ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

今日からが、本番です。 - 2

2019-07-22 21:20:00 | 徒然の記
 安倍自民党は、勝利したのか。反日野党は、健闘したのか。マスコミは相変わらず、勝手な主張を述べていますが、日本を大切にする私から見れば、「保守自民党」は勝利していません。

 選挙が終わりましたので、遠慮なく安倍氏の批判もできますから、自由に言わせてもらいます。保守自民党が勝利したのではなく、自民党の中の、獅子身中の虫たちが得票した・・というのが、現実です。反日・左翼の野党に入れるくらいなら、まだ自民党が増しだと、そんなに票が集まったせいだと、キチンと分析する評論家もいません。だから私は、「今日からが、本番です。」と、息子たちに語りかけます。ご先祖様から譲り受けた、大切な日本を守るための努力を、本日から再開です。

 田渕氏の意見を、紹介いたします。
「社会に何か問題があると分かっても、すぐには、」「解決できません。」「その問題が、どれだけ重要で深刻か、」「優先して取り組むべきことなのか、」「多くの人が理解し、納得して、」「初めて、対策が進むのです。」

 全くその通りです。日本だけの話でなく、諸外国においても同じで、歴史が証明する事実です。民主主義の国なら、一層そうなります。

 「多くの人が課題を認識し、問題意識を共有することで、」「少しずつ、世論が形成されていきます。」「そして政治家や、政策立案者に、世論が響くようになると、」「その課題に対する、社会のルール、」「つまり、政策や法律ができることになります。」「社会を変えるには、それなりの時間がかかるのです。」

 現在の日本で、これを一番実践しているのが、沖縄の保守活動家我那覇真子氏だろうと、私は常々思っています。「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の代表を務め、「 世直し、自分直し、沖縄庶民の会」をスローガンに掲げ、沖縄県内でキャンペーンを展開しています。世の中を直すためには、まず自分から変わらなくてならないと、家族と共に、地域の小集団活動を積み上げるという、地道な努力を続けています。偏向したマスコミこそが沖縄の敵であると、正しく狙いを定めています。

 チャンネル桜が支援していますが、沖縄の自民党や、東京の自民党本部は、なぜか及び腰で、協力の手を差し伸べません。中国による尖閣への領海侵犯を糾弾し、国防のため辺野古への基地移転を容認し、政府への強力な援軍活動をしているのに、理解も協力も聞きません。党内の親中派か、親中の公明党へか、一体どこに遠慮をしているのか、こういうところに、私は安倍政権の不透明さを感じ取ります。

 我那覇氏のことは、メインでありませんから、田渕氏の意見に戻ります。

 「恩師の言葉に倣って、時間がかかっても、」「社会を良くするため、人を大切にする社会を実現できるよう、」「これから10年と言わず、30年くらいは努力していかなければと、」「決意を新たにしています。」

 これが締めくくりの言葉ですが、私も同じ気持ちです。寿命さえあれば、10年でも30年でも、続けたいと思います。しかし最後に来て、田渕氏は左翼系の人間でないのかと、思えてきました。間違っていたら、謝らなくてなりませんが、私のこれまでの経験からしますと、「人を大切にする社会を実現できるよう・・」と、わざわざ強調する人物に、ロクな人間がいませんでした。嫌悪する反日・左翼の決まり文句ですから、この部分だけは、無視することと致します。

 「同じことを、たゆまず主張し続ける」ことの重要性を、田渕氏と恩師から、教えられました。さてここからが、一番大切な、本日のポイントです。この重要な役割を持っているのが、マスコミであると、息子たちも気づいたはずです。全国津々浦々に、同時に情報を発信し、1年でも5年でも、10年でも、「同じことを、たゆまず主張し続ける」機能を持っているのは、マスコミです。

