ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

自民党は、本当に保守政党なのか -7

2020-10-26 11:13:44 | 徒然の記

 「自民党は、本当に保守政党なのか」と表題をつけ、今日までブログを綴ってきました。日本がいつまでも、戦後レジームから脱却できず、「普通の国」に戻れないのは、大東亜戦争 ( 第二次世界大戦 ) の敗北が原因です。

 勝利した連合国軍 ( GHQ ) に統治され、二度と連合国を脅かさない国とするため、軍が解体されました。軍を世界最強たらしめた、日本の文化と歴史も、徹底的に破壊されました。この時、GHQが利用したのが、元々日本の中にいて、戦前に弾圧されていた左翼勢力でした。つまりこれが、「トロイの木馬」の一つです。

 左翼は戦前の言葉で言えば、「国体を破壊する危険分子」であり、「赤」でした。マルクス主義を信じる赤の人々は、「人間平等」を信じていますから、当然「皇室」の存在を認めません。「金持ちも貧乏人もいない、搾取のない社会」「理想社会」が、マルクス主義を実現すれば出来ると、信じていました。

 資本主義の初期段階では、資本家と呼ばれる起業家たちが、金儲けのため人間を酷使し、泣き寝入りさせていましたから、マルクスの理論は、「希望の光」でした。そしてこの思想を信じる人間は、社会を転覆する「危険分子」として、政府に弾圧されました。

 今更繰り返すまでもない話ですが、私が息子たちに言いたいのは、「戦前と戦後のマルキストは、別人だ。」と言うことです。「本物」と「偽物」と言う言葉がありますが、私は戦前のマルキスト、つまり社会主義者を「本物」だと思い、幾ばくかの敬意も払っています。「赤」と言うレッテルを貼られると、警察に引っ張られ、拷問を受け、命の保証がありませんでした。それでも彼らは、社会主義思想を、命がけで信じていました。

 戦後の社会主義者は、GHQの力で合法化され、しかも日本破壊のための道具になりました。彼らには命の危険がなく、デモをしても、過激な意見を述べても、自由が保証されました。だから彼らが「偽物」だと、言うのではありません。戦後しばらくは、命がけで生きてきた「本物」の彼らがいたからです。

 第二次世界大戦後、共産党に支配されるソ連が台頭し、中国が生まれ、北朝鮮が作られるにつれ、「希望の光」だったマルクシズムが、結局は、国民を弾圧する全体主義の、共産党独裁国家しか作れないのだと、多くの人々が感じるようになりました。共産党の支配する国は、「平和の国」でもなく、「人類愛に満ちた、平等の国」でもありませんでした。

 そう言う事実を、日本の国民が知るようになった現在でも、頑固に社会主義を信じ、日本を作り替えようとする人間たちを、私は「偽物」と呼ぶのです。彼らは、信念のため反政府活動をしているのでなく、日本を良い国とするため、国会で騒いでいるのでもありません。

 彼らは、大切な自分の国を否定し、国を思う庶民を否定し、中国や北朝鮮のような、共産党の独裁政権を作ろうとしています。自分の国を愛することもなく、愛国の庶民を敵視しています。私がブログで批判する、「反日・左翼」「獅子身中の虫」「駆除すべき害虫」と言うのが、この「偽物」たちなのです。

 今頃、なぜこんな分かり切ったことを、再確認するのかといいますと、これを理解しない人々が、多くいると分かったからです。簡単な例を言いますと、前回のブログで報告しました、朝日新聞の大ウソに騙され、全国の市町村議会がした、「政府弾劾決議」がそれです。

 「市町村議会にいる、自民党議員が眠っているからです。」と、私は言いました。しかし、この危機意識のない、歴史の勉強もろくにしていない、愚かな議員を、誰が選挙で当選させたのでしょう。市民であり、町民であり、村民である私たちが選んだのです。

