特定非営利活動法人 動物愛護団体ワンハート大阪

動物のために個人で活動している仲間で結成された団体。
保護した犬猫の里親募集を中心に日々の活動など記載していきます。

悲しいお知らせですっ・・・

2018-09-11 10:46:39 | 日記

小さな団体ワンハート大阪・・たくさんの方々のお陰で・・たくさんの・・・たったひとつのちっちゃな「命」・・ホントの家族に出会って・・幸せゲット続いてますっ

そんな中・・やっぱり辛い悲しい「命」もありますっ

「シャトル」くん・・団体保護当時100g・・・

「フィット」ちゃん・・団体保護当時96g・・・

個人保護主さま・・ある方の依頼で・・車修理しよぉとボンネット開けると・・その中に・・小さな小さなちゃん

びっくりして・・慌てて保護 

幸い・・傷もなく・・なんとか引き取って貰える里親さま探して下さったそぉ

わざわざちゃん見に来て下さった方もあったそぉだけど・・あまりにも小さすぎて・・無理

保護主さま・・ちゃんとの生活経験もなく・・このままじゃ・・生きて行けないっ 

保護主さま・・必死に引き取って下さる団体さま・・探して下さったそぉ

だけど・・やっぱり小さすぎて・・・引き取ってくれる団体さま無くって・・ワンハート大阪に偶然ヒット

すぐに待ち合わせ場所に連れてきて下さったそぉ 

余程・・・お腹空いてたのか・・ごくごくミルク上手に飲んでくれましたっ

  

だけど・・特に・・「シャトル」ちゃん・・  ミルク飲むの下手ぴっ 

なかなかミルク飲む量・・増えず・・授乳時間短縮してのケア続いてましたっ

体重も・・少しずつ少しずつ・・増えてて・・・  

いつも一緒にくっついて眠ったり・・ 

特に「フィット」ちゃん・・ 

とっても人が大好きで・・構って   

ミルク頂戴遊んでの催促でしたっ 

なのにぃ・・団体にやってきて2週間ほど経過したころ・・「シャトル」ちゃんの下痢・・止まらず・・急きょ・・病院搬送

預かりメンバー宅でも・・数回の点滴   

だけど・・翌日・・亡くなりましたっ

そして・・その後を追いかけるよぉに・・数時間後・・「フィット」くんも・・急変して・・亡くなりましたっ  

ちっちゃな「命」たちの急変・・原因不明で・・あっという間のことでしたっ

ちっちゃな「命」たち・・繋いでいく難しさ痛感

と同時に・・・折角・・保護主さま・・この「命」たち繋ごぉとして・・必死に動いて下さったのにぃ・・力及ばず・・

いつごろから・・車のボンネットの中にいたのか・・いつから母さんの母乳・・飲んでなかったのか・・

エンジン回転ベルトに巻き込まれず・・怪我などもなく・・・だったのにぃ・・繋ぐこと出来ませんでしたっ 

ごめんなぁーーーちっちゃなちっちゃな身体で・・「シャトル」ちゃん・・初めて対面した時・・いっちょ前に威嚇してたよねっ

「フィット」ちゃん・・トイレ掃除の時にも・・ぐいぐい前に出てきて・・構ってアピールしてくれたよねっ ごめんなぁーーー

ユニークな兄弟姉妹たち・・・・その成長めっちゃ楽しみにしてたのにぃ・・・ ごめんなぁーーー 

里親さま募集のご紹介・・いつできるかなぁーーで楽しみにしてたのにぃ ホントのご家族に出会って・・生き生きキラキラする姿・・めっちゃ楽しみにしてたのにっ

ちっちゃな「命」たちの・・あまりにも早い別れ・・何度・・出会っても慣れることありませんっ

辛いですっ 悔しいですっ 悲しいですっ自分たちの無力さに・・・愕然としますっ

母さん棄てた飼い主・・避妊手術してくれてれば・・母さんも子供たちも・・こんな辛い時間過ごさなくて・・良かったのにぃ

自分たちの無力さと同時に・・棄てた飼い主たちの想像力の無さ・・・思いやりの無さ・・自分勝手な行動に腹が立ちますっ 

 

