ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

どこまで驕るNHK - 44

2019-09-10 16:02:02 | 徒然の記
 9月3日から、「第5章.  再軍備・改憲」に取り掛かりましたが、その時の目次は下記の5つでした。
  (1)  再軍備・改憲 やりとり詳細
      (2)  ソ連の侵略 現実的な脅威を認識
      (3)  旧軍と軍閥 頑なに否定
  (4)  基地反対闘争に批判的な見解も
  (5)   再軍備・改憲 専門家の見方

 第5章が終わったと、一息入れていましたら、NHKは大胆にも、もう1つタイトルを、増やしていました。予告もせず、こっそりとやる手口は、田島氏と似ています。悪臭のヘドロが、もうひと塊追加されたと言うことです。

 (6) 戦後占領期 北海道への巡幸 強く希望  ・・・ これが追加されたタイトルで、 内容は下記の6項目です。
  ◦  北海道への巡幸についての記述   頻繁に登場
  ◦  船で津軽海峡越え 治安当局も難色
  ◦  マッカーサー最高司令官 「しばらく延期して頂く事だ」
  ◦  ソ連の脅威も
  ◦   私が行けば北海道を  何かの時見捨てぬと言う証拠に
  ◦   専門家 「戦後巡幸の政治的な効果について、極めて自覚的だった」

 犯罪組織NHKと、その協力者である反日学者は、どう言う意図で、第5章に追加をしたのでしょう。説明もなく、唐突にする不親切さに、国民へのサービス精神が見えません。「沖縄メッセージ」で、沖縄県民に対し、陛下のイメージを低下させたので、北の端に位置する北海道の道民にも、陛下の悪イメージを発信しようと、思いついたのでしょうか。表題の文字を読んでも、悪意の気配が立ち上ってきます。韓国の文在寅氏も、しつこさで私たちを嫌悪させますが、NHKの執拗さも、それに劣らぬものがあります。

 「 " 拝謁記 " の記述からは、昭和天皇が、戦後の占領期に、」「国民を直接励ますために行った、戦後巡幸をめぐるやりとりが、明らかになりました。」「昭和天皇は、占領期に、当時の日本の施政権下では、」「唯一、北海道を訪問していませんでしたが、」「朝鮮戦争の勃発後も、私が行けば、北海道を何かの時、見捨てぬという、」「証拠になる、などど繰り返し、北海道への訪問を、」「強く希望していたことがわかりました。」

 いつものように、これが追加したタイトルに対する、説明文です。陛下への悪意が、言葉の端々に感じられます。NHKの煽動に乗らず、吉田総理の冷静さを真似、本日より、6項目の1番目から順番に進みます。

 【 北海道への巡航についての記述   頻繁に登場 】
   ( 昭和24年7月12日の拝謁時のお言葉 ) 
田島氏
 「四国、北海道のことも、今年は、よほど様子を見ねばなりません。」

陛下
 「慎重論も、もっともだが、積極的に、」「多少の危険を冒してでも、出かけるほうが、」「返って、国のために良いと言うことも、考えられる。」

田島氏 ・・・( 陛下の行幸で、相次ぐストライキが、行幸時だけ中止になるため)
 「一部の階層の人の便利のため、天皇の行幸を利用するとの、誤解の恐れがあります。」「よほど、慎重にする必要があります。」

陛下
 「それはそうだな。」

田島氏
 「なお、御警衛上の見地よりも、 積極的なのは、ちょっと困難です。」

 古川氏は、田島氏が陛下を理解していたと言いましたが、今回のメモも、氏が陛下の意向を抑え、巡幸を止めようとしています。それでも私は、NHKの追加で、新しい発見をいたしました。天皇は現人神(あらひとがみ)でなく、ただの人間だと言うことを、国民に知らせるため、GHQが全国巡幸を強いたと、そう言う情報を得ていましたので、この話は小さな驚きでした。

 拝謁記のブログが長く続いているせいか、「ねこ庭」を訪問される方が少なくなりました。自分では一本調子でないと思っていますが、訪問される方には、陛下のことばかりで、退屈されたのでしょうか。それとも、NHKの悪辣さに眉をひそめ、これ以上ブログを読みたくないと、忌避されたのでしょうか。

 後者の理由であれば、有難いのですが・・・。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« どこまで驕るNHK - 43 | トップ | どこまで驕るNHK - 45 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
句読点 (テレビとうさん)
2019-09-10 16:41:33
--「朝鮮戦争の勃発後も、私が行けば、北海道を何かの時、見捨てぬという、証拠になる、などど繰り返し、北海道への訪問を、強く希望していたことがわかりました。」--

「証拠になる、などど繰り返し、北海道への訪問を、強く希望」ならば、『陛下はしつこい性格』と思わせます。

「証拠になるなどど、繰り返し北海道への訪問を、強く希望」ならば、『陛下の北海道に対する深い思い』を感じ取れます。

「、(読点)」の位置で印象が変わりますね。
Unknown (onecat01)
2019-09-10 17:14:35
テレビとうさん殿。

 元文は、下記です。
「朝鮮戦争の勃発後も「私が行けば北海道を何かの時見捨てぬといふ証拠ニなる」などど繰り返し、北海道への訪問を強く希望していたことがわかりました。」

 ご指摘の句読点は、ありません。息子たちが読みやすいように、私が現代仮名遣いに改め、句読点を入れています。

 ご指摘のように、句読点の位置で、意味は微妙に異なります。しかし今回の、NHKの報道は、句読点の位置がどうあろうとも、「陛下への悪意」と「冒涜」であることに違いはありません。

 腐臭漂うヘドロは、いかように眺めようとも、国民を毒する汚染物だと、考えております。

Unknown (hoshimitsuki)
2019-09-10 20:12:50
こんばんは😃🌃
退屈なんてとんでもない❗
いつもマンガばかり読んでいる私ですので、ねこ庭さんのブログは貴重な勉強の場です。
冷たく美味しい麦茶をいただきながら、ねこ庭さんの庭先で講義を聞いてる気分です。
時々はNHKへの怒りでプルプルしてしまいますが😅
実は、私も同じです。 (onecat01)
2019-09-11 20:14:56
hoshimitsukiさん。

 自分のことでさえ、大変な方から、こんな嬉しいコメントを頂くとは、予想もしないことでした。

 実は、私も、この「ねこ庭」で、本を読みながら、調べ物をし、過去の新聞を探し、勉強をしております。知ったような顔で、述べていますが、勉強したての知識が多いのです。

 実はここは、私にとっても、勉強の庭なのです。冷たくおいしい麦茶とは、気がつきませんでした。早速明日から用意し、NHKへの怒りで熱くなったら、せめて喉だけでも冷やしてみます。

 コメントに、感謝いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然の記」カテゴリの最新記事