古びること

2020-02-08 22:52:43 | 旅行記


ポルトガルのリスボンを旅行したときのこと。古びたカフェに入り、案内されたテーブルで撮った写真。
きれいに整えられたテーブルクロスの脇にあった、古びた柱。いつの時代のものかわかりませんが、長年の間に凹み、欠け、傷のついた柱が傍にあるだけで、何か不思議な心地よさがあります。

自分以前のものがあり続けるというのは、それだけで安堵感のようなものがあります。それは、古い様式の柱であっても、庭に植わっている木々であっても、使い古された道具であっても。
そんな感覚を楽しめるようなモノのつくり方には、あこがれるなあ。形のデザインもさることながら、正しく古びていく素材の選び方が大事なんだろうと思います。

ちなみに、このカフェで出てきたケーキは絶品! 旅行先で出会う「大当たり」には幸せな気分になりますね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 襞のような場所 | トップ | 18年目の家 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