最近・・また目にした記事

1960年半ば・・英国の公的委員会が作った「5つの自由」・・すでに国際的な基準になってるとか・・・

 飢えや渇きからの自由

 不快からの自由

 痛みや傷害、病気からの自由

 恐怖・抑圧からの自由

 正常な行動を表現する自由

皆さんはご存知でしたかっ

1960年といえば・・今から半世紀以上も前のお話

日本に於いては・・1973年9月に成立した「動物の保護及び管理に関する法律」・・さらに1999年の改正などなど数回の法改正によって・・

ちゃんちゃんとの生活してる「ペット人口」の増加とともに・・随分と意識も変わってきましたっ

環境省・・「殺すためではなく・・生かすための行政」目指して・・「殺処分ゼロ」のスローガン大きく掲げられ・・

飼い主からの持ち込みや・・以前から実施してたペットショップでの売れ残り・・・繁殖業者の「処分」すべて引き取り拒否できるよぉになって・・

一方・・行政での譲渡会実施・・愛護団体への譲渡の窓口・・大きく広げられ・・

ずっとずっと殺処分数トップだった広島県では・・ちゃんちゃん全頭引き出しの団体さまたちも出てきて・・各都道府県・・殺処分ゼロ目指しての白熱

一方で・・2~3年ほど前から・・多頭飼育崩壊繁殖屋崩壊 挙句・・愛護団体ヤバいの声・・ちらほらでしたっ

「5つの自由」・・センター職員の方々・・愛護団体・・分かってるけど・・保護頭数・・満杯状態常態化の現実の中・・実現できない辛さ・・歯がゆさ・・毎日抱えて・・

昨年あたりから・・「殺処分ゼロ」って動物福祉の観点からギモンてな声もあり・・ってことで・・また「5つの自由」に注視ですっ

 飢えや渇きからの自由・・・ちゃんちゃん・・いつでも自由に綺麗な水・・飲めて・・健康維持のために十分なフードなどなど与えられてるってことだよねっ

てか・・これって生きるための最低限度だよねっ

 

 不快からの自由・・・毎日・・清潔な環境の中で・・雨風・・防げて・・快適温度の中で安心して生活出来てますかっってことだよねっ

てか・・今回の台風でも・・お外で繋がれてるだけのちゃんへの心配な声・・ネット拡散されてたよねっ

ネグレクト虐待ってことで・・何とかして欲しいっの依頼・・ワンハート大阪にもたくさん頂戴しましたっ

依然・・外で暮らすこと強いられてる・・野良さんたちへの心配・・餌やりさんもちろん・・みんな心配してたよねっ

 

 痛みや傷害、病気からの自由・・・今も現存する繁殖業者・・病気になっても・・怪我しても・・病院搬送しないよねっ経費削減で・・治療すら受けさせないよねっ

酷いところでは・・素人・・勝手に帝王切開やってるよねっ

長年・・パートナーとして過ごしてきた猟犬・・避妊去勢手術すれば・・猟犬としての闘争心なくすからっで実施されず・・

年取ったり・・怪我したり・・で・・使い物にならなくなれば・・おうちに帰ってこれないよぉに・・わざわざ足・・猟銃で撃たれて・・山の中に放置されるよねっ

そして・・また出産して子ども産んで・・野犬が生まれるっ

で・・野犬は住民に危害を加えるからっで・・意味もなく・・駆除されるよねっ

避妊去勢手術せず・・突然・・家族から棄てられた野良さんたち・・繁殖時の喧嘩で怪我しても・・病気になっても交通事故に遭っても・・誰も助けてくれないよねっ

まだ若い野良ちゃんたち・・ガリガリに痩せて・・傷だらけでも・・目風邪ボロボロでも・・放置されるよねっ追いやられるよねっ

子ども産んでもどうせ育たないからっで・・無責任な餌やりさん・・放置するよねっ

 

