特定非営利活動法人 動物愛護団体ワンハート大阪

動物のために個人で活動している仲間で結成された団体。
保護した犬猫の里親募集を中心に日々の活動など記載していきます。

フリーマーケット参加♪ & あるワンちゃんの一生・・・

2017-07-14 12:49:18 | 日記

明日は・・なんだか久しぶりのフリーマーケット参加 

しかも・・めちゃくちゃお久しぶりの・・サンシャインワーフ神戸 時間:10:00~16:00(予定)

すぐ近くに海が見え・・爽やかな海風なびくてな期待の中・・での参加ですぅ

ワンハートブース番号:No.129  

お近くの方・・暑さ対策万全で・・ぜひぜひお越しください

 

悲喜こもごも・・

嬉しいお知らせ・・続いてるんだけど・・今日は・・どうしても・・あるちゃんの一生・・お伝えしたくって

このコが生きてきた証・・人間に翻弄され辛い悲しい多くの時間・・ただひたすら健気に一生懸命・・生きてきた証・・どうしても残したくってですぅ

 

2012年秋・・団体として立ち上げたワンハート大阪・・実は・・立ち上げ当初から・・あるちゃん・・ずっとずっとお預かりしてましたっ

様々な事情あって・・一切・・表に出すことも出来ず・・最終的には預かりメンバーが家族の一員としてお世話してくれてた・・セントバーナード「セント」くんですぅ

   

超大型犬種で・・大型犬好きな方にとっては・・ある意味・・憧れ

もふもふの毛並みに・・飼うこと出来なくっても・・一度は触ってみたいなーーんて憧れる犬種ですぅ

本来は・・とっても穏やかな性格で・・冬の寒さに強く・・雪山遭難者のレスキュー犬としても利用されたり

 

その「セント」くん・・・ある大型犬好きの飼い主に購入されたそぉバリバリの血統書付き

小さな時・・もふもふころころで可愛いぬいぐるみのよぉ

その飼い主の無知お金にモノ言わせて・・傍に置きたくって購入血統書付き自慢のだったのでしょう

ところが・・思った以上に・・トレーニング初めお世話が大変飼い主の言うこときかない 

人間男性並みそれ以上の食事代初め・・人間以上のワクチンや医療費・・想像以上にお金かかる

結局・・お散歩にも連れて行って貰えず・・まるでその飼い主の趣味自慢お金持ち象徴のよぉに・・ずっとずっと繋がれたままだったそぉ

人の温かさ知らず・・遊んで貰うこともお散歩も知らず・・ストレス溜まり・・

人を見れば・・吠える傍に近寄れば・・唸る最悪・・襲い掛かりそぉになる手を出せば噛むだったそぉ

飼い主・・全く制御不能で・・ある愛護団体にトレーニングも兼ね・・預けられたそぉ

専属トレーナーもいるしぃ・・預かり期間中・・きちんとトレーニングして・・の売り看板

ところが・・やっぱり想像以上に大変結局・・誰も手が出せず・・棒で叩く蹴るの繰り返し

そのうち飼い主からの預かり料も連絡も途絶え・・愛護団体でも・・まともな食事も与えられず・・繋がれたままだったそぉ 

もちろん医療なんかかけて貰えず・・・愛護団体でも厄介者扱いだったそぉ

ただこのまま病気になって死ぬのを待つだけの・・長い長い時間だったそぉ

その現実・・・ある個人活動家の方・・見るに見かねて色々・・交渉して・・里親として迎えたそぉ・・

ところが・・やっぱり思った以上に・・お世話大変  

日によっては・・とっても穏やかなんだけど・・気分次第では・・吠える噛む気分次第で突然・・唸り・・ガブッ

全くコントロールできない運動量はもちろんお散歩も大きすぎて・・ままにならない

食事量だって・・毎回毎回・・ハンパない量

後ろ足関節・・ビッコ引いて・・医療にかけたいけど・・超大型・・車に乗せるだけでも大変病院搬送することすら出来ない

早急な保護・・迫られてるの判断で・・里親として迎えたけど・・今のままじゃ・・どうすることもできない

きとんとお迎え体制・・整えるから・・このちゃん専用のトレーナーつけて・・専用の犬舎作って・・お迎えに来るから・・

それまでワンハート大阪で預かって貰えないかっの切迫したご相談でしたっ

 

