日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

 

1回目の感想は、

画:女神の見えざる手 Miss Sloane ビジネスの究極のせめぎ合いの闘い、を 強力なメンツで料理した、今年有数に楽しめる一本。  

 

で去年のベスト10の5位に。 

 極私的 2017年 映画 ベスト10!  

 

 

 

観る前に知って見たポイントは2つ

1. メインテーマが「銃規制」

2.主人公は所属していた会社に反旗を翻し、闘いに挑む物語

 

1. でいうと、ラスベガスで50人以上の犠牲者の銃乱射事件の直後で、このテーマはタイムリー!

 

ついでに 2 .は実は、一時の自分の境遇に似ている設定、だったのだ!

(誤解がないように申し上げておくが、相手は「会社」ではなく 全然 低次元 笑)

 

 

 

冒頭は主人公のモノローグから。

勝利のためなら、どんな犠牲をも厭わない、女性 PRロビイスト、ワシントン在住。

その容赦のなさで、業界でも有名人、を演じるのは、ジェシカ・チャステイン (ぜロ・ダーク・サーティ、アメリカン・ドリーマー 理想の代償、他多数!)

 

 

 

そして物語の核心にたちまち突入。

2度目の鑑賞は、ネタがわかってることで実は面白さ倍増!

 

・弁護士が立てる作戦を知りつつ、会話で軽く切り返す主人公の本当の意図

 

・彼女を引き抜くライバル社の社長、マーク・ストロングとの最初の会話の「本当」の意味

 その後のこの2人のやりとりは何度も続くが、どれも 痺れる

 

・主人公があえて仕掛ける罠が、恐ろしくさらっと描写されることに 戦慄...


・主人公が会社から離脱の際の、アリソン・ピルの反逆

 

・ググ・バサ=ロー(写真:左  エズメ役)との偶然を装った会話・食事での微妙な会話

 

・一本のすれ違い会話の電話(のようにみえる)が、局面を展開させるスタートラインとなる。

 

・主人公の独白のクライマックスに続き、示されるオチ!



ひとつ残念だったのは、DVDでは字幕で英語が選択できなかったこと。

3度目はそれに挑戦しようと思ったのだが...

仕方ない... Blu-Ray買うか!(笑)




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 映画:ゲティ... 究極の、珍体... »
 
コメント
 
 
 
英語 (ituka)
2018-05-13 22:21:12
DVDで英語が選択できないとなるとショックですね。
 
 
 
そうなんですよ! (onscreen)
2018-05-13 22:26:59
iukaさん、ご理解頂きありがとうございます!

出来ないとわかった瞬間、絶句してました(笑)
 
 
 
2度楽しめる (セレンディピティ)
2018-05-14 12:04:09
onscreenさん、こんにちは。
たしかにこの作品、結末を知った上で見ても楽しめますね。
もう一度ジェシカのセリフの洪水を浴びてみたいです♪
 
 
 
ご共感いただき、ありがとうございます! (onscreen)
2018-05-14 13:37:52
あの「メモ」でダメ押しされました。
痺れました....(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集