気になるニュース・面白い話題やネタをBuzz!

管理人:hana が気になるニュースや面白い話題をインターネット上から集めて発信しているブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アイジエイジング 肌の老化の原因

2011-07-01 | スキンケア

《肌の老化の原因 紫外線を防ぐ》
紫外線が、日焼けを起こすことは昔からよく知られていますが、紫外線はそれだけでなくシミやシワなど肌の老化の原因でもあります××

紫外線は真皮まで浸透して、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つ機能をもつ物質を変化させます××




同時に、紫外線の侵入を防ごうとして、表皮の一番下では大量のメラニン色素がつくられます・・・




その結果、代謝しきれずに残ったり、部分的にメラニン色素がつくられ続けシミになります××

地表に達する紫外線には、真皮まで達して肌を黒くさせる“UVA波“と、皮膚に赤い日焼けを起こさせる“UVB波”があります☆




性質は異なりますが、どちらの肌にもダメージを与えますので、一年中を通して“UVケア”が必要になります☆

紫外線対策には、UVカット剤を配合した化粧品を使います☆

普段の外出には、メイクの下地に日焼け止め効果のあるものをお勧めします☆

ファンデーションもUVカット効果のあるものがいいでしょう☆

UVカットの化粧品を選ぶときの目安は、UVB波を防ぐ効果をあらわすSPFで、この数字が大きいほど防止する時間が長くなります☆




UVAに対する防止効果は、PAで表し、+ ・ ++ ・ +++の三段階があり、+の数が多くなるほど効果が長くなります☆

ただし、防止効果の高いものほど肌への負担も大きくなりがちです××


季節や行動のタイプ・ 肌の状態などから、その時の気候や自分の肌状態に合わせて選びましょう☆
秋・ 冬などに乾燥するタイプの人は、肌への負担が大きいので注意します××


またUVA波は、雲や窓ガラスなども通り抜ける性質をもっていますので、曇りの日や室内にいるときなどでもUV対策は必要になってきます☆

春先から夏にかけては特に紫外線が多くなりますので、帽子や日傘などを併用すると良いでしょう☆


また目からも紫外線は入ってきます××


いくら肌をガードしていても目から入った紫外線により、脳がメラニン色素をつくりだす指令を出すのです××




日差しの強いときは、是非UV効果のあるサングラスをしておでかけすることをお勧めします☆




この時、注意してほしいのがサングラスの色と形です☆

サングラスの色が濃いと、瞳孔が大きく開き、目に紫外線が入る量が多くなります××


またサングラスの横や上下からも紫外線が入ってきますので、サングラスを選ぶ時は、薄い色の大きめのサングラスを選びましょう☆

UVカット剤には、『紫外線吸収剤』と『紫外線散乱剤』の二種類があり、ほとんどのサンスクリーン剤には両方が含まれています☆


紫外線吸収剤は、肌の上で紫外線を吸収して無害なものにします☆


紫外線散乱剤は、紫外線を反射して肌をガードします☆

以前は、紫外線吸収剤はかぶれなどの原因になるものもありましたが、現在では改善され、トラブルは少なくなっていますが、敏感肌の人など心配な人は、吸収剤を含まず散乱剤のみで紫外線をカットするものを選ぶと良いでしょう☆

もし、日焼けをしてしまった時は、まず冷水で冷やして十分に炎症を抑えてから、刺激の少ない化粧水と美容液でたっぷり水分補給と保湿をしましょう☆


スキンケア化粧品トライアルセット【限定お買い得ブランド比較】












『美容』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |  美白化粧品 »
最近の画像もっと見る

スキンケア」カテゴリの最新記事