ワンハート大阪・・2012年秋・・

今まで個人で最終処分保護施設から引き出し里親さま探したり・・地域の野良さんTNR活動したり・・

長年ある大きな団体さまにボランティアとして参加してたメンバーたち集まって団体立ち上げましたっ

長いメンバーでは・・もう20年以上になる活動の中・・言葉では言い表せないほど悲惨な現場たくさん沢山見てきましたっ

 

素人・・ペットショップで購入し・・多頭飼育で生まれた子供・・小遣い稼ぎに売って

思った以上に高額で売れない現実飼育費の方がはるかに大きな負担になる現実

避妊去勢手術もせず・・生まれ放題・・死に放題・・で感染症蔓延で・・売り物にもならない

ちゃんちゃん・・・どんどんボロボロになってくで・・自身ではどうすることも出来なくなって・・このままじゃ夜逃げしかない

保健所に相談すれば・・全頭殺処分しかない

ある愛護団体に相談すれば・・全頭引き上げで数百万の引き取り料請求

 

都会のど真ん中・・狭い5階建てビルごと全部・・繁殖屋・・

近所からの「うるさい」「臭い」のクレーム避けるため・・窓は全て目張り

日の光も当たらず・・もちろん散歩もさせて貰えず・・爪は伸び放題で肉球に刺さり・・痛くて立ち上がることも出来ず・・病気になっても一切の医療かけて貰えず・・

一生・・死ぬまで・・ペットショップのウィンドーに並ぶ可愛い「商品」・・生み出すためだけに使われ・・・

挙句・・経営破たんで経営者・・行方不明

取り残されたちゃんちゃんだけが必死の叫び 悲鳴の渦

ビルの中・・マスクしてても10分もすれば気分が悪くなり・・息もできなくなる そんな悪臭と糞尿臭と死臭漂う中で・・

ここから出してご飯ちょうだいと泣き叫び・・必死に生き延びようとする・・ブランドちゃんちゃんたち

繋いでも繋いでも・・同じよぉな現場が次々と・・

愛護団体が保護しなければ・・全頭そのまま殺処分生きる道は与えられませんでしたっ

 

一方で・・愛護団体・・ほとんどのマンパワーは無償ボランティア 

しかも保護頭数・・満杯状態慢性化 人手不足も慢性化

だからこそ・・大きなシェルター持ってらっしゃる団体さま同士・・力を合わせて・・って思うんだけど・・

何故か・・ちょっとした考え方の違いで・・批判や足の引っ張り合いあるのも事実

 

そんな複雑な人間社会の中・・犠牲になるの・・やっぱりちっちゃな「命」たち

複雑な人間関係のゴタゴタで・・逃げることも出来ず・・ただジッと死を待つだけの苦しい現実から回避も出来ず・・

取り残されてくの・・やっぱりちっちゃな「命」たちですっ

 

そんな現実・・嫌というほど見てきて・・ひとつひとつの「命」もっともっと大切にしたい

折角・・繋がった・・たったひとつの「命」生き生きキラキラできるよぉ・・少なくってもいいから繋いでいきたい

団体で出来ること・・少しずつでも実践していきたいっ 

そう思ってましたっ今もその考え・・活動方針・・微塵も変わってません

 

一時期・・人気だった超大型犬セントバーナード 

ペットショップで購入した時は・・めっちゃ可愛くってぬいぐるみみたい

だけど・・大人になれば・・オスの場合・・体重70K~100Kになりますぅ メスでも70Kは超えますぅ

最も重くて世界一大きいの一種です

甘えるつもりで・・突進してくれば・・大人の男性だって・・ひっくり返っちゃうほどの迫力

ひとつ間違えて・・襲ってくれば・・大人の男性だって・・大怪我・・時に命の危険もあるっ

そんな超大型犬・・飼い主からの飼育放棄・・最終処分施設に持ち込まれれば・・危険犬種として即殺処分ですっ

ペットショップで購入して・・大きくなったから懐かないからで保健所持ち込めば100%生きる道・・与えられません

愛護団体に引き取られたとしても・・そう簡単に誰でも里親さまにはなれません

愛護団体に引き取られたとしても・・知識と技術と経験・・コントロールできる人間いなければ・・やっぱりそのままネグレクト

飼い主のネグレクト・・愛護団体でのネグレクト・・のたらい回し・・

超大型犬だって・・人間やちゃん小型ちゃんのように・・年を取れば・・病気もします

超大型犬だからこそ・・関節や腰を痛めたり・・で・・寝たきりになる可能性大きいんですっ

動けなくなった70K以上のちゃん・・大人2人がかりでも簡単に車に乗せることもできず・・簡単に病院搬送できません

毎月のフィラリア予防投薬・・ちょっとした診察だって・・人間以上の医療費かかりますっ

 