 本当は、ここまで言うべきでしたが、少し婉曲な叙述とし、遠慮をしました。いわばこれも、つまらない「忖度」です。議員だけの責任であるはずがなく、選んだ国民の方にも同じ責任があると、ハッキリ言うべきでした。大阪の自民党市議会議員のことだけでなく、これから述べる沖縄市議会についても、他人事でなく、私たち自身の問題だと、そう言う気持ちで望みます。

 平成30年3月に沖縄県議会で、「オスプレイによる落下物に関する、抗議書」が、全会一致で可決されたことがありました。オスプレイからの落下物防止に対し、米軍と政府は、もっと本気で取り組めという抗議なら、私は当然だと思います。しかし、抗議書の中には、こんな要求が含まれていました。

 「在沖海兵隊を、沖縄から国外、県外へ移動すること。」

 中国による侵略の危機が迫っている時に、全会一致で自民党までが、こんな決議をしました。

 中国は尖閣の領海に、最初は漁船と称する工作船で侵入して来ました、次には公船で来て、やがて軍艦もやってくるようになりました。今では潜水艦を潜らせ、領海周辺を航行させている。いくら公海に当たるとはいえ、日本の領海のすぐ近くを、潜った潜水艦が通るのは、世界の常識では戦闘行為とみなされます。

 中国は、尖閣を自分の領土だといい、最近では、沖縄も中国のものだと言い始めています。沖縄の住民が中国の危機を感じていても、沖縄の新聞は、こうした事実は報道しません。こんな危険な状況にある時、沖縄の議会で、保守と言われる議員が、「在沖海兵隊を、沖縄から国外、県外へ移動すること。」と、どうして全会一致で賛成するのでしょう。

 「沖縄には、闘う保守がいない。」

 と、我那覇真子さんが嘆いていました。念のため、沖縄の県議会で、各党の勢力がどうなっているのか、ネットで調べてみました。県会議員の総数は、48名で、内訳が次のようになっています。

   沖縄自由民主党 19名

        沖縄平和党    8名 ・・・社会民主党と沖縄社会大衆党の連合

   沖縄共産党    7名

   ティーダ沖縄   7名 ・・・立憲民主党

   おきなわ     3名   ・・・ 旧称:  県民ネット 

   公明党      2名

    その他      2名    合計 48名

  認識不足でした。沖縄の自民党議員は、二、三人しかおらず、悪戦苦闘しているのだとばかり思っていましたのに、なんと19名もいます。公明党を加えますと、保守らしき議員は、21名となります。これでは、我那覇さんが、「戦う保守がいない」と嘆くのも、無理はありません

 ならば、沖縄に限らず、大阪でも、保守自民党と言えない活動をしている地方議員に対し、自民党の本部は何をしているのでしょう。共産党を見れば分かる通り、彼らは地方議会の議員の活動も、しっかりコントロールしています。一糸乱れず、「平和憲法を守れ。」「日本の軍国化を許すな。」「自民独裁政権を倒せ」と、叫んでいます。

 一方、自民党の地方議員は、地元では党是の「憲法改正」を語らず、住民の冠婚葬祭に顔を出し、「国会議事堂のバスツアー」参加募集などに、精を出しています。これでは、自民党が、宣伝戦で共産党のみならず、反日野党に負けるはずです。しっかりしろと、言いたくなるではありませんか。

 ( このブログは、今回で終了します。 )

コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党は、本当に保守政党な... | トップ | 『ひとりがたり 馬渕睦夫』 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何をやっているのか、自民党 (成田あいる)
2020-10-27 23:28:59
沖縄県議会の「抗議書」の、「沖縄から国外、県外へ移動すること。」とは恥ずかしいと言うか、情けない限りです。
「それならば具体的にどうするのか?」が記されていないばかりか、「抗議」にもなっていません。
おまけに、県議会には自民党議員が19名もいて、何やっているのかと思います。

