ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

日本の危機 - 解決への助走 - 5 - (6)

2019-12-03 09:29:30 | 徒然の記
 これらの書を読み、私が教えられたのは、次の二つでした。
  1.  第二次世界大戦後の、アメリカの対日政策
  2.  第二次世界大戦後の、アメリカのアジア政策

 櫻井氏の書評を離れ、自分の考えを述べ始めた、初回のブログで、私はこのように言いました。1.については、既に述べてきましたので、2.の説明に、入りたいと思います。「 2. 第二次世界大戦後の、アメリカのアジア政策」と言うより、「世界戦略」と言う方が、手っ取り早いようです。

 これまでの読書で、私が理解したアメリカの政策は、とても単純です。
  1.  アメリカは、常に世界一の大国であり続けること。
  2.  アメリカ以外の強国の存在する地域の安定を、常に乱すこと。
  3.  世界の安定と平和を目指すのでなく、不安定化を目標とすること。
  4.  世界の海を支配するため、他国に強力な海軍を作らせないこと。
  5.  海軍を強化しようとする国に対しては、周辺国との紛争を生じさせること。

 日本人の多くは、日本に「平和憲法」をもたらしたアメリカを、「自由」「平等」「人権尊重」の国として、好感を抱いています。しかし残念ながら、「温故知新」の読書が教えてくれたのは、思いもよらない「アメリカの姿」でした。これは、信じるとか、信じないとか言う次元の話でなく、「一つの事実」であると、冷静に認識すべきです。従って、北朝鮮問題に関して言えば、アメリカは、自ら北朝鮮に接近していますが、日本が独自に国交回復することには、賛成していません。
 
 トランプ大統領の言葉を借りて言えば、常に「アメリカ・ファースト」なのです。アメリカの支配層たちの考えは、「アメリカが世界一であるためには、アメリカ以外の地域を、不安定にすれば良い。」と言うことです。

 だから彼らは、東アジアで日本が、中国や韓国・北朝鮮と和解し、友好国になることを望みません。一つになり、アメリカに挑まれると困るからです。露骨な干渉はしませんが、日本に敵対する中国や、韓国・北朝鮮の言動に目を瞑ったり、無視したりします。米国のこうした態度は、中国、韓国・北朝鮮には、「黙認」として受け止められ、日本への敵対行動が持続します。いわば、アメリカの思惑通りに、隣国が動いていることになります。

 ベネディクト氏の「菊と刀」は、敵国である日本を分析した書物で、第二次世界大戦に役立てました。昭和54年に出版された、ヴォーゲル氏の「ジャパン・アズ・ナンバーワン」は、経済大国として台頭する日本を、分析する本でした。出版は、大平内閣の時でしたが、それ以後の、伊東、鈴木、中曽根内閣に至るまで、米国は執拗な経済戦争を仕掛けてきました。ヴォーゲル氏が称賛した日本の体制を、ことごとく破壊するため、構造改革、規制撤廃を要求し、今ではもう、日本は経済大国でなくなりました。

 ハンチントン氏の「文明の衝突」は、平成10年で、橋本内閣の時です。この時は民主党の大統領だったクリントン 氏が、露骨な内政干渉をし、橋本首相を追い詰めました。バブル経済が完全に崩壊し、銀行と証券、保険会社の大型倒産が続きました。ハンチントン氏の言葉通り、米国は日本を、「孤立した文明の国」「仲間のいない文明国」として、国際社会に位置づけました。

 ベネディクト、ヴォーゲル、ハンチントン各氏の著作を、あたかも日本称賛の書であるかのように誤解している人々もいますが、私の考えは違います。彼らの書は、アメリカのため、対抗する敵国日本を、研究・分析したものに過ぎません。
 
 長く続けたシリーズも、今夜で終わりといたします。拉致問題も、朝銀への不正融資、慰安婦問題、徴用工問題、南京事件、靖国問題など、全ては一つの根っ子でつながっていると、予測しましたが、その根っ子は、アメリカの存在でした。敗戦後、日本には、アメリカに忖度し、アメリカの意を汲み、日本の弱体化に協力する人間が、育成されました。彼らは、政界、官界、経済界、学界、マスコミ界で、指導的地位を占めています。アメリカによる間接管理体制、これが私の結論です。

