冬の色

2019-12-08 21:06:51 | 京都さんぽ


冬にしか表れない色があると思います。

写真は京都・桂離宮。
冬だけに訪れる独特の寂びた色合いを見ていると、心が静かになって落ち着いてきます。
北大路魯山人のいう「枯淡・無名色」というのは、こんな感じのことを指すのでしょうか。

塗料の色見本帳にはなかなか登場しがたい色ですが、もしあったとしても、ペンキ塗りで壁一面をごってり塗ってしまっては、このような枯淡な雰囲気は出ないのでしょう。
感覚というのは、難しいものです。
コメント   この記事についてブログを書く
« リスボンの石ころ | トップ | ヒュッゲ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