ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

汚辱の近現代史 - 4

2018-06-05 23:10:08 | 徒然の記

 藤岡氏の著書を、読み終えました。この本は、平成8年に徳間書店から単行本として出され、平成13年に文庫本として再販されたものでした。

 そして今日はまた、反省の日です。書評はやはり、読後にするのが正しいのだと、生きた勉強をいたしました。ことに、氏のような人物の著作には、慎重な取り組みが要求されます。

  巻末のあとがきから、氏の叙述を引用します。反省の意を込め、長くなりましても、面倒がらずに、転記します。
 
 「本書刊行に前後して、新しい教科書をつくる会の、」「結成の動きが起こった。」「初めは、歴史教育フォーラムという、連続のシンポジュームを積み重ね、」「ゆくゆくは、新たに歴史教科書をつくるところまで、」「視野に入れた運動として、考えていくものであった。」
 
 「しかしそれならば、いっそのこと、」「新しい教科書をつくる会、という会の、」「最終目的を明確にした、名称の方が、」「多くの国民に、はっきり分かるのではないかという、」「岡崎久彦氏のアドバイスに従い、」「運動の方向が、定められたのである。」
 
 「この意味で、新しい教科書をつくる会の、」「名付け親は。岡崎氏だと言える。」
 
 「平成8年(1996)12月2日、西尾幹二氏ほか、」「8人の呼びかけ人が、赤坂東急ホテルで、」「創立の記者会見を、行った。」「その後各界から、二百人以上の、」「多数の賛同者を獲得し、翌年に、会は、」「正式に、任意団体として発足した。」「年会費6千円で、一般の会員を募集し、現在その数は、」「一万人に達している。」
 
 「会の問題提起を受け止め、実際に教科書を、」「作成する作業に携わったのは、大手出版社の扶桑社だった。」「同社は、平成12年(2000年)4月、文部省に、」「中学校社会科の、歴史と公民の、」「教科書の検定を、申請した。」
 
  百千の言辞より、一つの実行と言います。あとがきを読み、単純な私は、反省いたしました。真の保守ではないとしても、口先だけの自分に比すれば、氏は反日・左翼の「敗戦思考」を糺す、具体的な行動をしています。
 
  自虐史観と氏が酷評する、教科書の記述が、新しい教科書をつくる会の実践により、追放される一歩を踏み出しました。多数の賛同者を集め、正式な団体として活動するというのですから、その実行力と熱意には、敬意を表さずにおれません。
 
  「その後、扶桑社の検定を、不合格にするための策動が、」「外務省アジア局の、一部官僚を中心に進められていたことが、」「暴露された。」「また、朝日新聞を初めとするマスコミは、」「中国・韓国にご注進に及ぶという、お定まりの行動をとり、」「外務省まで利用して、検定不合格を狙った。」
 
 「しかし、これらのすべての策動が失敗し、」「二つの教科書は、平成12年(2000年)4月に、」「ついに、文部科学省の検定に合格した。」「その後も、韓国・中国から、修正要求なるものが、出されたが、」
 
 「ことの真相は、むしろ、日本の国内勢力が、」「外国を巻き込んで、各地の教育委員会が進めている、」「教科書の採択に、圧力をかけているということである。」「それを、新聞が書き立てることで、」「扶桑社の教科書に対する、不採択運動の展開を狙っているわけだ。」
 
 門外漢の私が、前回までのブログで、批判をしてきたのですが、氏とその協力者たちの、反対勢力との奮闘ぶりを知れば、反省させられます。むしろ批判するのを止め、応援しなくてなりません。
 
 「全国の採択状況は、予断を許さない。」「しかし、歴史教科書改善の戦いは、今後も続けなければならない。」「まだ手がつけられていない、一番大きな問題は、」「中学校より、もっと深刻であるとさえ言える、」「小学校の、歴史教科書の改善である。」
 
  自己主張が強く、自己顕示欲も強い氏ですが、そのエネルギーが、教科書問題の改善に注がれるのなら、反対する理由はありません。氏が戦っているのは、反日の外務省官僚や、反日の朝日新聞ですから、相手に不足はありません。頑張って欲しいものです。
 
