ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

ラオス現代文学全集 - 4

2019-07-11 15:00:06 | 徒然の記
 ドワンチャンバー氏の短編、「その一言が・・」を紹介いたします。薄給の下級官吏が、羽振りの良い幼馴染と偶然街で顔を合わせ、その仲間たちに誘われ、高級レストランへ行くという話です。

 爪に火をともすように暮らしている主人公は、場違いな店で、次々と出される料理のうまさに舌鼓を打ち、家で待つ妻や子の顔を思い浮かべます。一人でこんな美味しいものを食べず、なんとかして、家族に食べさせてやりたいと、心の中で葛藤します。贅沢な友人たちが、食べきれない料理を注文し、勿体無いほど残します。彼には想像もつかない、無駄遣いで、自分を待つ家族の顔がちらついて離れません。
 
 家族に薄情な自分ではありませんが、こういう経験を、したことがありません。バブル景気の時代に、客先接待のため、高級店へ行き、日頃口にしないようなものを味わったことはありましたが、それはただそれだけのことでした。自分も家族も、普通に暮らしていましたから、主人公のように、切実なほどの、さもしい思いをしたことがありません。食べ物で深刻に思い悩むような人間も、周りにはいませんでした。

 貧乏といえば、昔ノルウエーの作家ハムスンの「飢え」を読んだことがあります。すざましい貧しさでも、あれはむしろ、工夫を凝らした文章の面白さでした。

 「真昼のビエンチャン、まるでオーブンで焼かれるような、」「日差しが照りつけている。」「ブンコーンは、自宅へ向かういつものバスに乗ろうとしたが、」「体重90キロもあろうかという、肥った人物に声をかけられたので、」「引きつった笑みを浮かべながら、振り返らねばならなかった。」

 これが、作品の書き出しです。「オーブンで焼かれるような日差し」というありふれた言葉と、「引きつった笑み」という、推敲の気配も感じられない日常語に、私は興味を削がれました。書き出しの二、三行目の文章のため、作家はある限りの力を注ぐと、何かの本で読んだことがあります。書き出しの新鮮さ、奇抜さ、面白さなど、作家は何日も呻吟すると聞いています。意識していませんでしたが、こういう変哲も無い文章を読まされますと、なるほどと思わされました。

 作者は、革命後は情報文化省に所属し、ラオス作家協会の設立に参加しています。50年以上も、小説や詩や随筆等を発表し、外国文学の紹介もしています。日経アジア文化部門賞や、東南アジア文学賞を受賞し、政府から「国家芸術家」の称号も贈られています。ラオスでは有名人であり、有力者の一人です。しかし文学に限らず、芸術は、肩書きや地位が生み出すものでありませんから、感動の手助けにはなりません。

   「ブンコーンは、これだけ立派な店なら、」「食べる時もきちんとしなければならないだろうと、考えて、」「礼儀正しく、控えめに振る舞った。」「とは言っても、周りの者たちが、食べながら互いにガヤガヤと騒ぎ立てる声は、」「聞いている者の、耳の鼓膜が痛くなるほどだった。」「彼らは、地位のある人物であるにかかわらず、」「傍若無人に、騒々しく飲み食いし、」「聞こえてくるのは、汚い言葉ばかりだから、どうしようもない。」「なんとまあ、お偉いさんでも、市井の口語や、俗語を話すとは ! 」 

 昔三島由紀夫は、私小説の露骨な描写に眉をひそめ、「歌舞伎の舞台でストリップをしているようなもの」と、酷評していましたが、なんとなく納得させられます。作者は、小説という立派な舞台で、下手な芝居を演じていると、思います。

 「ブンコーンは、急いで白く美しい米飯をすくって口に運び、」「モグモグと噛み締めた。」「炒め物やチャオを、米飯の上にかけ、」「鶏肉をつまんで、かぶりついた。」「ああ金持ちは、こんな美味いものを食べるのか。」「まるまる一羽分の鶏肉が、あっという間に、なくなってしまう。」「そこへ行くと我が家では、たまに鶏肉が何切れか手に入って、」「煮物をこしらえても、野菜や丸ナスが多すぎて、」「鶏肉がどこにあるのか、わからなくなってしまうというのに ! 」

 気前の良い友人が勘定を済ませますと、支払額は、ブンコーンの一ヶ月分の給料と同じでした。友人とその仲間が店を出る時、ブンコーンはトイレに行くふりをして、一人残ります。調理場の入り口まで引き返し、ウェイトレスに頼みます。

 「さっきの鶏肉の残りを、包んでくれないかい。」
ウェストレスの顔に、侮蔑の色がちらりと浮かんだのを見て、ブンコーンはすぐに続けた。
「持って帰って、犬に食わせてやるんだよ。」

 午後2時近くなって、家に帰り着いた時、ブンコーンは子供たちに、ビエンチャンの高級レストランの鶏肉を、食べさせてやれるという満足感でいっぱいでした。細君は包みを台所へ持って行ったが、すぐ走り出てくると、目を見開いて叫びました。

 「父さん、あんた。いったいどこから、豚の骨を拾ってきて、」「子供にやろうって言うの ! 」

 「 何てことだ  ! 見るとそれは、鶏と豚の骨がぐちゃぐちゃに混ざったもので、」「かじって食べようものなら、心臓にグサリと突き刺さってしまいそうだった。  」「さて、いったいどんな悪魔のせいで、」「彼は、犬に食わせるなどと、余計な一言を口にしてしまったのだろう。」

 と、これが最後の文章です。4人のラオス人作家による、17編の内の一つを紹介いたしました。残りの3人も、みな東南アジア文学賞の受賞者で、政府の役人だったり、大学の教授だったり、ラオスの著名人です。しかし私は、今回で書評を終わりにし、残りの作品は紹介いたしません。申し訳ないことですが、どうやら私には、ラオスの優れた文学を読むだけの感性が、欠けているようです。訳者の二元氏には、感謝の言葉を贈ります。

 「私の知らない世界を、教えていただきました。」「この世の広さを、知りました。」
コメント   この記事についてブログを書く
« ラオス現代文学全集 - 3 | トップ | 参院選とラオス »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然の記」カテゴリの最新記事