ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

どこまで驕るNHK - 43

2019-09-10 07:53:01 | 徒然の記
 第5章の(5)の内容は、下記5項目となっていました。
  ◦   驚きだが、気をつけて見るべき         ・・・  日本大学・古川隆久教授
  ◦ 国際政治の冷厳な現実を重視 ・・・ 一橋大学・吉田宏特任教授
  ◦ 主権国家なら、当然と言うこだわり ・・・ 歴史家・秦郁彦
  ◦   リアリスト昭和天皇の、安全保障論 ・・・  志學館大学・茶谷誠一准教授
  ◦   大局的に考えている                            ・・・  日本大学・古川隆久教授
 
    4項目が終わりましたので、本日は最後の5項目めです。最後はやはり、番組制作に一番貢献した古川氏が、締めくくりの「お喋り」をします。

 【  大局的に考えている  】・・・  ・・・  日本大学・古川隆久教授
 「基地が置かれた、現場の住民からすると、」「納得のできない議論のようにも見えるが、昭和天皇は、」「仮に再軍備するにしても、日本を西側世界に残すためには、」「やっぱりアメリカ軍の駐留が必要だ、と考えていた。」「全体の利益から考えれば、基地が置かれた地域の住民が、多少不便を感じるのはしかたがないという、」「マクロな視点で見た、プラスマイナスで考えていることが、この発言に表れている。」

 「昭和天皇からすると、大局的な目で見たら、」「議論の余地のない問題だと認識し、それまで、天皇としてやってきた経験からも、」「大局的な立場で考えるのが、当然と考えているので、」「どうしても国民との間に、矛盾が起きてしまう。」「田島は、両方の気持ちがわかる立場だが、」「象徴天皇が、国民に受け入れられていくうえでは、決定的にマイナスだと判断し、」「いらだちはわかるけど、ここは黙っていてください、という判断になっていったことが、」「この記録から、うかがえる。」

 思った通り、この反日教授は、見当違いの意見を述べ、陛下を誤解するように仕向けます。
「大局的な立場で考えるのが、当然と考えているので、」「どうしても国民との間に、矛盾が起きてしまう。」

 政治は常に大局に立って考えますから、個別の関係者の利害と衝突します。対立する意見がまとまらなければ、政治が止まってしまいます。先人たちは、そのための工夫として、「最大多数の最大幸福」という、多数決の原理を考え、これに民主主義という名前をつけました。政治が行われる限り、利害関係者との衝突が生じるのは、当たり前の話なのに、氏はまるで陛下だけが、「国民との間に矛盾を起こしている」ような、言い方をしています。ならば氏は、当時の日本で、陛下と異なる、どのような意見が妥当というのか。私たちに、示すべきでしょう。自分の考えは言わず、他人の意見を批判し、否定するだけというのが、戦後の反日学者たちの常道です。

 「田島は、両方の気持ちがわかる立場だが、」「象徴天皇が、国民に受け入れられていくうえでは、決定的にマイナスだと判断し、」  ・・・  こういう馬鹿な意見は、拝謁記を読む限り、どこからも出てきません。田島氏が、両方の気持ちがわかる立場にいたと、誰がそんな受け取り方をするでしょう。NHKの違法番組を通じ、私たちは、陛下のお気持ちを抑え込み、陛下と吉田総理の意思疎通の邪魔をした、氏の姿を見るばかりです。陛下のご信頼を裏切り、こっそりお言葉をメモするなど、こんな人物のどこを見て、「陛下のお気持ちが分かる」などと、氏は言うのでしょう。

 「象徴天皇が、国民に受け入れられていくうえでは、決定的にマイナスだと判断し、」・・・と、 この文も、そうではなく、ホイットニー准将が作った憲法に合わせたいと、田島氏が、陛下を作り変えようとしたのではありませんでしたか。ブログの27回目で、氏は、自分が喋った言葉を、忘れたのでしょうか。

 【  昭和天皇を象徴にしていった田島とブレーン 】 
「昭和天皇が、田島との対話の中で、」「自らの考えが時代後れだと気づき、説得され、」「自分で考えて、納得した末に考えを変え、」「最終的に、落ち着くべきところに落ち着いていった過程が、」「この資料からよくわかる。」

 「田島長官が、一連のやりとりのキーマンなのは間違いないが、」「昭和天皇を象徴にしていったのは、田島とそのブレーンたちのグループだ、」「と言うことができる。」

 田島氏は陛下を理解したのでなく、「小泉、三谷という他のブレーンと共に、陛下を象徴にしていった」と、明言しているではありませんか。最後の最後まで、氏はNHKの犯罪的番組に協力し、陛下を貶める役目をしていたと、これで多くの国民が理解したと思います。

 やっと、第5章が終わりました。悪臭でなく、腐臭の漂うNHKの番組も、ようやく最後の6章になります。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« どこまで驕るNHK - 42 | トップ | どこまで驕るNHK - 44 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ねこ庭さんへ。 (テレビとうさん)
2019-09-10 10:04:44
--「陛下のご信頼を裏切り、こっそりお言葉をメモするなど、こんな人物のどこを見て、「陛下のお気持ちが分かる」などと、氏は言うのでしょう。」--

まさにその通りですね。「陛下の気持ち」を理解していれば「メモを取る」必要はないはずです。
陛下の発言が「意外で、自分には直ぐには呑み込めない」或いは「後で利用する為にメモを取る」と考えるのが自然と云うものです。
NHKの犯罪番組 (onecat01)
2019-09-10 10:14:49
テレビとうさん殿

 まことに明快な、ご意見です。メモを取る理由は、

 1. 自分にはすぐ、飲み込めない
2. 後で、利用するため

 どちらにしましても、田島氏のやったことは、犯罪行為ですから、それを全国、全世界へ発信したNHKの番組は、「犯罪」です。

 NHKは、解体すべき時が来ましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然の記」カテゴリの最新記事