好きだから・・可愛いからで購入しても・・そのコの15年20年・・支えるのは並大抵の覚悟ではできません

ただ人気犬種だからで購入しても・・そのコの一生・・支えるの・・かなり大きな経済的負担ご家族負担になりますぅ

その挙句・・思った以上に・・飼育大変だったっ難しかったっで飼い主に放棄されれば・・生きる道ほぼ100%与えられません

 

ワンハート大阪・・団体立ち上げ当初・・資金も全くなくだったけど・・

このままじゃ行き場所なくすから・・またネグレクトになっちゃうから・・有料でよければ預かりますっのお返事っ

ところが・・預かり料支払い・・ちゃん引き取りの際と後1~2回だけ 

その後・・数カ月待っても預かり料の振り込みもなく・・挙句・・保護シェルター作るって豪語してた・・その個人活動家の方からの連絡も途絶え・・・

それから4年半の時間が経過しましたっ

 

団体預かり当初・・すでに後ろ足の関節・・痛めてて・・ビッコ引いてましたっ

生まれてから今まで・・シャンプーされたことあるのぉブラッシングされたことあるぅてなほど・・ボロボロのドロドロ

カットも・・到底ひとりでは出来ず・・

いつ突然・・唸り噛みにくるか分からないで・・獣医さま協力の鎮静剤投与で・・いつも二人がかり三人がかり  

動物病院での診察・・病院搬送するため・・車に乗せる診察室に運ぶ・・すべて大人一人では到底できません

   

投薬や関節の痛み緩和させるためのサプリ投与しながら・・何度・・もうダメかもがあったか・・

何度・・団体メンバーたち・・今にも噛みつかれそぉな勢いで吠えられたかっ 

何度・・預かりメンバー・・さっきまでご機嫌だったのにぃ急変でガブッって噛まれ・・手を腫らしたことかっ 

ブラッシングしようとブラシ持って近づいた途端・・唸り・・ガブッとやられ・・何度・・病院で何針も縫って貰ったことかっ

それでも・・嬉しそうぉに預かりメンバーんちちゃん達と一緒に走ってる姿駆けてる姿見ると・・メンバーたちまで嬉しくって

   

その「セント」くん・・団体にやってきて4年半・・1年半の寝たきり介護生活を送り・・ 

6月末・・14才という年齢で亡くなりましたっ 

後ろ足が利かなくなり・・自身の体重の重さから起き上がることも出来なくなり・・

それでも自分でオシッコやウンチしたくって・・うぉーーーんうぉーーーんと大きな声で・・預かりメンバー家族呼んでましたっ

腰を支え・・歩けるよぉ起こしてあげると・・自分から歩き出し・・お庭に出て排せつしてましたっ 

完全に寝たきりになってからは・・床擦れできないよぉ・・一日何度も何度も・・大人二人がかりで寝返りうたせ・・

オシッコやウンチ・・大きすぎてオシメできなくって・・垂れ流し状態になって・・

敷いてる毛布やタオル濡れると・・汚れると・・大きな声で うぉーーーんオシッコ出たぁーーウンチ出たぁーーって知らせてましたっ

寝たきりになっても・・・訪問者・・現れると・・うぉんうぉんおまえ誰だぁーーっで立派な番犬してましたっ

顔見知りが・・「センちゃんおはよぉ」って声をかけると・・うぉんって返事してくれてましたっ

 

「セント」くん・・団体にやってくるまでの10年という時間・・どんなだったんだろぉ

キミの目に映ってたものは・・何

キミが感じた風や人間の声や手は・・どんなだったぁ

人間の勝手な見栄で・・「セント」くんの10年近くの時間・・翻弄され取り残され・・虐待され・・繋ぎっぱなしの厄介者扱いされ・・

「セント」くん ごめんなぁーーー 

キミに与えた・・人間の酷い仕打ち・・許してなぁーー 辛い辛い時間・・与えちゃって・・・ごめんなぁーーー

キミの身体も心もボロボロにした・・無知で無責任な人間がしたこと・・許してなぁーーー

キミが噛んだ傷なんて・・キミが受けた傷に比べれば・・どぉーーってことないんだよぉ 

キミの叫んでも叫んでも・・鳴いても鳴いても届かなかった思いや辛さ悲しさに比べれば・・どぉーーーってことないんだよっ

人間社会の勝手な都合で・・亡くなってからしかキミの生きてた証・・表に出せなくって・・

でも・・メンバー全員みんなみんな・・キミのこと大好きだったから・・絶対に忘れないよっ

 

