ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

どこまで驕るNHK - 42

2019-09-09 14:23:46 | 徒然の記
 「沖縄メッセージ」とは何か、について、ネットの情報を転記いたします。

 「沖縄県公文書館の公式サイトは、米国国立公文書館から収集したとして、」「 "天皇メッセージ " の、英語の原文を、」「平成20年3月25日付けで、公開している。」「日本語で紹介された概要は、次の3項目。」

  (1)米国による琉球諸島の軍事占領の継続を望む
  (2)上記(1)の占領は、日本の主権を残したままで長期租借によるべき
  (3)上記(1)の手続きは、米国と日本の二国間条約によるべき

 「終戦から2年後の、昭和22年9月19日、」「昭和天皇が、宮内省御用掛の寺崎英成を通じて、」「GHQの、シーボルト政治顧問に伝えられたもので、」「昭和54年、アメリカ国立公文書館で見つかった。」「当時のメモには、昭和天皇は、米国による沖縄占領は、」「日米双方に利し、共産主義勢力の影響を懸念する、」「日本国民の賛同も得られるとしていた、という。」

 NHKのお陰で、陛下のお考えを、親しく知ることができましたので、「沖縄メッセージ」について、図らずも正しい反証ができます。沖縄のマスコミは、NHKや朝日新聞以上の、反日ですから、彼らが鬼の首でも取ったように、陛下のメッセージを悪用している様が浮かびます。陛下のお考えを知っていれば、こういうメッセージは、陛下の本意でなく、あくまでも緊急の臨時措置として、米国へ伝えられたのだと分かります。

 昭和22年がどういう状況であったのか、ここを考えないと、的外れな意見となります。朝鮮では、アメリカとソ連が争い、激しく対立していました。北半分はソ連軍が支配し、南の半分は米軍が支配していました。米ソ両方が、朝鮮半島の覇権を狙い、一歩も譲りませんでした。昭和23年の8月に、米国の強力な支援で、大韓民国が成立すると、9月には、北朝鮮人民民主主義共和国が作られました。軍事力を背景にした、思想的対立が、一触即発の事態を招いていました。

 反日左翼の人間たちには、ソ連がユートピアの国に見えていましたが、日本の保守層は、共産主義の浸透を危惧していました。当時はまだ、ソ連の革命が、何千万という国民を虐殺し、弾圧している事実は知られていませんでしたが、マルキシズムが、日本の文化や伝統を破壊するものであるということは、知られていました。自国の利益のためなら、国際条約を破り、武力で他国を侵略する、スターリンについて、政治家なら知らないものはいません。

 朝鮮半島での、恐るべき対立と抗争を見ていれば、次は日本の番だと考えて、不思議はありません。まして、日本の国を背負い、波乱の年月を生きられた陛下は、なおさら危機感を抱かれたはずです。国の独立のためには、国を守る軍隊が不可欠と、陛下のお考えは一貫していましたが、現実の日本は、軍の全てを解体され、占領下にありました。陛下は自己保身のため、米国軍の駐留を求め、代償として沖縄を差し出したと、反日の学者たちが言います。だが陛下の「自己」とは、「日本の国民と領土」のことです。陛下が、日本と一体になり、生きてこられたことを、知っている私には、茶谷准教授の意見の間違いであることが、分かります。

 「沖縄とか本土の一部の地域に、」「駐留米軍を置いておくことで、日本を守るんだという考えが、」「昭和天皇の頭の中に、ずっと戦後通貫した考えとしてあったと、」「受け取っていいのでは、ないか。」「昭和天皇にとって、安全保障上の持論だったということが、」「今回の資料で、改めてわかった。」

 私も今回、氏と同じ資料を見て、ブログを書いていますが、陛下のお言葉から、氏のような結論は出てきません。「沖縄は見捨てられた。」「沖縄は差別されている」と、氏の狙いは、そのまま反日左翼のスローガンに利用されるのです。沖縄県公文書館を訪ねたことはありませんが、「沖縄メッセージ」の説明文には、おそらくそのようなことが書かれているのでしょう。

 氏と私の意見の差が、どこから生じるのか。息子たちは、真剣に考えてください。これが国を思う人間と、国をないがしろにする人間の差なのです。「国を思う人間」とは、もちろんこの私、お前たちの父です。

 日本が憲法を改正し、再軍備したら、米軍の駐留が不要になると、陛下のお考えは一貫しています。その時になっても、国の安全を守る観点から、北海道と沖縄には、日本軍の基地が置かれます。陛下が決められてそうなるのでなく、地政学的見地から、そうなります。息子たちのために、ここで再度、陛下のお言葉を引用いたします。そもそも、陛下の真意は、「沖縄メッセージ」にはありません。茶谷准教授には、お言葉全体の文章への読解力が、無いのでしょうか。息子たちは、もう一度、お言葉を読んで下さい。国を思う人間と、国をないがしろにする人間の差が、分かります。

   「世の中の事は、全部正しいとか、全部正しくないという事は、まずないので、」「一部は真理を言うが、一部の不完全は免れぬ、と言うのが物の常。」

 「基地の問題でも、それぞれの立場上より論ずれば、」「一応、もっともと思う理由もあろうが、」「全体の為に、これがいゝと分れば、一部の犠牲は、已(や)むを得ぬと考える事、」「その代り、一部の犠牲となる人には、全体から補償するという事にしなければ、」「国として存立して行く以上、やりようのない話であるのを、」「憲法の美しい文句に捕われて、何もせずにし、全体が駄目になれば、」「一部も駄目になってしまうという事を、考えなければと、私は思う。」

 「一部一部が、自分の利害の上から考へて、」「自分の利益権利という方に重きをおいて、全体の為にする、」「義務という考えがないから、困ると思う。」「日本の国防という事を、現状に即して考えて、」「日本としてなすべき事たるが、分かれば、」「誰かが、どこかで不利を忍び、犠牲を払わねばならぬ。」「その犠牲には、全体が親切に賠償するというより、」「仕方ないと、私は思う。」

 「米軍が、日本の準備なき内に、退去するよう仕向ける事は、」「いかぬと思う。」
コメント   この記事についてブログを書く
«  どこまで驕るNHK - 41 | トップ | どこまで驕るNHK - 43 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然の記」カテゴリの最新記事