Family Lover

歌いつつ歩まん♪

聖書から学ぶ「人間関係」

2018-07-08 | Church


7月29日(日)午後2時より
堀 肇先生をお招きして
聖書から学ぶ「人間関係」というテーマで
お話ししていただきます。

教会は初めてという方も大歓迎です。

興味のある方は是非どうぞ。
お待ちしてます♫

(礼拝にも堀先生にお話ししていただきます)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれの小さな信仰

2018-06-26 | 生活
子供たちのこと。

息子は必ず同級生にクリスチャンの家庭で育った友達がいます。

本人もですが私もびっくりしています。
最近同じ部活に、日曜の午前は
必ず休むという同級生がいて
聞いてみたら礼拝に行っているとのこと。

私は密かに守られてるなぁと
思っています。

仲間がいるということは
とっても力になるから。

先週日曜日は
午前中自ら部活を休んで
礼拝に出ていました。

今までのように遅れてではなく
早めにきて皆さんに挨拶していました。
少し感動しました。

それだけ息子の今までの葛藤が
手に取るように分かっていたから。

離れようとする息子には特に
自分で考えて自分で選択を出来る余裕を
いつも奪ってしまうような
親であることを反省させられます。



娘は教会が楽しく、休むという考えは
持ったことがなさそうです。

日曜日は朝寝坊ですが…

遊んでいるようで、礼拝のお話も
一応聞いているみたいです。

賛美が好き、ピアノが好き、絵が好き
頭の中はアートです。
時々生活の中で鋭い質問を投げかけてきます。

この子の友達にはクリスチャンはいないみたい。
まあ、それがこの国では普通なんですけど…

でもみんな娘のことは「教会の子」と
分かっていて
遊ぶ時も、日曜の午前中は礼拝だからと
自然に理解してくれているようです。

これも私にとっては驚きです。
自分の中学生の時のことを考えると
ひた隠しにしてた気がします(笑)


家庭の中で、神様を信じる素晴らしさを
どれだけあらわせているか、と振り返ると
うなだれるしかない現状ですが

「成長させるのは主です」という
聖書の言葉を信じて
種をまき、育てることをしっかりと
していきたいなと思わされる今日この頃です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野外礼拝2018

2018-05-27 | Church


一年経つのは早いものです。
昨年の野外礼拝が昨日のことのようですが
確実に時は経っていて
子供達も成長しています。

今日は爽やかな風が吹く中
木陰でゆっくりと
聖書のみことばを聞きました。

イエス様も2000年前
こんな風に自然の中で
お話しされていたのかなぁと
想像を膨らませながら。


「まことに、その人は主のおしえを喜びとし、
昼も夜もその教えを口ずさむ。
その人は、水路のそばに植わった木のようだ。
時が来ると実がなり、その葉は枯れない。
その人は、何をしても栄える。」
詩篇1篇2-3節
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレ集会

2018-05-21 | Church




ライフラインの番組を
群馬で放映し始めて
20年が経とうとしています。

今回は一年前ということで
プレ大会が行われました。

私は奏楽と証者吉松姉の伴奏をしました。
伴奏と名前のある通り
賛美する人の息遣いに寄り添って
伴走するような感じで弾きたいです。
緊張しましたが
自分で歌うこととは違う味わい深いものがあって
意外と好きかも、と思いました。

堀先生のメッセージもとても良かった…。

夫が実行委員だったので
講師の堀先生をお迎えに行き
教会で紅茶をご馳走になり
(リアルティールーム)
車内でもたっぷりとお話が出来ました。

牧会の事例から色々な教会のお食事事情
カウンセリングや魂のケアに関すること
ナウエンの本と研究
交流分析の人生脚本
週報のこと情報量、礼拝に向く賛美
そして、やはりシステムのこと
家族、教会、共同体

すでに私のメモになっていますが
記憶が新しいうちに気がついたことをノートしたいです。

神様が与えてくださった
豊かな時間に感謝です。


ゆっくり聖書と向き合う時間も
持って行きたいなぁ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

L&Mサパー

2018-05-13 | music




12日(土)
JEKA前橋のL&Mサパーにて
夫婦で賛美してきました。

先週の日光でのセミナーでは
自分の使命を知り
アクションプランを立てることが
一つの課題となっていました。

私にとって、大きなキーワードは「賛美」
自分にとっても人にとっても
喜びになる事、と絞っていくと
やはり賛美にたどり着きました。

そんな思いを抱えつつ
私の今ある精一杯で歌ってきました。

足りないところもありましたが
それは次につながる大事なお土産として
持ち帰ります。

サパーでは、ライフラインでも放映された
富所先生によるウォーキングの講義と実演。
先生の証もとっても良かった。

そしてある夫婦と久しぶりの再会を喜び
皆様に暖かく見送られて帰ってきました。

夫婦でいろんな話をしながら帰り
また一つ大きな目標ができました。
頑張ろう‼︎


・原に若草が
・You raise me up
・あさのいのり
・ピクニック
・NEGAI
・悲しみをありがとう
・おやすみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分と向き合うきっかけに