ちょうど亡くなる数日前・・たまたま「セント」くんのお部屋に入ったっ

そしたら・・寝たきりの頭・・持ち上げて・・久しぶりに「セント」くんの・・うぉーーん聞いたっ

実は2週間ほど前から・・「セント」くんの番犬お出迎え・・うぉーーんうぉーーん聞けてなくなってて・・

思わず・・よっセントくん久しぶりだねっって声かけたら・・ふんっって鼻で返事してくれたっ

その頃から・・預かりメンバーんちのボスちゃん・・ずっとずっと「セント」くんの傍にいたねっ

きっと死期・・近いって分かってて・・ただ黙って傍で見守ってたんだよねっ さすがっボス優しいねっ

地球生物頂点に立つ人間・・ちっちゃな「命」産ませたり殺したり・・売ったり買ったり・・棄てたり・・

でも・・その優しさ思いやりの深さ・・ちっちゃな「命」以下だよねっ 最低だよねっ

 

「セント」くん亡くなる当日・・預かりメンバー・・団体保護ちゃん病院搬送で留守にしてたそぉ

夕方・・預かりメンバー初め家族揃って・・みんなに看取られながら眠るよぉに亡くなったそぉ

みんな揃うまで・・ずっとずっと待ってたんだねっ

キミが辛く悲しく・・苦しかった時間に比べれば・・はるかに短かったけど・・大好きだった預かりメンバー家族の真ん中で・・虹の橋駆けながら登って逝けたねっ

やっぱ「セント」くんは優しい子人が恋しくって・・人が大好きな甘えん坊だったんだよねっ

 

預かりメンバーから

夕方セントちゃん天国に旅立ちました。14才。

我が家に来て5年。

来た時はボロボロ、虐待されてたのか手をあげたり、タオルを顔の前にもっていくと、唸り咬みにくる。

とてもいい子なのに、たまに思いだしたかのように唸る。 

はっと気がついて、そんなつもりはないねん!ごめんなさい!と、身体よせてくる。

そのたびに、9年間 辛かったな!センちゃん!好きなこと一杯して楽しんでや!と言ってあげる。

本当に5年間楽しんでくれたんかな?!  

もっとやってあげることあったんでは?!と、思ってしまう。

でも、おかんはセントと生活して楽しかった。ありがとうセンちゃん

 

ずっと以前・・通ってた道・・夕方になると・・ある飼い主さま・・年老いた柴犬の腰・・支えながら・・ゆっくりゆっくりのお散歩

少し歩いては止まり・・また少し歩いては止まり・・その間・・ずっとずっと飼い主さま・・中腰姿勢

大変だなぁーーって思いながら・・なんて幸せなちゃんだろうぉーーーって・・いつも・・ほっこり暖かい気持ちでしたっ

ステキな飼い主さまと愛され続けてるステキなちゃん 幸せな光景でしたっ

人間もちっちゃな「命」も生きとし生けるモノ全て・・いつかは・・その最期を迎えるっ

その迎え方・・人間の知恵と知識と愛情で少しでも幸せな時間になるよぉ・・手助けしてあげたいですっ

今・・生きてる「命」産まれてきて良かった生きてて良かったっ出会えて良かったっそう思える時間・・与えてあげたいですっ

「セント」くん  

様々な多くの人間の勝手な都合で・・その大きな長い時間その生き方・・奔走され続け・・だけど・・幸せな最期・・迎えられたっ

でもねぇ・・これはホントにホンの氷山の一角ですっ

人の目に触れることもなく・・生きてきた痕跡すら消されて・・闇に葬られる「命」たくさんですぅ

そういってる今も・・最低限度の食べ物しか与えて貰えず・・

雨風・・凌ぐ場所も与えて貰えず・・ただ来る日も来る日も繋ぎっぱなしで苦しんでる・・ちっちゃな「命」たくさんありますぅ

そういってる今も・・人間の勝手な都合で殺されてる・・ちっちゃな「命」たくさんありますぅ

そういってる今も・・ずっとずっとゲージの中に閉じ込めれ・・可愛い「商品」生み出す道具として使われてる・・ちっちゃな「命」たくさんありますぅ

そういってる今も・・さっきまで家族だった人間に棄てられ・・不安と恐怖に慄きの・・ちっちゃな「命」たくさんありますぅ

色んな・・暖かい人間の手で繋がってってる・・ちっちゃな「命」氷山の一角ホンのわずかですぅ

 

