タンポポの好奇心

タンポポのように逞しく!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お別れ!

2008-03-31 13:00:48 | Weblog
今日3月31日は、あちこちでお別れの日。
我が社でも、退職者の辞令交付式を行い長年勤務していただいた方々に感謝の言葉を送りました。

それぞれの部署でそれぞれの形で実力を発揮され、会社のためにご尽力いただき、本日をもってその責務を全うされたこと、凄いことだと思います。
中には、40年にあまって勤務された方もおり、きっとあれこれと感慨深いことでしょう!

ただ、退職される方それぞれ何が違うかというと、退職後の生活設計です。
きっちりと決まっている人
しばらくは、片付けに没頭するという人
方向が定まっていない人は、きっと1週間もすれば退屈してくるでしょう。

誰も自分の終点を自分で決めることはできません。
終点がいつになってもいいように体も経済も準備しておくことは必要です。
定年後の人生をどう生きるかは、自分しだい!
コメント

シックハウス

2008-03-30 16:36:31 | Weblog

シックハウス・・・・・ご存知でしょうか?
今、会社の拠点を建築しようとして設計の前段階です。
先日買った「知ってはならない!」に出ていた「シックハウス」

脳も心も体も狂わせる科学物質
「シックハウス」
新築住宅等は”毒の館”
住宅建築に使われる科学物質は、なんと459種類にも及ぶ
長期に及ぶと・・・皮膚炎・中枢神経系への影響・記憶障害等

さらに進むと、”不安”から”殺意”へ・・・・・・・・”えっ!”と思うでしょう!
人体は、まさか「イライラ」「ムカムカ」の原因が、住んでいる家の壁や天井、床下から出ているなどとは、全く認識できない。
「イラつき」の原因は同じ屋根の下にいる・・・「父だ! 母だ! あるいは娘・息子だと”誤認”してしまう。
その手は、台所の包丁を握り締め・・・また、新たな驚愕のさんげきが繰り返される。
こうして日本人は、新築の家、マンションの下で、”殺し””殺されて”行く・・・・!

あながち否定しきれないのが新築住宅地のシックハウス症候です。

怖いですね!読みながら鳥肌が立ちました。
建築前にこの本に出会えて本当に感謝しています。

コメント

マーガリン

2008-03-29 13:02:36 | Weblog
マーガリンは、狂った油!

マーガリンは、もともと自然界に存在しない人口アブラなのです。
どうやって作るかというと、植物油に水素を添加して合成するのだそうです。
それは、”オイルをプラスティック化する”作業で、「狂った油」といわれるのも頷けます。

すでに、デンマークやオランダでは販売禁止だそうです。
アメリカも「健康を損なうおそれがある」という”警告表示”が義務化されています。

家の継母は、マーガリンが大好きで、朝食パンに「これでもか!」っていうぐらいは塗っています。最近やっと牛乳から豆乳に替わったのですが、それも3年かかっていますからマーガリンはまだまだ続くでしょう!
人間なかなか素直になれないものですね!
コメント

ガンの特効薬

2008-03-28 14:46:17 | Weblog

毎年ガンで命を落とす人の悲報は途絶えることはない。
「知ってはいけない」・・・の第4章

ガン治療で毎年25万人が”殺されている!”・・・と書かれてある。
要約すると
・「抗がん剤はガンを治せない」厚生省
・「ガン検診」受けた人ほど早く死ぬ
・「笑い」はガンのベストの治療法です
・病気の原因は医者と薬だった
・覚せい剤”タミフル、リタリンで自殺増
・風邪を治せぬ”風邪グスリ”で飲むほど悪化

以前、現代落語でガンセンターの話をネタにした落語を聴いたことがある。
「先生、ガンは感染するんでしょう?」
「A先生も、B先生もガンになったじゃないですか」
「同じところでガンになるんだから、遺伝じゃなくて感染でしょう?」


この落語家の方は、原因を次のように分析していました。
先生の心の中は・・
ガンは怖い!
ガン患者を毎日治療し、その怖さは並ではない
なぜなら、殆どの患者が命を落としているから・・・
自分もガンになったら最後だ!
完治は望めない!
ガンになったら、どうしよう!

