タンポポの好奇心

タンポポのように逞しく!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

特別の1日

2008-02-29 12:56:14 | Weblog

今日は4年に一度の閏年の2月29日
時間の流れからみると、なんてことはないのですが、暦でみてみるとなんとなく得した気分
私は得だと思うのですが、人によったら1日仕事多くなるから損した気分かもしれませんね。

坂村先生の「1日一言」には、ちゃんと29日の一言が書かれています。

「これでよいのか」
これでよいのか  これでよいのかと  いつもわが身に問うて
お釈迦様の教えに  はずれぬよう  生きて行こう

「1日一言」29日があったおかげで、1つ多く人生の教訓を得ることが出来ました。

・・・余談ですが・・
先日、大好きな「明るい貧乏人」に沢山作った「手羽先餃子」をおすそ分けしたところ、義理堅い方なので、新鮮な大根・白菜、それに枝切りした「金柑」を沢山いただきました。
さっそく金柑をトロトロと炊き込み、のどのお薬を作ったところ、なんと翌日のどが痛くなり即金柑のお世話になりました。
金柑液をゆっくりと味わいながらのどに流し込むと、痛みがスーっと引いて行くんですね。
タイミングの良さに驚きながら、「明るい貧乏人」に感謝!
ありがとうね!

コメント

仏様

2008-02-28 12:35:20 | Weblog
2月28日 坂村先生「1日一言」

「仏さま」
仏さまが美しいのは、願を持っておられるからである。
そのように願を持って生きている人は皆美しい。本当の美しさは、、このような願を持つ人を言うのである。私は、そういう人に会った時が一番嬉しい。
目が光り、顔が光り、後ろ姿までが光っているからである。

本当にそのとおり!
目標を持って生きている人は、話をしているだけでそれを感じる。

私も光ろう!
大きな夢を実現しようとしているのだから・・・・!
コメント

日本没落

2008-02-27 12:52:49 | Weblog
ずーっと以前、小松左京の「日本沈没」がベストセラーになり、映画やテレビで観た人は大勢いると思う。

今、話題になろうとしている書籍に、早稲田大学教授榊原英資著「日本は没落する」がある。実は私も読んでいないので、ぜひ購入して読もうと思っている。

愛媛経済レポートに書籍の紹介が載っており、興味をそそられたのですが・・
題名とはちょっと違う内容のようですよ!

「日本は没落する」は、危機感をあおるばかりの本ではない。21世紀の今日をきちんと認識し、その上で現在の日本の在り方と方向を示唆している点で、立派な啓蒙の本である。
著者の認識によれば21世紀は、産業資本主義の時代から、世界が「ポスト産業資本主義」の時代に移行しつつあるのだという。その特徴は、「金余り」であり、「金を追いかける時代」から「金が追いかける時代」になったというのである。
そしてもう1つの大きな変化は、「欧米からアジアへ」の市場の流れであり、中国やインドに欧米をしのぐ巨大な新市場が誕生しようとしていることだという。

現在の日本は、技術や学問に対する志が低く、このままでは韓国・中国・インドに遅れをとることが必至であると警告している。これらのことは、政治がメディアを通じて大衆感情に支配される大衆民主主義化がすすみ、政治のリーダーシップが失われているからだという。
著者の警鐘に耳を澄ますべきはメディアと誰よりもまず国民自身であるべきだ。

いかかでしょう?
自分自身が社会を構成していることを考えると、ぜひこの書籍を読んで意識を変えねば・・・と感じ、早急に本屋に足を運んでみようと思います。
コメント (2)

ビジネス用語

2008-02-26 12:55:30 | Weblog

会計事務所からきた「ワンポイントニュース」
よく使われているけど、今さら聞けないビジネス用語・・・・Part3

最近の横文字、皆さん理解できていますか?
正直いって理解できない言葉だらけなのです。
自分ではこうだと思っていても、他の人が使っているのを聞くと、なんとなく違う気がしたりするんですよ。
慌てて「カタカナ辞典」開けてみても、ちょっと古い辞典だとなかったりする。

