日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 








主役マット・デイモン。
彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。
ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」
ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。


ネットで調べると、けっこう賛否が別れていたので、鑑賞後にどう感じるかを楽しみにしていた。
そして結果は =しっかりと持っていかれた!
監督がキャメロン・クロウなので、そのへんは抜かりない。

マット・デイモンは安定しているし、子役×2も反抗期まっただ中の男子高校生と、まだ幼い長女が絡むシーンはそれぞれ良い。
しかもこれに絡む女優陣が、スカーレット・ヨハンソン、エル・ファニングとくれば、文句の言いようもない。
また主人公のお兄さん役の、トーマス・ヘイデン・チャーチも彼らしい味を出している。


批判されてしまう部分があるとすると、これが「実話」ベースなので、話がいじりにくいという点だろう。
予告編そのまんまの物語展開なので、その方向での驚きは全くない。
が、物語の作り込みがしっかりしていることで、自分的には気にならなかった。
この安定感抜群な点において、デート・ムービーとしてはお勧めのような気がする(笑)
6月 8日公開。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 55 )



     


 
編集 編集