ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

どこまで驕るNHK - 46

2019-09-11 17:06:03 | 徒然の記
 本日は、下記第4項目めからです。 
  ◦  北海道への巡幸についての記述   頻繁に登場
  ◦  船で津軽海峡越え 治安当局も難色
  ◦  マッカーサー最高司令官 「しばらく延期して頂く事だ」
  ◦  ソ連の脅威も
  ◦   私が行けば北海道を  何かの時見捨てぬと言う証拠に
  ◦   専門家 「戦後巡幸の政治的な効果について、極めて自覚的だった」  
  
  【  ソ連の脅威も  】
  「北海道は、地理的にソ連に近く、第2次世界大戦で占領された北方領土も、」「間近にあることから、当時は、ソ連の侵略は現実的な脅威でした。」

 これが、書き出しの説明文です。こう言う状況を踏まえれば、陛下が、憲法改正と再軍備を願われても、不思議はありません。吉田総理が、警察予備隊を軍と捉えていたのも、当然の話です。NHKの番組では、反日の学者たちが、陛下を、「時代遅れの、古い考えだ」と、決めつけていますが、NHKは日本の公共放送として、大丈夫なのでしょうか。国民から、強制的に受信料をふんだくっていますが、このまま放置していて良いのでしょうか。

 今は話を横道にそらさず、本論へ戻ります。陛下と島田氏の拝謁メモです。
島田氏
 「北海道は、表面は治安がよろしい様でありまするが、」「千島に近い根室等へ、五列の者(※スパイの意)がいるとかいう、情報もありますので、」「北海道の御巡幸は、よほど考へませんと、いけませぬし、」「海狭の水雷等も、心配であります上に、」「季節的に、雪解けのすんだ時以後でありまする為、」「急ぐ訳にも参りませず、たとひ願います場合も、津々浦々でなく、」「比較的日を短くして、御願いする外ないか、とも考へております。」

 田島氏の言う「お願い」とは、GHQへのお願いなのでしょうか。そうとしか考えられませんが、敗戦国の惨めさが、伝わってまいります。

   ( 昭和26年2月13日拝謁時のお言葉 )
陛下
 「矢張り、北海道が、先になるかも知れぬ。」「その方が又、北海道を見捨てぬ意味になって、」「よろしいかも知れぬ。」

        (  昭和26年7月16日の拝謁時  )
田島氏
 「陛下以外の方ならば、北海道は何等の心配はありません。」「ソ連は、何をするか分らぬ国で、陛下の場合は、」「日程発表後、クレムリンが何を考へますか、心配ゆえ、」「陛下は駄目と存じます。」

   ( 昭和26年8月28日拝謁時のお言葉 )  ・・・ サンフランシスコ平和条約の調印の前月
陛下
 「朝鮮の休戦条約が、あんな風なのも、私は、」「9月8日の調印と関連があるように、思われる。」「調印したらば、その機会に、プレゼントに、」「朝鮮の大攻撃を初めるか、」「或は日本の、北海道にでも来るかという事も、」「あり得るのではないか。」
  (ソ連の侵略の脅威が、さらに高まっているという認識を示していたことが記されています。)

 敗戦後は、多くの学者がマルキストに変節し、しかも東京裁判の結果を無条件に肯定したため、彼らは、戦後の日本の危機的実態を、国民に語りませんでした。私が定年後に、夢中で本を読み始めた理由の1つのは、この空白を埋めたいからでした。戦後74年間、NHKと朝日新聞と共同通信社らは、共産圏のソ連や北朝鮮、あるいは中国について、客観報道をやめ、希望の国のような記事を書き続けました。それだけでなく、日本を悪者にするニュースばかりを流しましたが、そのほころびが、今頃やっと見え始めました。

 朝日新聞の慰安婦報道の大ウソが、その始まりで、今回のNHKの犯罪的番組が、駄目押しとなりました。彼らは、陛下を貶めるつもりなのでしょうが、ソ連やアメリカの動きを、そのまま伝えていますから、私たち庶民には、彼らが隠していた事実を知る結果になっています。腐臭漂うヘドロ番組ですが、彼らが、「報道しない自由」で、国民に伝えなかったことを、逆に教えられました。

