新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

離れて住んでいたほうが…。

2018年11月09日 | 今日の出来事
私の息子は埼玉県でホンダの工場に勤務しています。
現地のレオパレスでの生活ですが、月に一度は実家に帰ってきます。
少しは長男としての自覚もある様です…
私の命式も、やや比肩が強い命式ですが、彼の命式も比肩や官星が強い男っぽい命式です。
この様な父子関係の場合は、少し距離を置いて暮らしていた方が良いとも言えます。
父親も歳をとれば少々丸くなりますし、子供の方も社会で苦労して磨かれる傾向があります。
親が高齢になってから一緒に暮らせれば…と、思っています。
親子でも夫婦でも相性がありますね…。

世の中、全て陰陽で出来ています。
植物もオシベとメシベ。
動物もオスとメス。
人間も男と女です…。

夫婦は平等ですが、それぞれに役目や立場は異なります。
夫は天ですので肩幅が広く、妻は地ですので腰幅が広いのもその関係を暗示しています。
天地が一つになれば、その間に住んで居る子供(植物)も素直に育ちます。

強く強引な男には優しく受けとめる女が良いと思います。
仕事一途な夫には、確りと家庭を守る妻が良いでしょう…。
また、その逆もあります。
偏官が月上に輝く女性には、少々優しい家庭的な男性が良いかも知れません。

硬いものには柔らかいものが合い、強いものには優しいものが合います。
陰陽はその様にしてバランスをとっているのですね…。
クリックしてね
新栄堂
ジャンル:
占い
コメント   この記事についてブログを書く
« 健康問題 | トップ | 印綬傷官の並びと五行。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の出来事」カテゴリの最新記事