ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

文明の衝突 - 11

2019-10-21 12:12:56 | 徒然の記
 思想、文化、民族、宗教等の違いで、国内が分断されている例を、氏の著書から引用する前に、今の私が知っている、深刻な分断国家について、書き出してみます。同時にそれは、日本のマスコミや出版物が、私に教えた事実ですから、氏の著作との比較になります。

 1.  アメリカ
  アメリカは世界に対し、自由、平等、人権尊重と、声高く主張し、これに反する国々を激しく非難します。韓国や中国人が、彼らの国で、慰安婦問題で日本を攻撃するとき、この捏造と憎悪の活動を黙認しているのは、米国人の多くが、自由、平等、人権尊重を、日本が無視していると考えているからです。

 しかし米国は、建国以来自国内で、克服しがたい人種差別問題を抱えています。それが黒人問題です。彼らはここに触れられることを忌避し、世界のマスコミも、この問題はあまり記事にしません。けれども黒人と白人の対立は、多くの良心的な米国人にとって、奴隷制度のあった過去も、現在も、そして未来も、国を分断する深刻な問題です。米国人の多くが、人種差別を乗り越えようと、渾身の努力をしていることを、私は知っています。

 2.  中国
 習近平氏が公言したように、中国は今、漢民族の歴史を取り戻し、栄光の過去を再建しようとしています。中国は多民族国家で、56 の民族で構成され、このうち漢民族は人口の約91%と圧倒的多数を占めています。残り の 55 民族を少数民族と呼び、彼らが居住する地域では、自治の原則に基づき、5 つの自治区、30 の自治州、123 の自治県が設けられています。

 中国の人口が14億人ですから、少数民族と言っても、他国と比較すれば、一つの国の人口に匹敵する民族が沢山います。しかもその民族は、資源の豊富な広大な土地に住んでいますから、中国政府は彼らの土地を、漢民族のものとするため、工夫を凝らしています。多数の漢民族を移住させたり、軍事力を使い、自治区の指導者を追放したり、殺害したりしています。

 新疆ウイグル自治区、チベット、内モンゴルなどは、その例になりますが、日本のマスコミは全く報道致しません。少数民族は、宗教も違い、文化も異なっていますから、いつ武力衝突が生じるのか、誰にも分かりません。漢民族が少子高齢化となりつつある現在、今後の中国がどうなっていくのか。経済だけでなく、深刻な国内分断の問題があります。

3.  韓国
  大統領が交代するたび、刑務所に入るという、不思議な文化の韓国は、「日本叩き」をすれば、国内が一つにまとまるという、おかしな国です。2000年の歴史を持つと言いながら、彼らは、高々35年間日本に統治されただけで、韓国がダメになったと大騒ぎしています。勇猛果敢で、優秀な朝鮮民族が、35年間も日本に屈従していたというのなら、どこが勇猛果敢なのかと、素朴な疑問が湧きます。

 しかもその日本による統治は、韓国人の一部知識層が指摘するように、韓国の近代化のため大きな貢献をした時期でもありました。韓国の指導層は、己の不甲斐なさを糊塗するため、悪いことは何もかも日本のせいにし、日本への憎悪を国民に植えつけました。日本の韓国統治が、全て正しかったとは言いませんが、善意でやったことの多くが、韓国人に逆恨みされていますので、日本がやったことは、「小さな親切、大きなお世話」だったと、私は自分なりに、結論を出しています。

 日本親派は、韓国内で知日派と呼ばれていますが、これは売国奴と同じ意味だそうです。戦後の韓国には、根強い日本親派と、憎悪派との二つがいて、国を分断しています。これが当分の間、韓国での大きな問題でしょう。

 氏の本を読んで分かったのは、韓国や中国が問題なのでなく、隣国というものが、常に問題になるのだと、そんな気がしてきました。日本の隣に、パキスタンがあり、インドネシアがあったとしても、常に摩擦やトラブルがあるはずと、いう予測です。風俗、習慣、思考方法が異なれば、摩擦の生じないはずがありません。世界のどこを見ても、隣国同士は敵対し、憎み合っています。仲良く行き来している国は、まったくありません。これがまさに、「文明の衝突」というものなのでしょう。