この先生の強い気持ちが、自分にガンを発病させているんだそうです。
人間の思いが、その方向に人を導くといいます。

「笑い」は、ガンのベスト治療だと、この本には書いてありました。
この落語家の方も、同じことを言われていました。、
「笑い」だけで治るといっているのではありませんので誤解のないようお願いします。

「食」の先生からは、健康を維持するには、「食事」「環境」「運動」「精神」が重要と教わっています。
良い食事をし、ストレスを溜めない環境で、適度な運動を心がけ、明るく前向きな気持ちを持っていると、健康でいられる・・・こういうことです。

「笑い」は、ガンのみならず、金欠病も含めてあらゆる病気をなおしてしまう”神様からの贈り物”なんですね!

コメント

知ってはいけない!

2008-03-20 12:57:49 | Weblog
夕べ、数日振りに近くの本屋さんに足を運んだ。
少し前から、本格的に「会社」を設立しようと試みている。
今、「定款」を作ることに夢中!
・・・・で、「自分の作りたい株式会社が、すぐに設立できる本」という長い題名の一冊を購入いたしました。
現在は、会社の名前で家族中が悩んでおります。
定款が出来上がる頃には決めないといけませんね。

ついでに買ったのが、環境問題評論家 船瀬俊介著「知ってはいけない!?」
消費者に隠された100の真実・・・・と書かれてあるので、多方面に好奇心のある私にとっては、「何を知ってはいけないの?」・・・そう思いますよね!

購入して正解でした!
驚きの真実がズラリ・・・・・・
「会社」の拠点となる「建築」に取り掛かかろうとしている今、一番気になったのが
心とからだを蝕む”殺人住宅”と題された章と、
見えない恐怖”人類最後の公害”電磁波の章

今この本を手にしたということは、”よく読んで参考にしなさい”と、神様に教えていただいたのかな~と思えるのです。

そもそも自然界に存在しない開発された諸々は、当然環境によくないと思えますし、
自然の営みの中で恵まれたものを手にする有難さを感じます。
また、ぼつぼつと本の内容をご紹介できればと思います。
しばらくは、定款作りに没頭すると思います。
コメント

木蓮を愛でる会

2008-03-17 12:55:27 | Weblog
すっかり見頃を迎えた我が家の「白木蓮」
昨日は、一回目の「木蓮を愛でる会」を開催いたしました。

「木蓮」は、ちょうど見頃
「さくらんぼ」は、散りはじめで風にのって花びらがちらちらと舞い、情緒満点
庭のテーブルで語らっていると、満開の「みつまた」の花が甘い匂いを漂わせてくれます

5家族で総勢16人の、「花より団子」の賑わい
初めて参加した方、2名・・・・次回もぜひご参加ください
だんだんと参加してくださる方が増えてくるので、初めて参加の方に合わせてちょっと人選させていただきました。
楽しく盛り上げてくださって感謝ですね!

まだちょっと寒いので、バーベキューは中止にしました。
我が家定番の「おでん」他・他・
季節の菜の花の巻き寿司にフルーツ・スイーツと、お腹も超満腹状態

昨年、いただいた梅を漬け込んだ「梅ブランデー」が、とっても美味しくなっていて好評を得ましたので、お土産にお持ち帰りしていただきました。お家で楽しんでくださいね。
今年も沢山いただけるようですので、沢山漬け込んでおきます。お楽しみに!

楽しかったです。
N家・M家・T家・Y家・O家・・・皆さんありがとう



コメント

耳の役割

2008-03-15 16:10:40 | Weblog

物理学者であり、随筆家であり、川柳など短文学にも多くの作品を残している「寺田寅彦」の、考えさせられる言葉
「人間は、目は自分で閉じることが出来るのに、耳を自分で閉じることが出来ないのはなぜか?」
禅の公案のような言葉を沢山残していることから考えるに、構造的な疑問ではない。

ある長寿でしられる地域で、「長寿の秘訣は?」と聞いたところ
「ウソをつかないことと、人の話を聞かないこと!」と、答えが返ってきた。
つまり、人の話にあれこれと神経を使い、ストレスがたまると長生きできないということなのだろうか?

