田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

食欲の秋、GGは減量に挑戦。 麻屋与志夫

2016-09-30 09:27:53 | ブログ
9月30日 Fri.

●離れの、おおきなホリゴタツのある部屋をあるいていた。
床がミシっときしんだ。
ミシミシと警告を発しているような音をたてた。

●たぶん、根太棒が白アリにくわれたか、湿気でくさったのかもしれない。
ともかく敗戦直後にウノさんに張ってもらった床だ。
当時は、新建材などもちろんなかった。
大工のウノさんが一枚一枚ヒノキの板に鉋をかけていたのを、いまでも覚えている。
東照宮の修理などに参加している宮大工。
歳を取ったのでぶらぶらしているのをオヤジがくどきおとした。
近所に住んでいなかったら、とても、わが家のような、あばら家の改築をしてもらえる大工さんではなかった。

●ギシッギシッ。
これはヤバイ。
床が落ちたらどうしょう。
体重の減量。
そのことが、すぐに脳裏にうかんだ。
85キロあった体重を二十年かけて74キロまで落とした。

●カミサンは39キロ。
床は悲鳴をあげない。
わたしも、72キロくらいまでスリムになりたいのだが。
食欲の秋。
どうなることやら。


こちらから 「アサヤ塾の窓から」へ


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋雨のなか餌もとめてさまよ... | トップ | アンバランス夫婦の安穏な日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事