 マスコミは、洪水のような情報発信力を武器として、権力の座にいた政治家や役人を、何人葬り去ったことでしょう。情け容赦なく、何人追放したことでしょう。マスコミは、「第四の権力」と恐れられ、傲慢な議員の鼻面さえ引き回します。だからこそ権力者であるほど、マスコミを危険視し、支配しようといたします。独裁国家である中国や北朝鮮のマスコミが、党の支配下にあり、何の自主性もないことは、周知の事実です。

 マスコミはまさに、「諸刃のやいば」です。適切に働けば、社会の木鐸となり、国民の幸福に貢献する公器となります。ちょっと間違いますと、おごり高ぶった、独善の凶器となり、社会に悪病を広めます。平成29年10月の衆議院選挙の時、自分が書いたブログを見つけましたが、今でも通用しますので、そのまま転記いたします。

 「腐れマスコミと、反日の野党に苦しめられた、保守自民党の議員諸氏は、」「選挙後の安定多数内閣で、私の提案を即実行すべきです。」

「  1. 国会議員の二重国籍を禁止し、日本人以外には議員資格を与えない法を整備する。
       ( 該当する議員には、期間内に帰化を促し、応じない者は国外退去とする。) 」

「  2. 放送法とは別に、公共放送法を策定し、NHKに国籍条項を定める。」「国から各種の支援を得ているNHKは、」「公共放送としての役割を明確にし、外国人の採用を制限する。」「役員の二重国籍は、国会議員と同様に禁止する。 」
  「 ( 該当する役員には、期間内に帰化を促し、応じない者は国外退去とする。) 」

 安倍総理が、本物の保守政治家であるとするなら、参院選後に真っ先に取り組むべきは、上記2点です。「憲法改正」に反対し、「皇室の安定」に反対し、捏造の大ウソを全国に発信しているのは、この2つです。安倍氏の本気度が試されています。国を大切にする私たちは、総理の行動をしっかりと見ていきましょう。
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 今日からが、本番です。 | トップ | 今日からが、本番です。 - 3 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいね! (テレビとうさん)
2019-07-23 08:31:23
テレビとうさん殿 (onecat01)
2019-07-23 08:36:47
 了解しました。
私が心配なのは、 (ハブグレジュンタのマミー)
2019-07-23 11:05:48
一応安倍首相が勝利宣言しましたが、虎ノ門ニュースの須田さんによれば、自民党大敗だそうです。
私は政治が大敗したと思います。49%にも満たない投票率。戦後2番目の低さだそうです。事前投票が過去最高となっていたのが救いですが。投票率が50%に満たない国は、民主主義を放棄した国とだいぶ前に何かの記事で読んだことがあります。民主主義を放棄した日本は何なんでしょうか。日本の将来、刹那的平和に満足している日本国民を考えると心配です。
出発です (憂国の士)
2019-07-23 18:04:02
onecat01さん、
参院選も終わりました、どのように総括されるでしょうか、私はコメントを控えておりましたが皆様の意見を厳粛に拝見しておりました。

消費税増税、納得いかない法の成立、強調しておきたいのは岩屋防衛大臣の弱腰に見る総理の更迭等の手段を取らない指導力のなさ。
韓国のさまざまな嫌がらせに毅然とした態度を見せなかった二世特有のひ弱さ、党内力学のなせる技とは理解しながらフラストレーションは如何ともし難かった。

権力をはき違えたマスゴミや特定野党の横暴に手をこまねいた優柔不断、国民のもどかしさがここにありました。
これらは、今回2/3に達しなかった最大の要因でした。

ここに来て見える灯火は韓国に対するホワイト国から普通の国への見直し、輸出規制の強化、外務省に代わる経産省の毅然とした態度への期待感。

竹島上空ではロシアの爆撃機に韓国の戦闘機が警告射撃360発! おいおい!勝手に日本の領土で何をどんぱちか、これが国際規範、世界は常に本番!!

>今日からが、本番です、
あなたが言うように、そして出発です。

反日野郎、非常識国家を見習えとは言いませんが、せめて笑って後ろから殴るだけの迫力は欲しい、安倍総理今までのウップン晴らして見ませんか ?

