田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

きょうは忘れられない日になるだろう。 麻屋与志夫

2018-05-09 04:58:07 | ブログ
5月9日 Wed.

●びしょ濡れ。
体毛から雨水をしたたらせている。
あわてて枕元のテッシュケースに手をのばす。
ふいてやる。
ノドをゴロゴロ鳴らしている。
みるもミジメナ、悲惨なからだでブラッキ―が、わたしの二階の寝室のベッドにもぐりこんでくる。

●五月にはめずらしい激しい雨。
母屋との間で雨漏れ。
廊下が濡れている。
注意しないとすべって転倒する。
寒い夜。

●室温14°。

●悪夢にうなされ、このところ毎夜、よく眠れない。
理由は子どもたちと孫たちだけが知っている。
長男の嫁が心配して電話をかけてきた。

●そっとブラッキ―をだきしめた。
冷たい。

●ブラッキ―はネコでよかったな。
ネコには不安という感情はないのだろうな。

●もういちど、すこし強くだきしめた。
指先にブラッキ―の鼓動か伝わってくる。

●あと5時間もすれば、ふたりの娘が大森と松戸からかけつけてくる。

●わたしのこころは妻の階下の寝室にとぶ。
ブラッキ―が濡れて帰って来たよ。

●わたしのこころは、妻によりそっている。

●きょうは、忘れられない日になるだろう。



 
  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村





ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 庭のサンショウを薬味とし「... | トップ | 平穏な日がもどってきた。 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お元気で。 (種吉)
2018-05-10 22:57:47
こんばんは、先生。寒かったり、暖かかったり。体調の整えにくい日がつづきます。その後、奥さまはいかがお過ごしでしょう。出逢った頃からずっと、何かにつけてわたしは大変お世話になりました。ご健康とご多幸をいつも願っています。

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事