 私は、頭から日教組を否定し、嫌悪していますが、氏はその短慮を引き止めてくれました。氏は私のように、感情的にならず、日教組が果たした「功」と「罪」を、語ります。
 
 功は、教育面での、平等社会を実現させたことだと言います。「落ちこぼれのない教育、誰にでも分かる教育」、という教育理念のもとに、教材の開発や、指導方法の研究が、日常の活動として行われ、世界に類のない、知的平等社会をもたらしたとのことです。
 
 罪は、言うまでもなく、日本人の頭から、国への責任感、さらには、国家という観念そのものを奪ったことです。つまり、国家否定の教育です、
 
 日教組の功罪につき、罪の意見には全面的に賛成し、功には、半信半疑という気持ちですが、それでも、私は教えられました。組織の全体を否定することよりも、功罪を分析し、罪だけを批判・否定する方が、賢明ではないのかという発見です。
 
 腐れマスコミの筆頭である、NHKにしても、朝日新聞にしましても、「罪」ばかりがあるわけでなく、全国津々浦々にまで、様々な情報を提供し、国民生活を豊かにしている面があります。
 
 NHKや朝日など、腐れマスコミの反日報道は、その一部であり、一部の者がかかわっています。全部を否定せず、その一部とこそ戦え・・と、氏は明確に述べていませんが、私はそのように解釈いたしました。
 
 ということで、私も氏の全てを否定せず、功罪を弁え、穏やかな気持ちでブログを終えることとなりました。私の息子たちは、こんな父親を、なんと評するのでしょう。ずるいというのか、賢明というのか、呆れてしまうのか。聞いてみたい気も致します。
 
 だが息子たちがこのブログを読むのは、私が死んだ後でしょうから、聞けるわけがありません。訪問される方が、どう思われるのか、それは聞きたくありません。私にも、廉恥というものがありますから・・。 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 汚辱の近現代史 - 3 | トップ | 憲法九条巡る議論 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
事実を知る大切さ (HAKASE(jnkt32))
2018-06-06 21:26:27
今晩は。本日は、拙記事へのご見解有難うございます。

かねて危険性を感じていた、有田芳生・参院立憲民主参議ですが、
貴見解により 同氏の名前由来が分り、認識を新たにした次第です。
やはり「病原菌」に例えられる程危ないのは事実で、日共
と共に 公安監視対象とされる極左運動組織の 事実
上の顧問にも祭り上げられている様ですね。

やはり 次の国政選挙では、この様な「危険な活動家」
の多くを国会から退場させないと、と拙方も強く思います。

「汚辱の近現代史」についての貴記事は 一度通読さ
せて頂きましたが、一番の共感は「事実を正しく知る」
事の大切さですね。これは他の各位のご見解でもあっ
たと思いますが、特に教科書では 厳しく追及されない
と、とも思います。勿論これは、学問全般に言えなけれ
ばならない事でしょうが。

それと著者・藤岡信勝さんの「日本は二度 対米降伏
した」との見方は、拙方も興味深く拝読しました。
この見方が広く知られておれば、先の大戦後の東京
裁判についての 我国の受け止めは変わっていたと心得ます。

もう一つ「全部と闘うな、一部と闘え」の下りも、拙方も
押さえるべき事共と感じました。日教組にしましても、
全構成員が左派的闘争ばかりしている訳ではなく、中
には教育の質向上に、本気で取り組む方も それはあるかもですし。

要は事実を正しく把握して、明らかに不良、不正な所と
対決して参るのが大事、としいう所の概略でも、学べた
のが大きかったと心得ます。まずは、お礼まで。
事実を知る大切さ (onecat01)
2018-06-07 07:00:42
HAKSEさん。

 お早うございます。
 世間では、多くの場合、事実を、真実という言葉で表現いたします。

 隠されていた事実が、明るみに出た場合、真実という言葉で語られても、疑問が出ないからです。

 しかし私は、最近あまり、真実という言葉を使わないようにしています。

 真実は、多くの場合、時代が変わるとともに、真実で無くなっていきます。あるいは、解釈する人間次第で、真実が変化いたします。自然科学の世界でなく、社会科学の世界では、それが顕著です。

