田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

ブラッキーとリリ、三人でお留守番の夜。寂しかった。 麻屋与志夫

2015-03-12 08:53:03 | ブログ
3月12日 木曜日
●さくじつはカミサンは帰京。

わたしはT歯科で義歯が出来あがった。

帰りに「セブンエレブン」新発売、

「あっつあつ! ドリア」を買う。税込480円。

焼チーズハンバーク カレードリアを、

3時ごろ夕食として食べてしまった。

そのあとの時間、

何も食べないでいるのが辛かったが、

がまんがまん。

●けさ、一番に体重計にのったら!!

なんと、71キロ。

食欲を押さえた効果あり。

70キロまでおとすのが、とりあえずの、目標。

●歯科院で待つ間、

隣に座っていたおばさんとおしゃべりをした。

東京大空襲の話になり、

わたしは6年生になっていたからよく記憶していると言ったら――

おどろいていた。

「体格がいいから、歳には見えないわ」とほめられた。

ことばからして、土地訛りがないから、

どこかほかから移住して来たのかもしれない。

ことばがキレイですね。

とおかえしにほめてあげた。

うれしそうだった。

上品な老婦人だった。

●隣に座った、

見知らぬ人と話をするのはたのしい。

●4時半からAチャンの授業。

●ブラッキ―とリリ。

とわたしで寂しい夜を過ごした。


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村

コメント