寅彦の公案には
「人は見たくないものは自らの意志で容易に拒否できるが、聞きたくないものを拒否するには、わざわざ両手で塞がなくてはならない。」とある。
つまり、「人のいう事は、よく聞きなさい」といっていると思われる。

またある人からは、「口は1つ、耳は二つ・・・自分が言うことの倍は人の話を聞くように・・・」と、教えられた。

「人の話を聞かずに長生きするより、人の話をよく聞いて短くても充実した人生の方がすばらしい!」・・・これは人間として、当たり前のことではあります。

コメント

花の季節

2008-03-13 13:06:27 | Weblog

やってきました「花」の季節
我が家の「木蓮」も、そろそろ開花です。
「木蓮を愛でる会」を開催しないと・・・・・・
2回位は楽しめますでしょうか。

昨日の朝、うぐいすの囀りを聞きました。
どこで鳴いてるのかと耳を澄ますと、庭の2分咲き位の「さくらんぼ」に止まって「ホーホケキョ」と、上手に鳴いていました。
うぐいすは、鳴く練習をするそうですが、上手に鳴いているのを聞くと結構前から鳴いていたんでしょうね。

今は、「木蓮」と「さくらんぼ」を同時に楽しめます。
「花より団子」になるかも知れませんが、一緒に楽しみましょう!
お誘いしますので、お越しください。

季節は、確実に巡ってきます。
ある人が、「月日は皆に平等に巡ります。こんなに公平なことはない」と、いわれました。
1年・10年・20年・・・速いと思うか、遅いと感じるか

猫の額の我が家の庭でも、「もうこんな季節が・・・」と、自分の年齢を忘れ月日の経つ速さを感じます。
1日1日
を大事にしなくては・・・・
今できることは、今やっておこう
明日は、また明日やることがあるはずだから・・・

コメント

ランラン旅行

2008-03-11 13:01:51 | Weblog
家族・友達連れ立ってのバス旅行
朝5時起床・・・帰宅PM11:30頃

気が合う者同士の集団は”楽しい”の一言
行きも帰りも、ミニライブ状態で、興奮しっぱなし・・・
えっ!どこ行ったか?・・・・今回は行き先が問題ではなく、集団行動に意義があるのです。
みんなの意思統一を終え、大満足の面々でございました。

余談ですが・・・
先日、大好きな土地がやっと手に入りそうな気配になってまいりました。
仮の契約書に目を通しながら、やっと叶いそうな夢を頭に浮かべ、思わず微笑んでしまいました。
嬉しい限りですね!
これから家族で満足のいく形を、少しずつ作り上げて行きます。
私の家族より友達たちが大変楽しみにしていてくれ応援してくれています。
皆さんありがとうございます。
私たち、がんばりますよ!
コメント

日本人の意識

2008-03-07 12:58:57 | Weblog

京都大学名誉教授会田雄次博士
この会田先生が、京都大学を定年退官する時に学生たちに残した言葉が
「君たちが日本のリーダーになる頃、日本は大変な状況になるだろう。なぜなら君たちは3つのことを学ばなかったから・・・・」
「1つは歴史、そして信仰、さらに人の道だ。」
これは、1979年 今から約30年前のことである。

今まさに先生の言われる「大変な状況」になった社会であることは歴然としている。
「生かされる歴史」を学び、「生と死」を考え、「人の道」を行う。
当たり前のようだが、これは極めて難しい。
なぜなら、日本人はまず第一に「学ぶ」ことを忘れてしまっているから・・・・

これはある冊子に出ていたものです。
僅かな豊かな時代が人々の気持ちを変えてしまったのでしょうか?

食べれなかった時代から、食材がゴミ箱に山のように廃棄される時代へ
おもちゃなど殆どなかった時代から、自分の手足となって自由に動くテレビゲーム時代へ
尊敬される父親がいた時代から、粗大ごみと称される父親になった昨今

今からでも決して遅くはない。
きっと気づいている人は大勢いる!

コメント