政党はよく「選挙互助会」と揶揄されますが、冠婚葬祭に顔を出し、「国会バスツアー」を募るとは、「互助会」そのものです。
これでは悔しくて残念ですが、共産党の方がまだ「政治」しているように感じてしまいます。
かつこれでは、自民党は本土でも野党に舐められてしまうのであります。
大阪でも「不倶戴天の敵」であるはずの共産党と共闘してしまうのですから、私も「しっかりしろ」と言いたくなってしまいます。
自民党は、いつまで眠っているのか (onecat01)
2020-10-28 09:17:48
 成田あいるさん。

 10月19日に、共同通信社が調査した政党支持率があります。

 自民党 45.8% 立憲民主党 6.4%
公明党 3.2 % 共産党  3.6%
日本維新 4.2% 国民民主党 1.3% 社民党 0.4%

国民の支持と依託を受けながら、バスツアー活動ですから、自民党こそが、政治を停滞させているのでないかと、私は思います、高々1%台の支持率しかない野党と、なんで戦わないのか。

 要するにマスコミを、左翼に握られているから、騒がれるのが怖くて、自民党の議員は戦わないのです。保守の学者がマスコミに登場し、国民に語りかけられるよう、なぜ努力しないのでしょう。

 国民の期待を受けながら、自民党はいつまで眠っているのか・・言いたくなるではありませんか。たまに元気の良い大臣が出ると、応援していますが、これもまた見当違いです。

 「女系天皇を容認する」ような、河野氏になんでエールを送るのでしょう。反日・マスコミの煽動に乗ってはなりません。元気がよくても、河野氏のような大臣は、むしろ反日・左翼の仲間でしょうに。
Unknown (あやか)
2020-10-28 10:42:59
今回の、『自民党は、本当に保守政党なのか?』のシリーズ、、、、、、、、お疲れさまでした。
結論は、ブログ主の猫様や、他の賢明なコメント者のかたがたが、おっしゃっていますので、
私などが、付け加える必要はないかも知れません。

おっしゃいますように、今の自民党は、とても保守政党とは言えません。
遠因は、戦後のアメリカ占領政策で、骨抜きにされてしまったことですが、
ただし、(戦後と言えども)昭和天皇御在世のころは、まだ『国士』らしき人は、かなりおられたそうです。

つまり、【アメリカ占領軍に負けたのは仕方がないとしても、『日本人としての矜持』は失ってはいかん】という考えの人は
大勢いましたし、また、そういう人々が自由民主党を支持していたわけです。

しかし、今は自民党そのものが、著しく劣化してしまいました。 
理想も、国家の経綸も無く、ただ『せめて、大臣になりたい』とおもう人たちの集団になり下がってしまいました。

もちろん、自民党や他の政党にも、愛国的な人はいますが、
 そういう正統派の愛国主義を述べますと、かえってマスコミから『袋叩き』にされてしまいます。
だから、みんなが『事なかれ主義』を決め込むんですね。

失望、失望、失望、、、、、の連続です。

●しかしそれでも【☆【希望】☆】は失ってはいけないと思います。✨
 今は『誰が敵で、誰が味方かを、見極めた上で、』粘り強く、闘いを続けなければならないと
 決然と思います。❗❗❗
ご意見に賛成します (onecat01)
2020-10-28 11:17:28
 あやかさん。

 しかしそれでも【☆【希望】☆】は失ってはいけないと思います。

  ・・その通りです。それは、自分の国に希望を失うと言うことと同義ですから、希望は失っていけません。

 一時の世の流れで、反日・左翼が闊歩しているだけのことで、国を想う人々は、じっと我慢しているのです。戦後の74年など、長い日本の歴史で考えれば、一時の流れでしかありません。

 今は『誰が敵で、誰が味方かを、見極めた上で、』粘り強く、闘いを続けなければならないと
 決然と思います

 ・・これもまた、おっしゃる通りです。米国も中国も、世界の大国です。バランスをとりながら日本の国益を守るとしたら、どっちつかずの政策になってしまいます。安倍総理がそうだったように、保守なのか、反日なのか、どっちとも取れるおかしな政策が混じります。