 だがもう一つ、大切なことが残っています。息子たちが、私のブログを読んで、「アメリカこそが日本の敵だ。」「アメリカが、諸悪の根源だ。」と、単純な誤解をしないようにせねばなりません。

 国際社会で大国となった国は、全て同じような思考をするのだと言う事実を、忘れてはなりません。大東亜戦争時の日本は、大国の仲間でしたから、同じような思考をしていました。ハンチントン氏の分析通り、孤立した文明国だったため、世界を敵に回し、世界から反撃されました。

 これからの日本は、大国を目指すことなく、大国に卑屈に従うこともせず、それこそ我が道を行くのでなくてはなりません。天皇の政治利用と言われるのは、不本意ですが、昭和天皇は私たちのため、大切な言葉を残しておられます。

 「国が独立するためには、国を守る軍隊が必要である。」

 日本が我が道を行くためには、国を守る軍隊が必要なのです。陛下は、独走する軍を嫌悪されましたが、国防のための軍は否定されていません。だから私の、本当の結論はいつも通りの、二つです。

 1.  国を守る軍を持つための、憲法改正をすること。
 2.  皇室を護持すること。(女性宮家、女系天皇を認めてはならない。)
コメント (4)   この記事についてブログを書く
«  日本の危機 - 解決への助走 ... | トップ | 日本の政治 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大国とは、上手くつき合いたいもの (HAKASE(jnkt32))
2019-12-03 21:06:47
今晩は。当然の事の復習となるかもですが、我々日本人
は そろそろ大国の持つ危険性を意識して、外交安保の
事共と上手く向き合うべきと心得ます。

トランプ現米政権は確かに露骨な自国第一主義を押し出
し、拙者もその姿勢を好感する訳ではありませんが、大国
の本音が何かという所を明らかにした功はあると思います。

ただ、こうした性向は中露など他の大国にも勿論あり、
我々は米国は勿論、中露や印、豪などの出方をよく観
察して、我国益を損ねる事が最小で済む様よく学んで
上手く立ち回れる様心がける必要があるのでしょう。

「国が独立するためには、国を守る軍隊が必要である」
の昭和天皇の至言を、我々は常に念頭において国際
問題と向き合う必要がある事を学んだ気がします。

真の国防力を得る為の憲法改正と、男系による皇統
の護持は、これからに向けても、重い責務と自覚する
ものです。特に女系天皇を軽々しく持ち出すなどもって
の他と心得ます。皇統とは国柄、我国固有性の象徴でもありますから。良い連載を有難うございました。
指針 (onecat01)
2019-12-03 21:51:08
HAKASEさん。

 貴方のコメントを、貴重な指針として、今後もブログを続けていこうと思います。

 感謝します。
しっかりしないと (続強子の部屋)
2019-12-04 09:31:49
onecat01さま
先日亡くなった田辺聖子さんが産経新聞に
自衛隊についての論考で、
武力を保つためには節操はいらないが、節操を保つためには、武力がいる。と仰ったそうです。
素晴らしい言葉だと思います。 

もう一つ、産経新聞2019.5,15の正論で。
竹内久美子さんの、
 天皇が男系男子の理由を説く 
は女系を持ち出す輩に読ませたいです。
しっかりしないと (onecat01)
2019-12-04 10:06:36
続強子の部屋様。

 戦前の日本には、右や左に、過激な思想を持つ人はいたのでしょうが、敵対国に魂を売り、日本人の心を歪める役目をする者はいなかったと、そう思っています。

 敗戦が、獅子身中の虫や害虫を大量発生させ、こう言う輩が、蔓延ってしまいました。

 それでも、国民がこのことをしっかりと知れば、掃除はできると、実は私は、田中英道氏と馬渕睦夫氏のご意見の中に、その鍵を見ております。

 こう言う方々の話に耳を傾け、私たちはもう少し、しっかりしないといけません。

 コメントをありがとうございました。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事