田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

もうすぐ梅雨。純文学の小説でも読もうかな。 麻屋与志夫

2018-06-04 10:09:38 | ブログ
6月4日 Mon.

●節ちゃんがガタのきた本箱を直してくれた。
20年ほど前に通販で買ったものだ。
パチクルボード製の安ものなので棚が傾斜したり、全体にゆがんだりして本が落ちてしまっていた。

●若いときには毎年本箱を新調しなければならないほど本を買って読んだ。
いまではそれほどの購買意欲はない。
でも長い間に買いためた書籍が何万冊もある。
確実なところはわからないが、雑誌一冊でも捨てることはしないので、おそらく五万冊くらいはあるのではないだろうか。

●広い家のどこにいっても本がある。
本を置く場所を確保するために田舎住まいをしているようなものだ。

●「お父さんが死んだら、この本どうするの」
「書きためた、売れなかった原稿といっしょに焼却していいよ」
「もったいないよ」
「ほんとうは、だれか受け継いでくれればうれしい」

●世は電子書籍の時代になってきた。
古本市場はどうなっているのかさっぱりわからない。
同世代の作家の初版本もわんさかある。
一昔前だったら高く売れるものもあったのだろうが――。

●今週には梅雨いりするとのことだ。
作品を書くことに意欲をもやしているので、このところあまり読書をしていない。
読んだとしても作品を書くのにさんこうとなるものだけに限定されている。

●たまにはゴツイ純文学の小説を読みたい。

●ヌーボーロマンの小説をいま読み返したらどんな印象、読後感をもつのだろうか。



  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「吸血鬼ハンター美少女彩音... | トップ | 別荘地で執筆している雰囲気... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事