サンタサビーナ

2019-08-22 19:39:57 | 旅行記


眼も眩むような暑い陽射しの屋外から、室内にはいったとたんに訪れる陰りと静寂。そんな空間体験があると思います。
かつて、暑いローマのサンタサビーナ聖堂でも、そんな体験をしました。
ローマでも最も古い聖堂ですが、空間造形が古拙である分、どすんと溜まる闇や、光の戯れを、ずっと体験していたくなるような空間と時間でした。

技術が発達し、いろいろなことが実現可能になって、空間体験も多種多様になっているはずなのに、やはり惹かれるのは古拙なもの。
古ければ良いということではありませんが、やはり物事のあり方が無垢なのだと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« 特等席のキッチン | トップ | ボッロミーニという人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