経堂の家 訪問。

2022-05-19 22:13:44 | 経堂の家


竣工後の一年点検で「経堂の家」へ。
建物は完成したものの、中庭は良い時期を見計らいながらゆっくりと進められました。
新しい家具もいくつか入ったとのことで、久々の訪問を楽しみにしていました。

上の写真は、玄関ホールからダイニングに入って、最初に目に飛び込んでくる光景です。
木の窓枠に縁どられて、新緑が目にまぶしく映え、思わず息をのむ感じ。

中庭の窓辺に寄り添うように丸いダイニングテーブルを置くことを、初期の段階から決めて、その空間が居心地よくなるようにディテールを練りながら設計しました。
北欧の建築家アルヴァ・アアルトのデザインも参照しつつできあがった窓辺の空間は、優しく、でもキリっと庭の風景を切り取ってみせてくれて、独特の雰囲気になりました。

少し暑いぐらいに太陽が照りつける日でした。
でも深い庇に守られて、室内はちょうどよい明るさで落ち着きます。
家具や器や道具が置かれた室内は、静かに調和しています。
ほどよい明るさと陰影と。そんな雰囲気が、置かれた器物に趣をもたらしてくれているようでした。
BGMの流れる室内。なんだか眠くなるような安堵感(笑)

大工さんにもだいぶご苦労をおかけした家だけれども、おかげさまで点検でもほぼ問題無し。いやあ、素晴らしい。
お施主さんからも、いろいろと嬉しいお言葉をいただきました。設計者冥利に尽きる思いです。
新しい家での生活が始まって、テレビが置かれなくなりました。
それだけで、この家で過ごす時間がどのようなものかが、垣間見える気がします。



コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 別冊太陽 | トップ | ガラスブロック »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