2018-05-11 | 生活


木、金と夫婦で
日光までセミナーに参加して来ました。

自分と向き合う
とってもいい時間になりました。

空気が吸えた(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MJ集会@小川

2018-05-01 | Church




MJ集会2018@小川

70名以上の参加者が
会堂にぎゅうぎゅうに集まって
一緒に賛美し、
聖書の言葉に耳を傾けました。

今回はサプライズで
神山みさちゃんのミニミニコンサートも‼︎
歌と証が中高生の心に届くといいな。

中高生のための集会だけど
連れて来た大人たちも世代を超えて
一緒に楽しんで行ってもらいたい。

なかなか届かないところもありますが
いろんなレスポンスを聞きながら
思いをめぐらしています。

世代交代も視野に入れつつ
どう次につなげていくのかが
私にとってこれからの課題です。

人や形が変わっても
変わらない真理とビジョンが貫いている
そんな働きになって欲しい…。

スタッフに感謝。
神様に感謝‼︎




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほしのこクラブ

2018-04-14 | Church




ほしのこクラブ
今日は久しぶりに来た
小さなお友達が
とってもいい役割をしてくれました。

そこにいる子どもたちの輪の中で
誰もが役割があって
それは一方的ではありません。

例えば小さな子たちは
ただ面倒をみられるという事ではなく
その子がいることによって
他の子が「面倒を見る」という仕事ができる。
それだけじゃないものも
たくさんありますが…

世の中でいう
年齢、性別、経験などの上下関係、
強い人と弱い人、と
どうしても一方通行で考えてしまうけれど
やる人、やってあげる人という
固定観念をまずは壊して考えると
どちらも能動的、なわけです。

その話を聞いた時はへぇ、という感じだったけれど
あぁ、なるほど。
面倒を見ているお姉さんは
本当に良い顔をしています。

そして大人たちも一緒に
忙しい時代の中で
本気で遊んでくれる大人が少ない今
子どもたちと一生懸命き向き合って
いきたいなぁと思うのです。

また来月ね・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい春

2018-04-08 | Church
イースターコンサートも無事終わり
聖会も終わり
イースターの礼拝では
喜びの洗礼式、子ども祝福式
たくさんの恵みがありました。

桜も緑になり
新しい年度がいよいよ始まります。

今日はお隣の教会に
KGKの大嶋先生がセミナーをされるとのことで
お話を聞いてきました。

信仰継承の大事さと
教会が様々な子ども達の居場所になるために
大事な一つ一つのことを
改めて確認する時間となりました。

感謝‼︎




写真は満開の頃
朝日とともに撮ったもの。

毎年のことなのに
桜が満開の時期は
中々お花見をゆっくりできませんね。

さて明日は息子の入学式です‼︎

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師夫人会

2018-02-26 | Church
昨日の礼拝に引き続き
今日は牧師夫人会。

最近の知り合いで
お坊さんの息子さんだという子に
お母さんのお仕事って大変?と聞いてみた。

唐突な質問に驚いた様子だったけど
やはり留守を守る、とか
夫人会のようなものがあるんだそう。

いわゆる職業夫人と呼ばれる奥様方も
夫の職業によって生活が影響されたり
不自由さを感じるかも知れない。


牧師夫人の概念も
様々になってきているなぁと
感じている今日この頃。

でも牧師の妻であるという意味では
同じなのかなと思う。

同じ大変さを担う同士が集まって
一緒に大変さに向き合ったり
分かち合ったりする時間は大事なひと時。

大変さがクローズアップされる傾向が強い
牧師夫人だけれど
その環境の特殊性によって受ける恵みや祝福は
他にはない喜びかもしれない。

じんわりと深く広がる喜びを
決して多くはないけれど経験する事がある。

なによりの喜びは
神様はいるんだなぁと思える事…。

それってすごい事だよね。

感謝を忘れちゃいけないな!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加