新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

変通星の吉凶

2020年05月26日 | 四柱・その他
変通星は全部で10個(11個)あります。
・比肩➡食神➡偏財➡偏官➡偏印の偏グループ。
・劫財(敗財)➡傷官➡正財➡正官➡印綬の正グループですね。
陽(+)から陽(+)を見ますと偏のグループになり、陰(−)から陰(−)を見ても偏になります。
プラス同士やマイナス同士は反発しますので、動いて刺激を受ける様になります。
磁石もくっつかずに動きます。
例えば、偏財は流動の財、偏官も動く仕事の方が合う…みたいなものです。

陽(+)から陰(−)、陰(−)から陽(+)を見ますと正のグループになります。
磁石のプラスとマイナスを近づけると、引き合い一つになります。
正財は固定の財や妻、正官はホワイトカラーや夫と言われるのもそれ故です。

比肩・劫財(敗財)…似たような星ですが、偏と正では少し異なります。
…竹を割った様な比肩と針金を曲げた様な劫財(敗財)かも知れません。
食神・傷官も、多感な思春期の表と裏の様なものです。
…エロスとタトナスにも例えられます。
動きを欲する偏財・偏官とやや堅めな正財・正官。
…財官はこの世を生きるには欲しい星ですが、正の方が保身が強いかも知れません。
偏印・印綬も、知的欲求の星ですが、思考や捉え方が少々異なります。
…裏を知りたい偏印と表を見つめる印綬とも言えます。

さて、変通星には様々な意味や六親、作用があります。
比肩を例にしますと…
1. 意味:自分・我・分離・個性。
2. 六親:自分自身・姉弟姉妹・同僚・ライバル。
3. 作用:財を剋する。 の3つの要素があります。

その比肩が良く働けば、意思の強さで頑張る人となり、初代に多い開拓型の人生を歩む傾向が出てきます。
また、比肩が悪く働く場合には、我儘で我の強さが災いする場合も出てきます。
吉面が出るか凶面が出るかは命式や行運によっても異なりますが、ご自分の命式を知って、それを上手にコントロールすることが大切だと思います。
開運の秘訣は…
1. 自然界の原則と歴史の法則を知る事。…特に今年は世界規模で大きく変わり、来年は新しい出発の時。
2. 自分自身を知る(命式を知って自分を活かす。知命と立命)。
3. 自分の今の運を知る(人生の春夏秋冬。今はどの様な時期なのか?)
4. 良い環境に身を置く。
5. 為に生きる(積善陰徳)
6. なりたい自分の専門分野の学習をする。

以上を心がけると良いかも知れません…。

自分という存在は親やその家系の影響を受けて生まれています。
家系によって価値観も異なり、その優先順位が原則からずれている場合もあります。
原則からのズレに築くと自然と修正が出来る様になります。
ズレを治すだけで、夫や子供との向き合い方も変わってきます。
まず、自然界の原則(陰陽五行と愛の法則)を知ると良いと思います。
そして、自分の命式の特徴を知れば、変通星の良い面を活かすことができる様になると思います。

脳から脊髄を通して神経が繋がっています。
その神経が、脊髄のズレ等でスムーズに働かないと身体に痛みが走ります。
自然界の法則が分かると、心の歪みを治すことができると思います。
歪みを修正すると、情の流れがスムーズに…
愛の法則を知って、自分の持つ変通星の吉面を活かすことがポイントかも知れません…。
クリックしてね
新栄堂



コメント   この記事についてブログを書く
« 栄美子の出張鑑定(2020年 6月) | トップ | 劫達の命(劫財特達の命) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

四柱・その他」カテゴリの最新記事