 中国や韓国・北朝鮮との関係が、今のままで良いと、そう言っているのではありません。せめて日本人の側だけでも、こうした現実を知り、無用な自己反省や、無意味な謝罪をしないように、賢くなりたいものです。願わくば、「九条への愚かな信仰」をする人間を減らし、現実に即した日本人を増やしたいものです。自分の国を守る軍隊を持ち、米国軍が、居なくなってもらえる国にしなくてなりません。

 軍隊は、敵を攻撃するだけの武力でなく、無謀な敵から、国民を守る力でもあります。ものごとを、一面からだけで判断してはならないと、昭和天皇も言われていましたが、これが自主独立国としての、世界の常識です。

 ( この辺りに来ますと、いつもの偏見になりますが、「九条への愚かな信仰」をする者は、ほとんど反日・左翼の人間たちであり、在日の活動家が悪乗りしています。世界の国々がどうであれ、日本の問題は、私たち日本人が片づけなくてなりません。 )

コメント (2)   この記事についてブログを書く
«  文明の衝突 - 10 | トップ | 文明の衝突 - 12 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一筋では行かない (成田あいる)
2019-10-22 19:26:30
お疲れ様です。
今日は「即位の礼」で「祝賀ムード」一色でした。
テレビで各国からの来賓が集まっているのを見て、日本は全然孤立していないように感じます。

が、まだまだ日本は「大人」になり切れていないというか、「自我」が確立していないというか、自己主張が出来ていないと思います。
日本は海外で報じる国は大抵欧米であり、アジアの政治家の言葉を報じないと言うことは言えると思います。
また、中国への長期に亘る多額のODAが、中国をのさばらせ増長させてしまったと思います。

「二重国籍」の政治家と言えば、その問題で騒がれた女性政治家が、二階幹事長の発言や神戸の小学校の給食へのカレー中止に「物申す」など、何かと言いたくてたまらないようです。
そういう人に、日本の固有の国籍のある政治家諸氏がここまで叩かれ、歯がゆいというか悔しい思いがあります。
そして日本の政界で「二重国籍」は、氷山の一角だと思います。
こうした問題で「多様性」と言う人もいますが、「多様性」の問題ではないと思います。

マスコミだけでなく「人権」を振りかざす連中も、ウイグル・チベット・モンゴルの問題には全く触れません。
しかも「人権」「平和」と何かと口にする人たちも、世界各国で起きていることには全く言及しません。
それどころか、「「九条への愚かな信仰」をする者は、在日の活動家が悪乗り」と言うことは、辛淑玉氏を見ても明らかです。

今日の「即位の礼」を見て、一見「世界は一つ」に見えますが、一筋縄では行かないと感じます。
こうして見ると、「軍隊要らない」などと言っていられないと思います。
即位礼正殿の儀 (0necat01)
2019-10-22 21:33:04
 成田あいるさん。

 私も終日、テレビを観ておりました。新しい陛下が、国内外へ向け、即位されたことを宣言されました。

 即位礼正殿の儀の、古式豊かな様子に、心が少し緊張いたしました。両陛下が、国民統合の象徴として在位されることを、祈りました。

 皇室の護持は、国民の務めであろうと思いました。共産党は欠席しましたが、無視したいと思います。昭和天皇の写真を燃やし、足蹴にする展覧会を開催した、岐阜県知事は、悪びれもせず、出席したのでしょうか。

 NHKは、報道の中で、女性天皇へ賛成する国民が、半分以上いると、早速洗脳報道をしていました。めでたい行事が終わりますと、また反日・左翼やグローバリストとの戦いが始まりますね。

 誠に、「一筋では行かない」日々が、始まります。これからも、どうかよろしく、お願いいたします。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事