田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

猪突盲進  麻屋与志夫

2019-01-01 22:00:34 | ブログ
1月1日 火曜日
猪突猛進=猪突盲進

●正月を迎えて、年が新たまったからといってGGになったせいかさしたる感銘もない。
昼からお酒を一合、正月気分で飲んでみた。迷いこんできた黒猫と遊んでやった。生後
四カ月くらのメス猫だ。口が臭くお尻も臭く、食事もほとんどたべない。病気なのだろ
う。餓死寸前の状態でわが家の裏のデッキにあるネコレストランにたどり着いたのだ。
なんとか、元気になってくれればいいのだが。

●さて亥年だ。若いときのように猪突猛進とはいかない。せめてじぶんの文学の才能を
ただただ盲目的に信じ、まいにち駄文を弄しながら、盲進したいものだと元日にあたっ
てかんがえた。

●わたしくらいの歳になると、心のゆとりからか、体力の衰えからなのだろうか、焦り
はなくなってくる。焦ったところでいい作品が書ける訳ではない。ただひたすら書きつ
づけること。一日も休まず書きつづけることだ。

●妻とわたしの健康にも留意しなければならない。ここまで生きてきて、いまさら生活
習慣病などいわれてはたまったものではない。病気にはなりくない。毎日の食事や散歩
にはじゅうぶん気をくばっている。注意しなければいけないのは、ストレスだ。いつも
平明なこころで生きている。

●今年もひきつづき、非才の身もかえりみず、小説に挑戦し、田舎での平穏な日々のブ
ログを載せていきます。よろしくお願いします。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら

  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 年末のサプライズプレゼント... | トップ | 初売り、小説の初執筆。 麻... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事