 恐怖・抑圧からの自由・・・多頭飼育崩壊現場・・十分なフード貰えず・・弱肉強食で・・生まれたばかりのちっちゃなちゃん・・大人さんの餌食になるよねっ

繁殖業者・・ペットショップのウィンドーに並べる可愛い「商品」作り出すために・・暖かい人の手も知らず・・ただ「道具」としてだけ使われてるよねっ

避妊去勢手術もせず・・さっきまで家族って信じてた人間から・・突然・・棄てられて・・どうやって食べ物探したらいいのか・・どうやっておうちに帰ればいいのか・・分からず・・

毎日毎日・・騒音と雑踏の中・・恐怖に怯え・・それでも空腹や子育てのために必死に生きてる野良さんたち・・まだまだいるよねっ

「シャトル」ちゃん「フィット」ちゃんの母さんみたく・・繁殖期きて・・妊娠出産して・・どこで大切な子供たち守ってやれば分からなくって・・てな母さん多いよねっ

 

 正常な行動を表現する自由・・・ちゃんもちゃんも・・人間が想像する以上に表現豊かで・・感情豊か

ちゃんほど嬉しくってシッポブンブン・・てなことしないちゃんだって・・一緒に生活してると・・その好き嫌いや表現の豊かさに感動する毎日ですねっ

ペットショップでのウィンドーに並べる可愛い「商品」作り出すために・・日の光も知らず・・土の匂いも知らず・・外の新鮮な空気も知らず・・てなちゃんちゃんたち・・

ずっとずっと・・その「命」尽きるまで・・商売道具として使えなくなるまで・・立ち上がることも難しいゲージの中で一生を終えますっ

通常・・ちゃん・・6畳のスペースあれば・・完全室内飼育でもストレスなく過ごせるっって言われてますっ

でも・・ちゃんって・・めちゃくちゃ清潔好き トイレの汚れはもちろんお部屋の汚れ・・めちゃくちゃ嫌がりますねっ

その証拠に・・お日さまの光いっぱい浴びた洗濯もの・・ちゃんもちゃんも大好きですねっ

避妊去勢手術せず・・繁殖期のホルモンバランス崩れ・・おうちの中で鳴き叫んだら・・うるさいからっで・・お外に出され・・・

挙句・・勝手に妊娠して子ども産んだからっで・・子どもだけ棄てるってな飼い主・・まだまだ多い・・・

可哀想で集めたちゃんたち・・結局・・掃除などのお世話できず・・ゴミ屋敷の中での多頭飼育・・その崩壊・・近年・・かなり増えてきてますよね

殺処分ゼロ目指すが故に・・愛護団体への無理な譲渡 愛護団体も資金はもちろん ちゃんのお世話手が回らず・・結局・・愛護団体といいながら・・ただの多頭崩壊現場てなこと・・

ジワジワと増えてきてまってかSNSの影響で・・ただ表面化してるだけっ・・

 

イギリス公的委員会が作成した・・半世紀以上も前の「5つの自由」・・2018年の日本・・まだまだの現実ですっ

てか・・日本・・どんだけ「動物後進国」なのぉ  

一方で・・ブランドちゃんちゃん・・未だに数兆円の経済もたらしてるっ やっぱ国民性 悲しい国民性だなぁーー

 

保護ちゃんのためのシェルターを持ってなくって・・保護したちゃんたち・・みんなメンバー個人宅にて分散・・家族同様に生活してる・・まだまだ未熟な弱小団体ワンハート大阪

毎日毎日・・数件の引き取り依頼・・

ご近所に餌やりしてる人いて・・その野良さん・・子ども産んで・・その子供たち・・庭にやってきてオシッコやウンチ

自分の子どものために作った庭・・すっかり野良たちの遊び場・・・トイレになって・・自分の子どもたち・・庭に出してやることもできないっ

何とかしてほしいっ

 

ご近所のおじさん・・・野良さんに餌やりしてて・・子どもが生まれてるこれ以上・・増えると困るしぃ・・そのおじさんから・・誰か子猫貰ってもらうようにして欲しいと頼まれたっ

無料サイトでも募集してるけど・・里親さま見つからない 

せめて子どもだけでも引き取って貰えませんかっ

 

昨日の夜から子猫だけが庭でずっと鳴いてるっ 

どうしたらいいのか分からず・・保健所が開く9時には一度・・相談したいと思ってるが・・その前にワンハートさんに相談しようと思って・・

 