今さら聞けないらしいですが、全部分かりますか?
 サブプライムローン
 モラル・ハザード
 コア・コンピタンス
 アライアンス
 アウトソーシング
 デフォ買い
 J-SOX法
 ショートセーラー
 SNS
 生体認証
以上の中で、私が分かったのは4つだけ。後は辞典のお世話なる言葉です。

世の中目まぐるしく変化と進歩を重ねていますね。
速すぎて、ついて行きかねるのが現状ですが、仕事をしている以上関わらないわけには行きません。
5年使った「カタカナ辞典」、新しく買い変えないとダメかな~!







コメント

「屁~!」

2008-02-22 13:36:32 | Weblog
地球温暖化で何かと騒がれる最近
先日、ちょっと驚く報道をみた。

「屁~!」と、題しましたが、まさしく「屁」なのです。
牛・羊などの「おなら」「げっぷ」が、問題になっているそうです。
メタンガスが多量に含まれているということで、温暖化に重大な影響があるということ。

国によっては、「おなら税」「げっぷ税」が課されるかもしれない・・・らしい
もちろん、農家の方々は猛反対・・・プラカードをもって、デモっていました。
牛一頭に付き:¥・・・   これはたまりません。

ところが、メタンガスの量が驚くほど少ない「屁」をする動物がいる。
それが、カンガルーなのです。カンガルーは牛と同じく反芻して草を食べるのですが、なぜか、「おなら」にメタンガスが含まれない。
対策として、「カンガルーの腸を牛に移植してみては・・・」なんてことが、考えられているとか。

カンガルーの腸を持った牛・羊・・・?? へんなの?
コメント

春うらら

2008-02-21 12:53:00 | Weblog
春になりましたね~!

松山には、「椿祭り」という春を呼ぶお祭りがあります。
この祭りを迎える頃になると、なぜか寒くなり、終わると、めっきり春めいて本当に季節を感じさせる情緒ある行事の1つです。
今年も2月13日から15日まで、県内外の参拝客で賑わいました。

我が家には、庭にさくらんぼの木があります。ちょっと元気がない枝があったので、少し切り落としました。蕾の芽がついていたので部屋の中にさして10日程が経ち、今朝見頃の5分咲きとなりました。菜の花の黄色を添えて今朝は家族で「春やね~!」

自然界の庭では、紅梅がかわいらしく花を咲かせています。季節は確実にやってきますね。まもなくそれぞれの木々草花が活動しだします。

我が家も、木々草花とともに活動開始です。
まず、庭で朝食をいただく日曜日が始まりますね!

コメント

胎児の進化

2008-02-20 12:57:27 | Weblog

昨日聞いた「フ~ン?」・・というお話

「胎児」は、おなかの中で進化している。
聞いたお話なので、真偽は聞かないでください。

卵子が受精して、受精卵になる

魚類に進化する

両生類に進化する

爬虫類に進化する

人類として誕生する。

羊水の中で成長することを考えると、「なるほど!」と、納得します。
人間は生まれながらにして、進化の過程を全て体験するというお話でした。

もう1つ、両生類はバックすることが出来ない
言われてみればそうですね。
かえるが後ろに飛んでるの見たことないし、
へびが後ろ向きに這ってるの見たことないし、
前しか行けないんですね。

でも、気持ちが前向きはいいですね!
後ろを振り返ることなく、ひたすら前に進む!・・・・すばらしい!!
両生類にも見習うべきことがあった。

もう1つ、
過去の明るい話(景気のいい話)は、未来の暗い話(不安)に繋がる
過去の暗い話(辛かったこと)は、それをばねに明るい(豊かな)未来を作ろうとする

過去にはこだわらず、自分自身で明るい未来を作っていくパワーを養った人の勝ち!

コメント

噛む力

2008-02-19 13:01:14 | Weblog

今日は、健康講座から・・・よく噛むと幸せになれる!

