田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

校長「メモ存在しない」、教職員に口止め…自殺 麻屋与志夫

2018-06-05 09:41:04 | ブログ
6月5日 Tue.
 校長「メモ存在しない」、教職員に口止め…自殺
 いじめを受けていた神戸市立中3年の女子生徒(当時14歳)が2016年10月に自殺し、同級生からの聞き取りメモが隠蔽(いんぺい)された問題で、当時の校長が市教委幹部の指示で隠蔽する方針が決まった後、教職員らに「メモは存在しないものとして扱う」と伝えていたことがわかった。(読売新聞)

●ヒドイ話だ。
このところ日大のアメフットボール部の問題をはじめとして、教育界のスキャンダラスな話題でテレビは大さわぎだ。

●一昔前であったら教育界の隠蔽工作は功を奏し、こうしたことは闇から闇に葬られてしまった。

●教育界はサンクチャリで、あまりマスコミでとりあげると国の威信にかかわる。
いちばん信じるに足りるのは先生たちだとわたしたちも思ってきた。

●悲しい事件、パワハラ、セクハラが教育の現場で毎日起きている。
マスコミでとりあげられるのはほんの氷山の一角に過ぎない。

●どうしたら是正することができるのだろうか?

●それは別の機会に論じるとして、わたしがpixivに載せた「方舟の町/死可沼吸血鬼譚」はこうした教育界、中学の教師、校長の犯罪を扱っている。

●パワハラ。セクハラ。
そしてカニバリズムまで書きこんである。

●まさかカニバリズムは現実には起きていないが、パワハラ、セクハラはわたしの周囲で起きている。
現実の人間の行為として描くのにはあまりにひどい話なので、吸血鬼である教師たちの犯した罪とした。

●ぜひ、ゼヒ、是非とも読んでください。
あまりに露骨な話なのでお恥ずかしいのですが、書かずにはいられなかった内容です。

●読後感などお聞かせいただければ幸いです。




  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 別荘地で執筆している雰囲気... | トップ | どうせあまり売れないのなら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事