数年前に移り住んできて・・当初から・・2~3匹の野良さんがいたけど・・去年5匹の子どもが生まれて・・今年また子どもが生まれて5匹✖2で・・10匹

場所柄・・去勢手術もされず・・公共施設に餌をまく人が多く・・・市が作ってる・・「避妊手術しないで餌だけあげないように」のポスター貼ったりしてるが・・全く効果なく・・

このままではどんどん増えていき・・想像するだけで怖いですっ

毎年・・生まれる子供たちも可哀想だしぃ・・・自宅周辺の糞尿被害

自分は猫が好きではないしぃ・・動物を飼うつもりもない だけど・・住人も猫も不幸な現状をどうにかできないか

市の動物管理センターにも相談に行き・・餌やりさんに指導して貰うよぉお願いしたが・・その後・・どんどんエスカレートしているっ

何か対策があれば・・教えて欲しいっ

 

どこに連絡をしたらいいかわからず・・・昨晩・・子猫を保護した目の前で大きな猫が加えて移動したと思ったら途中で置いていなくなってしまった・・

しばらく見てたけど・・子猫は動けない様子

すぐさま夜間動物病院に行ったら・・頸椎損傷で圧迫排尿が必要 

しかも獣医さまからは・・保護した人間が里親として引き受けないなら・・責任もって安楽死も考えるべきって言われたっ

絶対に安楽死なんかさせない引き取って貰えませんかっ もし無理なら・・どこか別の団体・・紹介して貰えませんかっ

紹介して貰った団体・・遠すぎるそこまで連れて行けない昨日の病院代ですでに2万円使ってるっ引き取り料・・・高すぎて無理自分で探すっ

 

遅くに申し訳無いです。私の住んでるお家の駐車場の所で子猫がないています。母猫を待ってるのか1人なのか分かりません。心配です。

私は猫アレルギーがあり、近寄る事ができなくて、保護という形が取れないのですが、どうするのが1番ベストなのでしょうか。。


などなど挙げればキリがないほど・・毎日毎日・・同じよぉなご相談

生意気だけど・・メール対応メンバーも電話対応メンバーも・・自分の生活のために・・自分ち家族であるちゃんたちのために・・それぞれ仕事抱えての活動ですっ

ご相談お電話頂いても・・すぐに対応できないこと多々 

だけど・・必ず・・休憩時間・・仕事の合間・・使って・・折り返し連絡させて頂いてますっ

メール対応メンバー・・夜中朝方になるかもだけど・・必ず・・折り返しご連絡お返事させて頂いてますっ

その中で・・それぞれ分かる範囲で・・まだまだ知らないこと沢山あるけど・・私たちの分かること・・お伝えさせて頂いてますっ

 

ちっちゃな「命」の保護って・・めちゃくちゃお金かかりますっ

フードはもちろん・・元気なちゃんなら・・保護される状況にならないっってことは・・そのコの「命」繋ぎたいと望まれるなら・・

まず動物病院に連れて行ってやってくださいっ

一度・・動物病院に行けば・・検査や治療・・対処など・・1万は覚悟してくださいっ

 

ちっちゃな「命」の保護って・・保護場所の確保・・必要になりますっ

元気にしてるけど・・この場所じゃ・・交通量も多いし・・可哀想

なら・・そのコのこれから先・・15年20年・・幸せに過ごせる場所・・探してあげて下さいっ

里親さま探し・・そう簡単に見つかりませんっ 里親さま見つかるまでの・・そのコの生活場所・・安全で安心して過ごせる場所・・確保してやって下さいっ

ご存知のよぉに・・愛護団体・・シェルター持ってても・・満杯状態が常態化・・慢性化してますっ

余裕あるから・・どうぞどうぞてな団体あったら・・法外な引き取り料・・請求されますっ だからって・・そのコの「命」保証されるとは限りませんっ

 

