぽい(笑)

 

 

 

結論:ネットフリックスの誕生から上場までを画く話は良くも悪くも、実に実にベンチャー企業(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでサ... ウディアレン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集