オノ・デザイン 小野喜規のブログ

建築家 小野喜規のブログ

ジュリア通り

2018-08-28 16:19:46 | 旅行記


暑い夏の思い出の写真から。

ローマの旧市街 テヴェレ川の近くに、ジュリア通りという道があります。

エッセイなどを読んでいると、須賀敦子さんなど何人かの作家が、ローマで一番好きな道、というようなことが書いてあるのが印象的だったのですが、初めて訪れた時、そのこころがわかるような気がしました。
1キロ以上続く、一直線の道。その左右には趣のある館が並びます。見逃せないのは、立体交差する道のアーチ状のトンネルがあるところ。
一直線の道の単調さを、独特の風情に変えているのは、このアーチによるところが大きいのでしょうか。

工業製品の塗り壁材ではつくりだせない、実に味わい深い壁の表情は、見ているだけで飽きません。
この道の傍らにずっとあり続けた壁。建物の用途は数世紀の間に変わっていけども、風景の一部として変わらない姿があり続けるのは、とてもうらやましいことだと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 図書室のある家 | トップ | 小窓の楽しみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