   1.  「北海道は、地理的にソ連に近く、第2次世界大戦で占領された北方領土も、」「間近にあることから、当時は、ソ連の侵略は現実的な脅威でした。」

   2.  「北海道は、表面は治安がよろしい様でありまするが、」「千島に近い根室等へ、五列の者(※スパイの意)がいるとかいう、情報もありますので、」

   3.  「ソ連は、何をするか分らぬ国で、陛下の場合は、」「日程発表後、クレムリンが何を考へますか、心配ゆえ、」「陛下は駄目と存じます。」

 これらの叙述が、その実例です。戦前のマスコミは、戦意高揚の先頭を走り、国民を鼓舞していましたが、東京裁判で日本が悪と決めつけられた途端、「平和主義」「人道主義」に変節し、自分の国である日本を、批判・攻撃するようになりました。アメリカのことはもちろん、批判せず、ソ連や朝鮮、中国については、良い面ばかりを伝えました。こうして拝謁記の中で、力ずくで日本を改革したアメリカや、北海道へスパイを送り込み、潜水艦まで潜行させていたソ連のことなど知れば、「平和憲法」などと、自己満足してておれない世界が見えてきます。

 陛下の「沖縄メッセージ」も、この時期に出されたものであると考えますと、勝手な解釈で沖縄の分断を図る左翼学者や反日・野党の政治家が、日本の害虫であることが、ますますハッキリとしてきます。その総決算とも言える、「NHKの拝謁記報道」は、廃棄したり、削除したりせず、歴史に残る亡国報道の実例として、国立博物館に展示せねばなりません。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« どこまで驕るNHK - 45 | トップ |  どこまで驕るNHK - 47 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あやか)
2019-09-11 18:53:57
いつもながら、憂国と勤皇愛国の思いに満ちた猫庭様のブログを拝読して、感銘を受けております。

ところで、別の話題になりますが、
先日の台風は、御被害は有りませんでしたでしょうか?
少し、気になりましたものですから、、、、、、
台風の被害 (onecat01)
2019-09-11 20:03:55
あやかさん。

 千葉県は、激しい風のため、倒木、電柱倒壊などて、停電が続いています、この暑さの中、クーラーも動かず、冷蔵庫の中身は腐るで、多くの人が苦しんでいます。

 文明の利器が発達し、便利と快適が当たり前になりますと、こういう時には、手の打ちようがありません。

 激しい雨風に襲われましたが、幸運にも、私の住む地域は、停電の被害を免れました。同じ千葉県ですから、被害を受けた方々に、申し訳ない気持ちです。

 お見舞いと、励ましのコメントに感謝いたします。
まずは お見舞いを (HAKASE(jnkt32))
2019-09-11 21:28:15
拙ブログへのご見解を有難うございます。NHK問題につ
いての今回貴連載は拙想像を超える巨編の為、適切な
拙見解をまとめ切れていない事をお詫びします。

その上で、遅れましたが拙者からも先日の台風第15号
による風水害につき、一言お見舞いを申します。貴地
元は、ライフ・ラインの寸断はなかった様で一安心しております。

その上で、一部の芸能人を含む各位から、千葉県の
被災に関する報道が余りに少な過ぎるのではないかとの声に接しました。確かに東京都内の混乱が収まる目
途がつくと、此度の被災についての報は目立って減り
、為に千葉県下のダメージを詳しく知らないままの状
態でありました。謝

よもや NHKも朝日新聞他も、こんな場面で「報道しな
い自由」を行使しようとしたなどとは思いたくありませんが、
関東全域の被災状況を正確に伝えるべきは当然と
心得ます。この稿が通じたか、今 NHK夜のTVニュース
でやっと千葉県下の被災詳報を取り上げ始めました。
停電による通信障害いう不運は分かっておりますが。
まずは お見舞いまで。
拝謁記 (onecat01)
2019-09-11 22:41:03
HAKASEさん。

 拝謁記のブログが、こんなに長くなるとは、自分でも思っておりませんでした。最初は何気なく読んでおりましたが、昭和天皇への、あまりの冒涜に言葉が出なくなりました。

 NHKは、国民のために、沢山いい番組を作り、多くの人に役立っていますが、職員の一部に、不心得者がいて、劣悪な反日の番組を作ります。今回の拝謁記も、そうした一部の人間が製作したのだとは思いますが、国民の放送局としての位置付けと、影響力を考えますと、看過できません。

 番組の1つ1つに反論していましたら、いつの間にか、長いブログになりました。

 私がブログを書いている間に、台風が激しい風となって襲いました。この暑さの中で、クーラーもなく、水も止まり、電話も通じないのですから、大変な苦労をされている人が沢山います。

 無事であった自分が、申し訳なく思えるほどです。暖かいお見舞いに、感謝いたします。暑さが当分続きますので、あなたもご自愛専一に。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然の記」カテゴリの最新記事