オノ・デザイン 小野喜規のブログ

建築家 小野喜規のブログ

天井の高さ

2018-10-19 21:53:25 | 奥沢の家


2階建ての一軒家の場合、いわゆるLDKは1階あるいは2階のどちらかになります。
どちらが良いということはないのですが、それぞれの特徴を生かしたいと思います。

1階でしたら、庭など屋外スペースにつながる、水平方向に広がる静かな雰囲気を。
2階でしたら、天井のかたちが表れた、動的な雰囲気を。

写真は「奥沢の家」のリビング。3寸勾配の屋根のかたちが、室内に天井の高いところ、低いところを自ずと生み出します。2メートル弱から3メートルまでの高低差があります。
家の構造にしたがった作為の無い空間デザインですが、結果的に表れた天井の高いところ、低いところに、どんなスペースを配するかが楽しみなところ。
動的でありながら、包まれたような安心感もあります。
地面から離れて宙に浮いた高さから、外の緑を少し見下ろすような暮らし方も、風情があっていいものですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ちょうどよいキッチン。 | トップ | ドアをめぐって »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