 だから私は、日々の読書で、真実でなく、事実を求めております。政府であれ、マスコミであれ、反日勢力であれ、諸外国であれ、多くの事実を国民の前で隠しています。

 隠されている事実を、自分の手で探し出せば、現在の日本で、何が正しいのか、間違っているのか、判断ができるのでないかと、私はそう思っております。

 あなたのコメントを拝見し、同様の姿勢を持たれていると知り、心強く思いました。おそらく、これが「学徒」の心構えでないかと、そんな気がいたします。

 書斎の虫の学徒でなく、ものを言う学徒として、これからもどうか、よろしくお願いいたします。
藤岡氏の「孤軍奮闘」 (成田あいる)
2018-06-10 14:34:15
連日、私の拙いコメントにおつきあいいただきありがとうございます。
お返事に悩ませてしまい、申し訳なく感じております。

さて、「つくる会」発足当時は、私も小林よしのり氏の漫画を、そしてその連載誌を愛読していましたので、当時の事はリアルタイムで知っていました。
小林氏は、あれだけ口汚く批判していた故・西部邁氏の事を、「愛読している」と告げられ握手を交わしたことで、「親・西部」に傾きました。
と同時に、同氏が「右」に取り込まれていったと思います。

「つくる会」の「教科書」自体、「不採択運動」とは全く関係なく、「採用」した自治体は極端に少なかったようです。
その後「つくる会」は「内部崩壊」し、多くの「同志」から見放された藤岡氏のみが孤立しました。
一連の「内紛」で、扶桑社から「三下り半」を突き付けられたりもしました。

一連のエントリでも書かれていましたが、藤岡氏は、教科書に対して数多くの苦言を呈していました。
が、「反日の外務省官僚」や「反日の朝日新聞」を相手に「歴史教科書改善の戦い」を繰り広げられているとしたら、藤岡氏の「孤独な戦い」も理解できます。
正に「孤軍奮闘」と言えるでしょう。
確かにNHKにしても、朝日新聞にしても、「反日」で突っ込みどころ満載ではあっても、様々な問題を提起しています。
「放送法改正」は遠のいてしまいましたが、いずれそのような「気運」が起こるものと思っています。
独立国としての日本 (onecat01)
2018-06-10 19:00:20
成田あいるさん。

 憲法改正問題は、敗戦後の日本が、米国の従属国となっているが、「未来に渡り、これでいいのか」
という危機感から、始まっています。

 私の中には、二つの自分がいます。

 1. 1日でも早く、憲法改正をしたい。
 2. 一旦失った国の独立は、100年や200年で
   は、取り戻せない。

 自暴自棄にならずに居れますのは、2の自分がいるからです。以前何度か、ブログで語りましたが、北欧のノルウエーは、デンマークやスエーデン、ドイツなどから、ずっと支配され、悲願の独立を手に入れたのは、やっと第二次世界大戦後でした。

 ずっと独立した国だとばかり思っていましたのでで、初めて知った時は驚きました。支配された期間は、なんと、500年を超えます。

 この間、ノルウエーは、独立を願う政治家と、支配国に心を売り渡した政治家が、ずっと対立してきました。

 敗戦後の日本に、似ています。支配国であるアメリカに心を売った政治家と、独立を願う政治家が、対立しています。加えて日本では、ソ連や中国という社会主義国に心酔する左翼政治家が加わり、国の独立を妨げています。

 その象徴が「現憲法」です。「自主憲法が」制定される時、日本の独立が達成されます。

 私は、常に「スエーデンの500年」を、心に刻み、長く続く戦争だと、覚悟しています。

「放送法改正」は遠のいてしまいましたが、いずれそのような「気運」が起こるものと思っています。

 だから私は、貴方のこうしたご意見に、賛同いたします。独立の気運は、日本人がいる限り、消えることはありません。世の風潮に合わせ、気運が高まったり、静まったりします。

 安倍内閣で、自主憲法の制定ができると、期待する方が無理なのです。息長く、根気よく、がんばることが大切なのです。

 自分の国を大切に思い、愛していれば、邪悪な思考に必ず打ち勝ちます。藤岡氏の孤独な闘いも、その歴史の中の一つですから、敬意を表しています。
(言葉足らずですが・・)

 コメントを、感謝します。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事