10年目の訪問

2021-05-29 22:52:11 | 月見台の家


できあがって10年経った「月見台の家」へ、点検を兼ねてお伺いしました。
植えた植栽は大きく育ち、建物と一体となっています。



もともと主張の強いデザインの家ではありません。でもなるべく出来合いの製品を用いずに、人の手で作り上げることを大事にしてできあがった家です。
そうしてできあがったものは、10年という年月を味方につけて、素材の味わいのある変化が見られます。
点検では大きな問題もなく、設備機器などいくつかを手直しをすることになりました。
でも、施主が大事に住みながらメンテナンスしてくださっていたから、家は元気なままでいてくれました。
年月を経るごとに、家がよくなっていく。そんなことを実感できて、じんわりと心地よい気持ちに。

建築の仕事は未来を思い描くことでもあるけれど、同時に、かつて自分が考えたことに時を隔てて現実として向き合い、味わい、反省することにもなります。
10年前に考えていたことは、この10年を経てどうであったのか。



家には新しい家族が加わっていました。13歳のおじいちゃん猫。
11歳のときに保護猫を譲り受けたそう。
もう俊敏には動けないけれど、点検でまわるみんなの後をのっそりとついてきて、どれどれと一緒に覗き込む。

緑陰深い空間で過ごす、静かな午後の穏やかな時間。
そこには人懐っこい猫もいて。
10年前には知らなかった言葉だけれども、ヒュッゲという言葉がやはり当てはまる。そんな場所になっていたことを嬉しく思いました。
今やりたいと思っていることを、10年前に予感できていたのかな。

コメント   この記事についてブログを書く
« 窓辺に寄り添う | トップ | 旗竿地の魅惑 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