田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

初売り、小説の初執筆。 麻屋与志夫

2019-01-02 17:18:27 | ブログ
1月2日 水曜日

●初売り。VIVAとベニマル。カミサンが買物をしている間に、屋上の駐車場に登っ
てみた。独りきり乗れない幅の狭いエスカレーターはさすがに元日の二日のためかすいていた。いつもは上りも下りも絶えずひとの乗り降りがあるのに、閑散としていた。

●屋上のドアをでてすぐに鉄製のベンチがある。そこに座って日光連山を眺める。男体山は頂上から麓にかけて白い縞模様があらわれている。昨夜あたりかなり雪が降ったのだろう。日光の峰々の手前の山にはまだ雪は降っていない。こうして見渡すと鹿沼は南だけは関東平野に向かって馬蹄形に開けている。三方は山また山に囲まれている。舟形盆地にあるのがよくわかる。

●黒川の河川敷。流れには鴨も白鷺も青鷺もみあたらなかった。枯れすすきの穂が寒風に揺れていた。河川敷の遊園地には遊んでいる子どもはひとりもいなかった。そのためか、よけい寂しい感じがした。

●小説のほうはあいかわらず正月から苦吟に陥り、パソコンの画面をじっと睨みつけているうちに時間は過ぎていき、ただただ焦るのみ。こういうときは、他の作品に移るのも一つの解決法なのだろうが、あまりそういう逃げはうちたくない。一作一作完成させていくのがGGにはむいている執筆態度と思っている。

●それにしても、遅筆とはカナシイ性だ。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら

  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 猪突盲進  麻屋与志夫 | トップ | 年賀状  麻屋与志夫 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新年、明けましておめでとうございます。 (元塾生)
2019-01-02 21:20:51
先生

ブログ、カクヨム、拝見させて頂きました。
私のコメントへの返信だけでなく、ブログでもコメントに触れて頂き、大変光栄に存じます。

現在の状況は分かりかねますが、自分たちの世代が通ったアサヤ塾は、憧れのブランドでした。
成績の良い者は更に良くなり、勉強が苦手な者は学ぶことが好きになると評判でした。

アルファベットの筆記体の練習から始まった初めての英語の授業は、今でも忘れません。
先生の軽やかでカッコいい筆記体の書体を必死に真似て、何度も何度もノートに書いていると、いつの間にか得体の知れない文字が自分のものになっていったのです。

あのアルファベットの筆記体も、ひらがなや漢字の板書も、滑らかで味わい深いアサヤフォントとしてブランド価値を高めるものの一つでした。

英語の教科書も学校で使うものより難易度の高い教科書で学ぶようにすることで、自然と実力と自信が備わるようにしてくださったのだと思います。

元々、海外に漠然とした憧れや興味を持つ中学生の頃の自分でしたが、日常的に英語を使ったり、仕事や研修で海外に滞在することも珍しくない生活をする様になったのは、先生の影響、いいえ、先生のお蔭です。
あの頃に比べると、想像することも出来なかった世界が身近に感じられる様になりました。
改めて深く感謝申し上げます。

身近と言えば、東京についても当てはまります。
銀座、青山、六本木、三越、歌舞伎座、築地、月島、四谷大塚、松屋、新宿などなど、先生が奏でる東京に関する響きを、内容も分からずカッコイイものと感じておりましたが、いつの間にかタクシーの運転手さんに道案内が出来る様になっていました。

寒さが厳しいと感じる冬の鹿沼ですが、先生の温かなお心遣いを身近に感じることが出来るお陰で、穏やかで優しい気持ちで迎える故郷での新年となりました。

奥様とどうぞよいお年をお過ごしください。
長文乱文、大変失礼致しました。

元塾生
元塾生へ (麻屋)
2019-01-03 08:27:23
おめでとう。今年もよろしくおねがいします。
正月、はやばやと、うれしいコメント、ありがとう。
今年は86歳になります。前のオリンピックの年に故郷、鹿沼で教壇に立ち、その後40歳で独立して『アサヤ塾』を創設しました。その創成期のころのことをわたし以上によく覚えていてくれてうれしいです。

今年からは、小説を書くことだけに精進したい、ソンナはかないことを思って正月の三が日を過ごしています。

雑誌デビューを果たしてからでも55年が過ぎてしまいました。平成5年までは桃園書房の「月刊小説」などに小説を載せていただき、塾と作家の「二刀流」で活躍していたのが夢のようです。田舎に家庭の事情で引きあげてきて、編集者のみなさんとの交流もなくなってしまいました。一から出直す覚悟で、カムバックをキシテ、毎日パソコンに向かう日々がこからは続くことでしょう。

これがわたしの作品ですと、声高らかに言いきることのできる仕事はまだしていません。

言ってみたいな。これが麻屋与志夫、わたしが書いた、わたしの自信作です。

ひきつづき、拙作をご高読いただき感謝しています。

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事