一度の食事で「噛む」回数は、弥生時代は4000回、戦前は1400回、現在600回と激変しているとか・・・
しかし、最近「噛む」ことの健康に対する効果が見直されてきています。

「噛む力」を鍛えることに秘められた効果とは

1.噛む事で唾液がよく出ます。唾液は口の中を自浄し、
  食物中の酸を中和する作用で虫歯、歯周病の予防を
  してくれます。

2.しっかり噛むと、脳血管が拡張し、脳に血液と共にブド
  ウ糖・酸素などの栄養素が流れ、脳が活性化される。

3.しっかり噛むと、脳の満腹中枢が刺激されて食欲が抑
  制されるため、食べ過ぎの予防になる。そのうえ、体熱
  の発生と放散を促進し、内臓脂肪を分解する効果もある。

4.食べ物をよく噛むと食べ物の表面積が大きくなり分解効
  率がUPする。唾液の酵素は消化を助け、よく噛んで食べ
  るほど胃腸の負担を軽くする。

5.唾液に含まれる成分は、活性酸素を抑制される効果があ
  り、生活習慣病にも有効である。

6.噛むために必要な筋肉は、アゴだけでなく、首筋・胸・背中
  など12種類の筋肉を刺激するため、上半身の姿勢がよく
  なる。

7.力を入れるときに食いしばるのが奥歯。よく噛んであごや奥
  歯を鍛えていると、ここ一番の勝負では、日ごろの咀嚼力が
  モノをいう。

いかがでしょうか。
時間がかかっても、病気を予防し、長生きにつながることを考えれば、しっかり噛んで食べることが懸命だといえますね!

コメント

セコロジー

2008-02-18 12:48:40 | Weblog
私の日曜日は、テレビの「儲かりマンデー」から始まる。
先週と昨日は、「セコロジー」について・・・?

「セコロジー」って、あまり聞きなれない言葉かもしれない。
なぜって、この番組で生まれた言葉らしいので・・・
「セコイけど、凄いことになる」・・ということらしい。

番組のファンも多いので、「セコロジー」の投書を募ると相当数応募があったという。
・金券ショップで、安くテレフォンカードを購入して電話代にあてると安かった分が浮く。
・ETCの早朝割引と通勤割引をたくみに駆使して、片道料金で往復する。
・急行料金は、100Km単位なので、乗る駅によってかなりの差がでる。
・大都市は路線による料金差がある。
等々・・・セコイというか、生活上手なんですね(お見事!)

以上、”セコイ”を続けて行くことで、凄いことになる(なるなる、絶対なる)
身近で、自分に出来る「セコロジー」を見つけて、実践してみよう!!
コメント

経営の神様

2008-02-16 13:01:43 | Weblog
「経営の神様」松下幸之助氏から、教えを受けている人は沢山いると思う。
世界の「松下電器産業」を一代で築きあげた実績から賞賛され、氏の経営理念を学んだ人は数知れない。

代表的なものとして「水道哲学」がある。

「水道の水は、通行人がこれを飲んでもとがめられない。それは量が多く、価格があまりにも安いからである。産業人の使命も、水道の水のごとく、物資を安価無尽蔵たらしめ、楽土を建設することである。」

経営観の根底をなした「企業は器なり」

「企業は天下の人、天下の土地、天下のお金そして天下の資源を使って経営を進めている。それゆえに企業経営は私事ではない。私企業といえども公器である。そういう信念にたたねばならない」

さらに「好況よし、不況さらによし」

「好況のときは、他に目がうつらないから、駆け足をしているようなものである。何か欠点があっても目につかない。一方、不況のときは、ゆっくり歩いているようなもので、前後左右し目がうつるから、欠陥が目に付く。つまり、不況のときは、その目についた欠陥をなおす好機である。」

”さすが”と思わせる理念。企業ならずとも日々の生活に照らし合わせると思い当たることだらけ。

生かせていただいている家庭・会社・社会に自分の存在がほんのちょっとでもプラスになるよう心がけ日々精進して行かなければ・・・・・

コメント