大型ちゃん・・飼い主の勝手な都合で飼えなくなった・・は即「死」を意味しますぅ

生きる道・・与えて貰えません

大型も小型も・・ちゃんも・・年を取り・・介護が必要になりますぅ医療費だってかかりますっ

その最期まで・・家族として看取る覚悟・・お世話する覚悟なければ・・一緒の生活出来ません

ちっちゃな「命」引き受けるってこと・・そのコの最期まで家族として愛し続けるってこと・・もう一度・・しっかり覚悟と自覚・・再確認して欲しいですぅ

人間の勝手な都合で翻弄される・・ちっちゃな「命」

人間の勝手な都合で殺されたり産まされたり・・のちっちゃな「命」

出会った人間で・・そのちっちゃな「命」の生き方も幸せ度も決められるっ

そのちっちゃな「命」15年20年の幸せ必ず守るっの覚悟安易に買わない安易に棄てない 

これからも・・みんなでちっちゃな「命」その最期まで守っていきましょ

 

 

 

 

 

 

 里親さま募集中の猫ちゃんたち  里親ご希望の方は・・・譲渡条件ありますぅ

譲渡までの流れ」をよく読んで戴いて・・「譲渡条件 & お願い」ご確認の上

お問い合わせ先:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp まで お知らせ下さい よろしく お願いします

 


 gooddoでのご支援ご協力・・あなたの「いいね」クリック・・・

毎日の「応援する」 クリックでのご支援ご協力・・・よろしくお願いしますぅ

http://gooddo.jp/gd/group/oneheartosaka/?from=fbn0

 上記のリンクからgooddoの「動物愛護団体ワンハート大阪」のページに

http://gooddo.jp/gd/group/oneheartosaka/?from=fbn0

 ページ内のサポーター企業のFACEBOOKページに「いいね」して頂くだけで・・

 「いいね」×10円の支援金が「動物愛護団体ワンハート大阪」に届けられます

 楽天でのお買い物でもご支援頂くことができるようになりましたっ

購入額×0.5%~が支援金が団体に届けられますので ぜひご活用いただければ幸いです



 ご支援・ご協力のお願い 図々しいお願いですが・・ご支援ご協力どうぞよろしくお願いしますぅ

 犬用ドライフード・・・ヒルズ犬用i/d LowFat・・・たくさんのご支援ご協力戴き・・お陰さまで十分なストックできましたっ ありがとうございましたぁ

 犬用ウェットフード・・・ヒルズ犬用i/d LowFatウェット缶詰

 猫用・・ロイヤルカナン キトン パウチ

 カルカン子猫用パウチ

  子猫用缶詰

 

ちゃんフードなど日用品・・・「ご支援物資などなど・・・お願い」 ご家庭で眠ってる不用品などありましたらフリマ用品のご協力お願いします

 支援物資送り先  〒587-0065 大阪府堺市美原区小寺750-1

  「動物愛護団体 ワンハート大阪」 宛     電話番号:080-9122-6737

上記送り先はご支援者さま事務所を物資受け取り窓口としてお借りしております

物資等の直接の持込はご支援者さまにご迷惑がかかりますのでご遠慮下さい



 第四回 譲渡会 8月6日(日)  時間:PM1:00~4:00

場所:CHAKRA (大阪市北区菅原町6-12)  


 

 お問い合わせ先

メールアドレス:oneheartosaka@mail.goo.ne.jp

電話番号: 080-9122-6737

 里親さまお迎えについてはメールでの対応のみとさせて頂いておりますぅ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御礼 & 嬉しいお知らせ ... | トップ | 御礼 & フリーマーケット... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嫌われセントの一生 (スーパー高崎山猿吉)
2017-07-15 19:58:21
今回の管理者さんの文章は、
犬に限らず、すべてのペット愛好者とその予備軍に読んで貰いたいです。
命を引き受けるときは、それなりの覚悟と共に引き受けるべきです。

「愛とは、甘く美しいものではない」
「武器こそ使わないが、この世で最も激しく厳しい戦いなのだ」
マハトモ・ガンジーの言葉です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事