紗のかかる光

2022-06-29 22:57:17 | 住宅の仕事


早々と梅雨が明け、6月とは思えない燃えるような夏の日差しが続きます。
写真は埼玉県の新井宿に建つ住宅。このあたりも屈指の猛暑の地域です。
大きな窓ガラスですが、大きな庇で日差しが遮られています。
窓辺にはレース状のロールスクリーンが仕込んであって、それをスルスルと降ろして過ごしているところ。
スクリーンのおかげで、窓から入ってくる光には紗がかかり、室内には程よい翳りが宿ります。
その感じが、なんともいえない安堵感があるのです。



窓辺のラウンジチェアに座って、冷たい麦茶(麦酒!?)でも飲みながら過ごす暑い休日の午後は、ちょっと幸せですね。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« レトロガラスの魅惑 | トップ | ダイニングの楽しみ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