ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

文明の衝突 - 26

2019-11-09 13:15:50 | 徒然の記
 氏の叙述に言及する前に、私は息子たちに、日本国憲法の前文の一部を、改めて紹介しようと思います。

 「日本国民は、恒久の平和を念願し、」「人間相互の関係を支配する、崇高な理想を、」「深く自覚するのであって、」「平和を愛する諸国民の、公正と信義に信頼して、」「我らの安全と生存を、保持しようと決意した。」

 「われらは、平和を維持し、専制と隷従、」「圧迫と偏狭を、地上から永遠に除去しようと努めている、」「国際社会において、」「名誉ある地位を、占めたいと思う。」

 「日本国民は、国家の名誉にかけ、」「全力をあげて、」「この崇高な理想と、目的を達することを、」「誓う。」

 かってはこの私も、反日・左翼の人間たちに負けないくらい、この言葉に感動したことがあります。ブログで何度も取り上げましたが、この美しい理想に感激したまま、今もなお、憲法を死守するという国民がたくさんいます。冷静になって読み返せば、美しい理想とは裏腹に、文章は酷いもので、アメリカから渡された英文を、急いで直訳したとしか思えない、おかしな日本語になっています。石原慎太郎氏に指摘されるまでもなく、私でもそのくらいのことは分かります。

 けれども、そろそろ目を覚ます時が来ました。米国の博学な政治学者である氏が、一体この著書のどこで、日本国憲法の素晴らしさについて語っているでしょう。わが国の善良な人々が、世界に類のない「憲法」と、崇めていますが、この憲法を日本に与えた、米国人の一人である氏が、これほど分厚い本の中で、一言も言及していないのは、なぜでしょう。

 文明の衝突という歴史を眺めている氏とって、日本国憲法は、何の価値もないからです。繰り返す文明の衝突を見れば、「平和を愛する諸国民」は、どこにもいません。諸国民の、公正と信義を信頼し、自分たちの安全と生存を保持しようと、そんな決意をする人間は、どこにもいません。

 美しい理想と、崇高な目的の大切さを、否定するのではありません。いつの時代にあっても、それらは闇夜を照らす明かりです。しかし一方で私たちには、現実を見る賢さが必要です。お人好しの善人は、国際社会では生き抜けません。かって大宅壮一氏が、テレビに毒される日本人を評して、「一億総白痴化」と言ったことがあります。このまま国際社会の現実に背を向け、美しい理想に目をくらまされ、国民を破滅させるしかない「憲法」を、神のように崇め続けるというのなら、日本国民は、「一億総お花畑」ということになります。というより、すでに、そうなっていることを、氏が教えています。

 「日本は、国内の米軍基地を、」「対中軍事行動に使用するのを、禁じるが、」「アメリカはその禁止を、無視し、」「そこで日本は、中立を宣言し、米軍基地を制裁隔離する。」

 「日米安保を堅持すれば、日本の平和と安全は守られる。」と、保守政治家の多くが強調しますが、ハンチントン氏は、日本人を信じていません。米中が戦端を切れば、日本は米国を支援せず、どっちつかずの「中立」になり、米軍基地の使用も禁止すると、その程度の認識です。実際に日本の政治家が、どのような判断をし、行動を取るのか、私には分かりませんが、米国の学者に、信頼されていないことだけは伝わります。氏が、ジョンソン、カーター政権に、関わった人物だということを、忘れてはいけません。

 「中国とアメリカは、共に相手の領土に届く、ミサイルを所有しているので、」「相殺効果が生じ、戦いの初期には、」「核兵器は使われない。」「核攻撃に対する恐怖感は、どちらの国の社会にもあり、」「とりわけ、アメリカに強い。」「やがて多くのアメリカ人は、どうして自分たちが、このような危険にさらされるのかと、」「疑問を抱き始める。」

 「南シナ海やベトナム、ひいては東南アジアの全域を、」「中国が支配したとしても、大したことではないでないかと、」「思い始める。」「中国の覇権主義勢力を打ち負かすには、」「あまりにも負担が大きい、この辺で終止符を打とうではないかということだ。」

 アメリカを第一とし、国益を優先させれば、こうした考えが出てくるのも、当然であろうと思います。もともとアメリカは、モンロー主義の国であり、他国に干渉しないという文化を持っていましたから、氏の意見も、的外れとは言えません。反論する人もいるでしょうが、過去の事例の研究結果として、未来予測をしていますので、聞いてみる価値はあります。

 スペースの都合で、今回はここまでとし、続きを次回といたします。聞く価値のない空想だと思う方は、スルーしてください。ただし何時ものように、息子たちは我慢して、父の後をついて来てきてください。
コメント   この記事についてブログを書く
« 文明の衝突 - 25 | トップ |  文明の衝突 - 27 »

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事