ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

それでもチェコは戦う - 3

2019-06-12 21:19:25 | 徒然の記
 書評に入る前に、チェコスロバキアとはどういう国なのか、概略だけでも知りたくなりました。かってテレビの報道で、欧米諸国の人々が、日本のことを全く知らず、中国や朝鮮との区別もできないと知り、嘆いたことがあったからです。

 バールタ氏が、熱い思いで語る祖国について、何も知らぬまま書評するのが、申し訳なくなりました。しかし、ほんのちょっと、ネットを検索するだけで、同国について、そっくり同じ無知を晒している自分を、知りました。この国が現在、チェコとスロバキアという、二つの国に分離していることさえ、知らなかったのです。( 平成5年  チェコ共和国とスロバキア共和国に分離・ビロード離婚 )

 3年前、ひょんなことから、ノルウェーへ行きました。三週間ばかりの滞在でしたが、北欧について、いかに自分が無知であるかを知ると共に、感動もいたしました。ノルウェーは、第二次世界大戦後に独立国となりましたが、それまでの515年間は、他国に支配されていました。

 デンマークに130年間、スェーデンに380年間、ドイツに5年間抑えつけられていました。この間ノルウェーの人々は、国王を中心に耐え続け、やっと念願の独立を手にしました。日本に帰ってきて、私はブログに次のように書きました。

 「国際政治の場で、小国が、いかに大国に翻弄されるのかという実例だった。」「敗戦後に、紛れもなく小国と成り果てた日本が、」「米国、ロシア、中国などに、好き放題に弄ばれているけれど、お手本とすべきノルウエーがあったという発見をした。」

 国を守る軍さえ持てなくした憲法を持ち、戦後74年が経過しても、米軍が日本の各地に駐留し、制空権を握っています。対米従属状態から抜け出せないのは、アメリカのせいだけでなく、中国や朝鮮、あるいはロシアの思惑もあります。国内には、外国勢力と協力し、日本の独立を阻もうとする日本人さえいます。

 憲法を改正し、自国防衛のできる軍を持つこと。 ・・・ ここから日本の独立が始まるというのは、私ばかりでなく、国を愛する多くの国民の願いですが、中々ことが進みません。それだけに、失った独立を取り戻すまで、515年間も頑張ったノルウェーを知ると、励まされました。

 バールタ氏の著書で、新たにチェコスロバキアを知り、同じような感慨を得ています。スエーデンと違い、チェコスロバキアは、もっと複雑な歴史を持ち、もともとは、チェコとスロバキアという二つの国が、一つに合体した国家だったのです。同国の西半分は、かってボヘミア・モラビアと呼ばれ、これがチェコで、オーストリア・ハンガリー帝国に属していました。東半分を占めるスロバキアは、ほとんど千年の間、ハンガリーの一部となっていました。

 この間の事情つき、氏の説明を読みますと、両者の関係がよく分かります。

 「1918(大正7)年、第一次世界大戦後に独立国となった時、」「国土の西半分のチェコは、すでに高度に産業の発達した地域だった。」「文化的水準も、生活水準も、比較的高かった。」「しかし、東半分を占めるスロバキアでは、」「事情が違っていた。」「千年間ハンガリーの一部だったスロバキアは、文化的にも、政治的にも、」「とりわけ経済的には、著しく異なった発達を遂げた。」

 「ほとんど工業が無く、完全に農業地帯で、貧しかったスロバキアは、」「工業地帯として豊かな、チェコのための、」「安い労働力の供給源に、なったのである。」「両国を結ぶ絆となったのは、共通の民族の起源、」「すなわちスラブ族であることと、非常によく似た言語である。」「一つの国になったとはいえ、経済的に低い地位にあるスロバキアは、」「政治的にも低い地位となり、内部対立の要因を抱えていた。」

 これから先は、私の知らないことばかりで、小国の悲哀を知らされます。このままもう少し、氏の叙述を転記いたします。

 「1918年の独立時から、チェコスロバキアは海外政策の基礎を、」「西欧に置き、特にフランスを中心としていた。」「最初の憲法は、かなりの程度まで、フランス憲法の模倣であり、」「国家形態は、フランス、アメリカ、英国の、」「中間的なものであった。」「国家権力が、やがてファッショ化した、」「ポーランドやハンガリーやルーマニアと違って、」「チェコスロバキアは、1939(昭和14)年に消滅するまで、」「ブルジョアデモクラシーを採用し、中部ヨーロッパで、」「西欧民主主義の、いわばショーウインドーとなっていたのである。」「チェコスロパキアの主権と安全は、主として、」「フランスとの同盟条約によって、保証されていた。」

 ここから先の説明を読みながら、私は心の中で、日本の現在を思い、フランスをアメリカと読み替えながら、文字を追いました。大国は、自国の利益のためなら、小国との同盟を平気で破る・・という、歴史の教訓を見たからです。

 複雑な流れなので、どこまで息子たちに説明できるのか、自信がありません。詳しい氏の説明を引用する前に、ざっとだけ、推移を述べます。

 1.  フランスが、ドイツのチェコスロバキア侵略を黙認した。(フランスへの失望と怒り)
 2.  ドイツに侵略され、支配された。
 3.  社会主義国ソ連が、ドイツと戦い、救ってくれた。( ソ連への感謝と崇拝 )
 4. 今回ソ連が、武力介入して来た。(ソ連への失望と怒り)

 大雑把に言いますと、この流れです。チェコスロバキアの国民は、感謝し尊敬していた国から、二度煮え湯を飲まされたことになります。フランスとソ連です。どんなに悔しかっただろうと、彼らの痛みが伝わって来ます。しかし、それだけではなかったのです。3番目の話には、裏がありました。

 ドイツと戦っていたのは、米英仏とソ連でした。敵対する資本主義国と、社会主義のソ連が手を結んだのは、ナチスドイツ打倒のためでした。西欧陣営にいたチェコスロバキアを、ドイツから救うべきは、欧米諸国のはずなのに、なぜ彼らはそうしなかったのか。氏の言葉で言いますと、「ヤルタの密談」で、欧米の大国とソ連が、取引をしていたからです。

 ヤルタ会談での密約といえば、日本も無関係ではありません。ソ連の参戦を促し、北方領土を奪わせたのは、その同じヤルタ会談でした。チェコスロバキアもそうだったのかと、知りますと、他人事ではなくなります。話があちこちしますが、次回は、この憎むべき大国のエゴと、大国の横暴を取り上げます。息子たちに言います。日本には、たくさんの平和主義者と人道主義者がいて、今もなお、日本の戦争責任を叫び、憲法改正に反対していますが、どうか、このような愚かしい善人たちの、真似だけはしないで欲しい。

 本日はスペースがなくなったので、続きを次回としますが、次回で「ヤルタ会談」のことを知ったら、もう少し、大人の日本人になってもらいたいと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« それでもチェコは戦う - 2 | トップ | それでもチェコは戦う - 4 »

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事