日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

 

冒頭にいうと、当ブログは「ギャンブル」に全く興味は、ない。

というより ある意味、距離を置いている。

 

なので事前に気になったのは、連発されるだろうギャンブル・シーンについていけるか?

その結論からいうと、何が展開されているか正直よくわからない箇所もあったが、見流した(笑)

 

 

 

オリンピック候補だった主人公モリーは出場をかけた試合で選手生命を失う大怪我で引退。

LAでぶらぶらしているところに、闇賭博を営む男の秘書として雇われ、そこからのし上がっていく。

 

限定会員制でそのステイタスを売りにして、大きく成功する。

ここでギャンブル・シーンが連発され、参加メンバーたちお隠れた欲望がむき出しになっていく。

そして起こるトラブル。

主人公はそこをうまく切り抜けたものの、その影にあった事実を知ったことをきっかけに転落!

 

 

俄然面白くなったのが、ここから。

ある事情で主人公が LA → NY に転身。

LA ではなかったスケールが手に入った代わりに、 NY ならではのダークさが彼女にまとわりつく!

たちまちFBIにマークされ、逮捕 → 裁判へ突入。

 

監督になったアーロン・ソーキンの売りは、元々 会話劇。

裁判で弁護を直接頼みに行った弁護士を演じるのが、イドリス・エルバ。

ポーカー・プリンセスと関わりたくない彼と、ジェシカ・チャステインの丁々発止ぶりは見もの!

弁護を引き受けたあとも、原告側の執拗な攻撃に2人は議論を闘わせあう。

この「動」に対応する「静」の部分を ケビン・コスナーが上手く演じ、物語に深みを増す。

 

 

結論:アーロン・ソーキンの手引きで「女神の見えざる手」に続き、チャステインが大暴れ(笑)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでサ... 読後評:ヘン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集