新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

変通星の意味「印綬」

2008年10月20日 |  四柱推命(変通星の意味)
印綬(女性の星・吉の星)頭脳の星
この星はとても良い星ですが、女性的な星ですので、男性よりも女性の方が吉面が多くなります。
男性では、吉面70%、凶面30%。
女性では、吉面90%、凶面10%。
印綬は、学問や頭脳の星で、コツコツと忍耐強く継続して研究するような分野に向いています。
また、文芸・文学や内面的な世界や思想探求の世界、そして古典や芸術の世界にも秀で、学者やノーベル賞受賞者にも多い星です。
古典芸術という意味では、習字や琴、日本舞踊や茶道・華道、また古典文学等にも縁があり、その道でも活躍されている方が多くいらっしゃいます。

印綬の持つ象意には…
思考・古典・礼節・目上の援助引きたて・学問・頭脳・母親・身内等があります。
この星を持つ人は、古典や学問に興味を持ち、物事の本質を知りたいという気持ちが強くなり、内的な世界や思想性に興味を持ちます。ですから、プライベートでもビジネスでも、何の為にする(生きる)のかという本質的な思想性や価値観が定まると力が発揮し易い傾向があります。
また、印綬は比肩(我)を生じる星ですので、この星を持つ人は、目上の引立てや身内からの援助等を受けられる運を持っています。
特に印綬の下に付く十二運が長生・冠帯・建禄・帝旺と、旺相している場合には、必ず確りとした援助者が居るもので、歴史に名を残した学者や芸術家にはその様なパトロンが多かった様です。
天干に出る印綬は確りした印綬が一つあるのが望ましく、天干に印綬が並び過ぎたり、五行に印綬が太過し過ぎると、考え過ぎたり取り越し苦労をし過ぎる傾向が出てきます。
星の並びでは官星と並ぶのが良く、男性の場合には社会で才能を発揮できる並びともいえます。
新栄堂
クリックしてね
ジャンル:
占い
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 変通星の意味「偏官」 | トップ | 変通星の意味「偏印」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆう)
2018-01-10 19:00:42
私は印授ですが、自分の事しか考えてないし、我がままです。印授は'世話好きでとかネットで書かれてることもありますが、全く世話好き でもありません。
偏印のほうが人情的 ですか?
Unknown (Unknown)
2018-01-11 11:56:28
はい、そうです。

コメントを投稿

四柱推命(変通星の意味)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事