 誰が敵で味方なのか、分からない状況です。自分で確かめ、見極めながら、反日・左翼の害虫と戦わねばなりません。

 国民が諦めたり、自暴自棄になったりしては、亡き昭和天皇が悲しまれるでしょう。戦前・戦中・戦後を通じて、陛下の歩かれた道は、私たち国民のための、苦衷の日々でもあったと、これを忘れないことが大切でしょう。

歳のせいでしょうか。この頃はふと、そんなことを考えたりします。
今回も、良い復習でした (HAKASE(jnkt32))
2020-10-28 14:16:43
今回の連載、大変お疲れ様でした。中々に時間が取れ
ず、毎回一読程度で恐縮ですが、戦後の我国史の良い
復習になったと心得ます。

それにしても自民党は「保守」を標榜しながら、その
党内での意思統一が果たしてできているのか?拙者も
ふと疑念を抱いた口でありまして。

我国にての 国防安保分野の学術研究を正面からは
行わないとして賛否分れる日本学術会議の研究姿勢
にしましても、陰で自民党の忖度でもあるのでは?
と勘繰ってしまいます。主に媚中志向の 二階幹事
長を頭目とする勢力とかですね。菅総理が同会議の
人事問題につき、踏み込んだ説明を避ける趣がある
のはこの為か?と拙者などは思わされている所です。

その背景には、やはり戦後の我国の歩みが関係する
のは事実だと思います。連合国進駐軍 GHQが云わば
見逃しにした戦後の不良な左派勢力が 貴指摘通り
の「トロイの木馬」の様に、戦後の我国内のあり様
を徐々に悪化させて行った。国民市民はその巧妙な
手法に慣らされ、知らず知らずの内に 我国を更に
危地に晒す様な状況を、疑問を抱く事なく受け入れ
る様になってしまった実態があるのではと思う次第。

しかしながら、そうした難局も 自民党が真の保守
政党としての自覚と矜持があれば、今よりは幾らか
でも健全な所に落ち着かせる事が可能だったのでは
ないかとも感じます。岸、中曽根の元総理、安倍前
総理らは 貴方からお叱りを受けるかもですが、拙
的には幾らかでも 戦後のあり様を健全保守の方向
へと振らせる努力の跡が見られるかともみる所です。

そうした先輩方の努力や心がけを、今の自民勢力は
果たして尊敬(リスペクト)しているのだろうかとの
疑問が大きくありますね。特に沖縄における「闘う
保守の不在」との我那覇真子さんのご指摘は、深刻
に受け止められるべきと心得ます。長年の米軍基地
諸問題はできるだけ理解したいですが、同時に中国
大陸の諸々の脅威とも対峙しなければ、我国の平和
に資する事は叶わないからです。

今回の貴表題は、これからの我国の平和まあり様を
考える上からも長く問い直されるべき課題だと拙者
は思います。今回も、有難うございました。
中曽根氏には疑問符 (onecat01)
2020-10-28 17:40:07
HAKASEさん。

 娘婿の前川喜平氏のこともありますので、中曽根元総理にはやや疑問がありますが、岸元総理と安倍元総理には、敬意の念を捨てません。

 「トロイの木馬」との戦いを知れば、歴代総理の苦衷は理解せねばならない面があります。馬渕氏の言われるように、国民がデイープ・ステイトの存在と影響力を知るか知らないかで、ものの見方や理解の仕方は変わります。

 敗戦から今年で76年ですが、長い歴史を思えば、わずかな期間です。失った国を、「トロイの木馬」たちから、取り戻すためには諦めないことでしょう。自分の国への愛が本物なら、頑張ろうと思います。

 真摯なコメントに、私の方こそ、お礼を申し上げます。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事