タンポポの好奇心

タンポポのように逞しく!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リスクアセスメント

2007-10-31 12:59:43 | Weblog

先日、「安全管理者」の選任時研修を受講してきました。
「安全管理者」って、余り聞きなれないと思いますが、事業所にとっては必ず必要な資格なんです。

事業所の安全管理・衛生管理・労働災害の事前防止策等・・・時間と手間のかかる内容です。
中でも、企業として努力義務と位置づけられた「リスクアセスメント」

これも、聞きなれないかも言葉かも知れません。
事業所全体で、自主的に安全対策に取り組むことが不可欠になり、これに応えるのが「職場のリスクアセスメント」です。

簡単に言うと、職場の潜在的な危険性や有害性を見つけ出し、これを除去し、低減するための手法です。
なんと、「見える化」仕事術の「見える化」手法そのものです。

習得しようとしていることと研修内容が、タイミングよく一致してちょっと驚き!!
話を聞いている段階で、既にチャート図が浮かんできました。
即、運用できるよ!・・・ということでしょうか。
きっと、何事もですが、運が後押ししてくれてるのかな!・・・と、思いました。

前向きに考えていると、運のほうからやってくるんですね!

コメント

「見える化」仕事術 終了その2

2007-10-27 18:47:41 | Weblog
「見える化」仕事術 最後の第3単元


この単元は「見える化」を、仕事・職場に活かそう・・・・です。

企画→開発→製造→品質管理→営業→接客→クレーム→市場
事務・経営・オペレーター

このどのプロセスにも、「見える化」が求められています。
「見える化」が進むということは、会社の利益にも大きく係ってきます。
本当の意味での「見える化」は、そう簡単ではありません。
プロセスが見えたから・・・
チャート化したから・・・・
グラフ化したから・・・・
それだけでは、「見える化」ができたのではなく、手順や情報が整理できただけだと思います。

何のために「チャート化」したのか!
何のために「グラフ化」したのか!
そうです!・・・目的をはっきりしていないと「何のために!」が解決されません。

ミスを未然に防ぐために・・・
経費を節約するために・・・
効率よく動作ができるために・・・
クレームの原因を探すために・・・
事故が起きないために・・・・

求めるものは沢山あると思いますが、まず小さな「疑問」や「不満」に目を向けて、
原因を埋めていくことは大きな「見える化」の第一歩だと感じました。
コメント

「見える化」仕事術 終了

2007-10-27 18:13:47 | Weblog

第2単元・第3単元 提出終了しました。

超多忙なここ最近でしたが、先週あたりちょっと落ち着きました。
・・・でもって、1週間で第2・第3を提出しました。
細かくお伝えして一緒に「見える化」気にしていただいたら・・・・
と思っておりましたが、また忙しくなるので一気に進めちゃいました。

申し訳ないので、要点を少しお伝えします。

第2単元:
「見える化」って、要するにいろんなことを、みんなで共有するってことです。
スケジュールだったり、仕事の流れだったり、知識であったり・・・・・
さらに意識が進んでいくと、アイデア・顧客の声・経験・ノウハウ等・・・ちょっと文章には・??
と思えることも、みんなで共有できるマニュアルとして作り上げることができるのです。
そして、分析していく中で、ムリ・ムダ・ムラを発見することができ、改善に繋がるのです。

自主性・独創性が引き出されると、いろんなところで「発想力」が伸びてきます。
この「発想力」が、ムリ・ムダ・ムラを発見する大きな鍵になります。
「発想力」を高める有効な手段として注目されているのが「コーチング」です。

「コーチング」の原則「3つの哲学」
①「答え」や「能力」は相手にあると信じる。
②100%相手の味方になる。
③自発的な行動を促す。

お分かりですか?
一方的な指示命令では、「発想力」生まれないってことです。
コーチングの過程で、見えることを敏感に感じ取る能力も必要でしょう。
現場に係る人達の意見やアイデアをいかに引き出すか・・・大きなポイントです。

第2単元では、「見える化」によってできること・・・でした。


コメント