レトロガラス

2021-04-11 22:14:19 | 経堂の家


ガラスの種類は多くありますが、一方で昔の技術でつくられていたガラスは、逆に姿を消したりもしています。
本物の古いガラスはアンティークガラスとして高値で販売されていたりもしますが、アンティーク風のデザインでつくられた新しいガラスは、ほどほどの価格で入手できるので、そういうものを家づくりに採り入れるのも楽しいものです。
アンティーク風のガラスは、果たしてそんな柄が昔にあったのだろうか?というようなデザインのものも含まれていて、新しい雰囲気なのか古い雰囲気なのか、一見してよくわからないというのもおもしろいところ。

写真は「経堂の家」の間仕切りドアに採り入れたアンティーク風ガラス。
向こう側がはっきり見えないようにしたいという場所だったのですが、ガラス越しに滲む照明の明かりに風情があります。
ラワン材で設えたドア枠も、ちょっとレトロな雰囲気のデザインにして、工事のなかでつくったオリジナル・ドアです。
床や壁の素材感にもうまく呼応して、独特の趣きがあります。

コメント   この記事についてブログを書く
« 光跡 | トップ | 素材溢れる »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