障子のつくる静けさ

2020-07-09 21:45:00 | 片倉の家


20年ぐらい前だったか、もうずいぶん前のことですが、印象的なテレビCMがありました。
曇天の空から小雪が舞い降りてきて、それを見た男性がいそいそと家路につくところからCMは始まります。
玄関にたどり着き室内に飛びいるや、暗い廊下をどんどん奥へ。
襖をさっと開けると、雪明りに仄明るい一面の障子の姿が現れます。
そっと障子に近寄り、息を呑むようにしてそっと障子を開けると・・・。

当時のパナソニックの高画質テレビのCMだったと思います。
ぼくはその仄明るい障子がつくりだす静けさに、なんだかとても見入りました。

パリでサントシャペル教会の圧巻のステンドグラスを見た時も、脳裏をよぎったのはモノクロームの障子の静謐さでした。
その向こう側にあるものを見えなくし、仄かな音や影だけが室内にそっと入ってくる。
そして同時に、室内にあるものの質感に趣きをもたらしてもくれます。
床板やテーブルの木目が、食器の艶が、料理の湯気が、なにか特別のもののように浮かび上がります。
身近にある、あたりまえのものこそが美しい。
そんなことを気づかせてくれるような気がします。

写真は「片倉の家」より。




コメント   この記事についてブログを書く
« 受け継がれるもの | トップ | 植栽の打ち合わせ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