ほっとフォトだより

毎日の生活の中でほっとするようなことを届けたい

大瀬崎灯台に咲くシマシャジン

2017年09月29日 23時09分35秒 | 植物
       秋晴れです。「どっか行こうか、大瀬崎は?」
     おやつとお茶を持って、思った時が行き時とばかり出発。
     灯台まで歩くのは十数年ぶりかも?当時は山道を足を取られながら行ったけれど、
     今はコンクリートで整備された道で、標識も立っています。
     1.2kの道を往路はずっと下り、したがって帰りは上り坂、
     往路に30分、復路に約50分かかりました。
     見渡す限り海、海、吹く風も爽やかで気分はスッキリ、リフレッシュしました。

            

        

     大瀬崎と平戸にしか自生していない絶滅危惧種のシマシャジン(キキョウ科の多年草)も
     見ることができ感激です。鳥も写真を撮る側まで寄ってきて歓迎してくれました。

       

     どこの位置で撮っても見とれる姿です。
     もう知っている人も少ないかもしれませんが、昔、「喜びも悲しみも幾年月」と
     いう映画の舞台になった灯台で、実際にここで灯台を守る人が常駐していました。
     子供の時に見た映画の場面が浮かんできます。

                   

     夕飯はオクラの豚肉巻き、あとが浮かんでこない・・・何度も冷蔵庫を開け閉めして
     残り野菜を揚げてあんかけに決定、さつま芋が思いのほかおいしかった。

                 

     



     
     
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すだちとサンマ | トップ | 9月が終わります。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事