消費税増税・・・ヤメタ !
韓国、待ってろよ ! 日本の凄さ見せてやる !
マスコミよ、中国並みにされたいか ???

onecat01さん、
梅雨空に消えるシャボン玉、見果てぬ夢でしょうかね ?
私の見方 (onecat01)
2019-07-23 19:50:05
ハブグレジュンタのマミーさん。

 「投票率が50%に満たない国は、民主主義を放棄した国」・・・

 そういう説があったとは、知りませんでした。私の知る限り、日本人は民主主義を放棄したのではありません。またそれは、「刹那的平和に満足している」のでもありません。

 憲法を守れと、呪文を唱えていれば、世界が平和になると、そんなことを信じている、刹那的馬鹿者は、反日・左翼の「お花畑の住民」だけで、国民の一部です。

 今回の投票率の低さは、国を思う多数の国民が、「政治への不信」を意思表示したのだと、私は思っています。

 亡国の腐れマスコミが、弱小野党を記事にかき立て、大騒ぎしますが、野党に対する国民の支持率をみてください。立民を除外すれば、10%未満です。組合が後押ししているから、立民も、やっと10%を維持しています。

 投票率が低いときは、組織票を持つ野党が躍進すると言われますが、今回は20年ぶりの最低投票率なのに、自民党が過半数を維持しました。

 目先の票欲しさに、国の安全保障を忘れた政治家たちに、国民が突きつけた「ノー」が、低投票率です。国の安全保障とは、言うまでもなく、次の2つです。

 1. 憲法改正し、自国防衛のための軍を持つこと。 
 2. 皇室の安定を守ることは、国の安定を守ることであり、国防の要であること。

 腰抜けの政治家たちは、誰もこれを、一人として正面から語りませんでした。政治に妥協は必要ですが、保守の基本を崩壊させるような妥協をするようてでは、安倍総理も、国民に「ノー」を突きつけられる日がきます。

 低投票率は、民主主義の放棄でなく、国民の怒りの表明です。右も左も、政治家はしっかりしろと、国民が怒っています。

 どうか、これまで同様、アメリカから、日本の愛国者を応援されますように、お願いいたします。

 コメントをありがとうございました。
安倍自民党への怒り (onecat01)
2019-07-23 20:22:31
憂国の士殿。

 保守政治家を自称しながら、国民への約束を無視している安倍総理への怒り・・・。

 これが低投票率の理由だと、私は思っています。反日ばかりで、自分の国を愛せない野党に、国民は多数を与えませんでした。かといって、安倍総理にも、信頼が置けなくなった。自民党の議員の腰抜けぶりに、愛想が尽きる。だから、怒りを殺して棄権をした。

 私はこれが、今回の選挙だと思います。不特定多数の国民が棄権をすれば、組合と過激派活動家の組織に応援される左翼が、躍進します。天気が悪い日には、左翼が勝つと言うのが、選挙の法則と言われますから、棄権した多くの人も、気が気でなかったはずです。

 こんな無様な選挙でも、野党に多数を与えず、自民党を維持させたのは、天の采配であるとしか思えません。

 聞けば、安倍総理は、女性宮家を唱える党内の多数派に、妥協しつつあるといいます。こうなりますと、私には、安倍氏を支持する理由がなくなります。

 「梅雨空に消えるシャボン玉、見果てぬ夢」にしてはなりません。

 日本には多数の国民が、国を愛し、ご先祖様を敬い、皇室を大切にしています。私たちは、自民党の議員を、叱咤激励いたしましょう。


1. 国会議員の二重国籍を禁止し、日本人以外には議員資格を与えない法を整備する。

2. 放送法とは別に、公共放送法を策定し、NHKに国籍条項を定める。
「国から各種の支援を得ているNHKは、」「公共放送としての役割を明確にし、外国人の採用を制限する。」「役員の二重国籍は、国会議員と同様に禁止する。 」
 
