コメント
 
 
 
時代背景 (KGR)
2010-11-25 00:48:15
1920年代後半から1930年代と言えば大恐慌からWW2に向かう頃。
当時のアメリカにおける女性の地位/見方や、冒険/冒険家に対するアメリカ人の考えなどを知らないので、ノスタルジーを感じるよりも上っ面をだらだらっとなめただけの伝記映画に見えてしまいました。
アメリア・エアハートの偉業にケチをつけるわけではありませんが、この映画での取り上げ方は疑問でした。
 
 
 
コメントありがとうございます (onscreen)
2010-11-25 01:04:20
私的には、彼女を取り上げた時点で、もともと伝記映画以上の内容にはならないなと。
その程度のものだという認識なので、ノスタルジアという表現にならざるえないのです。
この映画の評価についても同様で、それ以上ではないというというニュアンスもこめて書いたつもりです。
どう思われますか。

 
 
 
追記です (KGR)
2010-11-25 09:53:55
>伝記映画以上の内容にはならない
>評価についても同様で、それ以上ではない
なるほど。

私はもう少しドラマチックな部分があるのかなと思ってましたので、少し肩すかしでした。

もとより、皆さんのいろんな見方、感じ方を否定するものではありません。

この映画に限りませんが、時代背景の説明が少ないと(多分知っていることが前提でしょう)観客の知識の多寡が映画の理解に大きく影響します。

その意味でもう少しこの時代と言うものを知っておいた方がよかったな、と後で思った次第です。
 
 
 
わかります (onscreen)
2010-11-26 04:40:43
<時代背景の説明が少ないと観客の知識の多寡が
<映画の理解に大きく影響します。

アメリカでは彼女は時代を越えたヒーローで誰もが知っています。
この前提で作られているので(多分)そう感じられるのは仕方ないでしょう。

あれ以上ドラマチックにしてしまうと、ウソっぽくなってしまったかと。

では!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。