辛い過去・・辛い時間過ごしてきた・・「可哀想」な「命」たち・・「動物後進国」と言われる日本で・・・出会った人・・まずは動物病院の診察・・受けてやって下さいっ

繋ぐための最大限の努力・・行動を起こして下さいっ

ちっちゃな家族・・一緒に生活されてる飼い主さま・・避妊去勢手術しっかりしてやって下さい 

そして・・そのコの最期まで・・どんなことあっても・・傍に置き・・愛し慈しんでやって下さい

これからちゃんちゃんと一緒に生活したいと望んで下さってる方々・・・ペットショップでの購入じゃなくって・・保護された「命」終生の家族として迎えてやって下さいっ

折角・・ステキな保護主さまに出会って繋いで貰った「シャトル」ちゃん「フィット」」くんたちのためにも・・・もっともっと私たちも頑張りますっ

皆さんの出来ること・・ちっちゃな「命」たちのために・・お力お貸しください

みんなで・・ちっちゃな「命」たち・・守っていきましょっ

 

 

 

 

 

 

 

 里親さま募集中の猫ちゃんたち  里親ご希望の方は・・・譲渡条件ありますぅ

譲渡までの流れ」をよく読んで戴いて・・「譲渡条件 & お願い」ご確認の上 お問い合わせ先:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp まで お知らせ下さい よろしく お願いします

 

 支援金ご協力のお願い

* ご協力金送金先:ゆうちょ銀行 郵便口座:14040-66629351  動物愛護団体ワンハート大阪 *

* 他の金融機関からの場合:店番408 (よんぜろはち) 普通預金 口座番号 6662935 *

 

 ご支援・ご協力のお願い 図々しいお願いですが・・ご支援ご協力どうぞよろしくお願いしますぅ

 ・ WETマザー&べビーキャット 子猫・母猫用 

 ・ カルカン子猫用パウチ  

 ・ ロイヤルカナン ベビーキャットミルク ・・・授乳中子猫用ミルクにつき銘柄指定とさせて頂きますっ

 ・ 子猫用ドライフード・・特に銘柄指定ありませんが・・できれば・・ロイヤルカナン・キトンが嬉しいですっ

 ・ 成猫用缶詰・・・特に銘柄指定ありません

 ・ 猫砂・・・特に銘柄指定ありません

 ・ ちゃん大好き「ちゅーる」や鰹節・・煮干しなどちゃんのおやつご支援戴ければ助かりますっ

ご支援物資などなど・・・お願い」 ご家庭で眠ってる不用品などありましたらフリマ用品のご協力お願いします

 支援物資送り先  〒587-0065 大阪府堺市美原区小寺750-1

  「動物愛護団体 ワンハート大阪」 宛     電話番号:080-9122-6737

上記送り先はご支援者さま事務所を物資受け取り窓口としてお借りしております

物資等の直接の持込はご支援者さまにご迷惑がかかりますのでご遠慮下さい 

 

  第17回 譲渡会 2018年10月7日(日) 時間: PM1:00~4:00 

場所: CHAKRA 大阪市北区菅原町6-12

 

 ワンハート大阪オリジナル缶バッジ&Tシャツ

*メンバー作成デザインオリジナルTシャツ   1枚2,500円 送料別(枚数などによって変わります)

サイズ:S・M・L  

 

*デザイン&ひとつひとつメンバー作成の缶バッジ  1個250円 送料:レターパック180円 

ご購入ご希望の方は・・お名前・ご住所・Tシャツご希望サイズ&枚数・・or・・缶バッジ種類&個数・・記載の上・・団体InstagramのDM、またはメール、電話よりお問い合わせください。

売上は全て医療費やご飯代に充てさせていただきます。

 

 gooddo 「楽天」からのお買い物でご支援のお願い

 上記のリンクからgooddoの「動物愛護団体ワンハート大阪」のページに http://gooddo.jp/gd/group/oneheartosaka/?from=fbn

 楽天でのお買い物で購入額×0.5%~がご支援戴けますぅ 

 

 お問い合わせ先

メールアドレス:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp   電話番号: 080-9122-6737

 里親さまお迎えについてはメールでの対応のみとさせて頂いておりますっ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 嬉しいお知らせ 18’ぱーと... | トップ | 緊急お願いm(__)m »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事