 これは議員立法で、できることです。多数決で押し切ってでも、やらなければなりません。これが日本再出発の第一歩です。

 こんなこともやれないようでは、憲法改正も北方領土も、拉致被害者の奪還も、やれるはずがありません。

 国の安全保障のためには、これが最初のステップです。憲法改正に反対し、皇室崩壊を画策しているのは、反日・左翼議員と、反日・左翼マスコミの2つですから、これこそが日本の害虫です。

 ゆっくりと、やりましょう。
負けはしたけれど、大負けしなかった野党 (成田あいる)
2019-07-23 21:25:41
立憲民主党はじめ、今回も野党は敗れはしたものの、大負けはしなかったのではないでしょうか。

今回野党で象徴的なことを挙げてみると、

・立憲民主が議席倍増
・れいわ新選組が2議席獲得(これに引き換え山本・蓮池各氏が落選)
・「N国党」が晴れて「国会デビュー」
・社民党が辛うじて政党要件維持

と言ったところだと思います。
立憲民主など、蓮舫氏や辻元清美氏の問題があるにもかかわらずです。
このブログでも取り上げられていた、枝野幸男氏の問題を知れば、誰が立憲民主など入れる気になれるでしょうか。
にもかかわらず、こういったことはマスメディアでは報じられません。
逆に自民党関係者の「失点」ばかりが、「同じことを、たゆまず」報道され続けます。
今回の野党が、それほど大負けしなかったのは、国民の間に、「消費税」や「2000万」、さらにはNHK受信料に対する不満が高まっていたからではないかと思います。

そしてこれは、マスメディアが悪い意味で「同じことを、たゆまず主張し続け」てきた結果ではないかと感じます。
本来ならば、本当に自民党が強く安倍自民にも信頼があるならば、こういった結果にはならないはずです。
にしても、難病ALS患者を2名も国会に送り出して、れいわ新選組は面倒見切れるのでしょうか。。。

石田総務相は、「放送制度を崩しかねない」と早速NHKのスクランブル化に消極的な発言をしました。
総務大臣からしてこれです。
それでもねこ庭さんのおっしゃっていることは、すぐにでも実行しなければなりませんし、実現不可能ではないと思います。
自民党こそが、鍵です。 (onecat01)
2019-07-23 22:36:07
成田あいるさん。

 「猿は木から落ちても、猿だが、」「議員は選挙に落ちれば、ただの人。」

 誰が言い出したのか、昔からこんな言葉があります。落選を恐れる議員の心理を、言い得て妙です。落選したらただの人になるから、志がある限り、何としても当選し続ける・・と、この気持ちは分かります。

 しかし選良という言葉がある通り、政治家には、矜持がなくてなりません。左翼には左翼の矜持、保守には保守の矜持があるはずです。

 見分ける目は、選挙の一票を持つ国民が持っています。不特定多数でありながら、国を大切にする国民は、長い目で観察すれば、常識的な判断をしています。

 安倍さんは、国民の負託を受けながら、あまりに長く、付託に答えませんでした。最近は、策士のようになり、保守政治家の魂を忘れつつあります。

 中国とアメリカという大国に挟まれ、国の舵取りの大変さは理解しているつもりですが、政権維持のため、女性宮家に心を傾けるようでは、保守政治家の資格喪失です。

 愛国心のない野党は、何を言おうが、日本のためには害虫の集団でしかありません。お花畑の日本人に、それがわからないのは、反日のマスコミが、害虫集団を、綺麗な言葉で報道するからです。

 成田あいるさん、多くの国民の意識は、ゆっくりと、国を大切にする方向へと向かっています。一度の選挙で、諦めないことが肝心です。自分たちの代でできなくても、子供や孫が引き継いでくれるはずです。

 日本人のDNAを信じましょう。ゆっくりと、自民党の議員諸氏に、語りかけましょう。明日の希望は、保守自民党の中にしかありません。

 女性宮家に傾く安倍氏反対し、勇気ある行動をした有村氏もいます。こういう政治家を、私たちは応援しなくてなりません。全てはまた、今日から始まります。

 コメントを有難うございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然の記」カテゴリの最新記事