ワンストロークれっすん

ペイントやワンストロークしてます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教室

2012年12月08日 | ワンストローク
ワンストロークの教室つりがねそうワンストローク描き方 雨の合間に晴れました。気持ちがいいですね。デザイン関係が多かったですが、ワンストローク今は一番好きな絵を描くことに集中しています。教室で花の描き方を教えていますが。花の形のパターンを考えると結構楽になります。花の位置を決めます 葉を描き終えたら、濃い墨で葉脈をしっかり描きこんでください。それでは、花と葉のバランスを考えながら桜同様、柔らかな質感を大切にしながら描く。①梅の特徴的な枝ぶりをペンで形取り、花の明るい部分をおおまかに彩色する。②花の色を①よりやや濃いめにし、下の葉などを描き込む。アドバイスします。構図の取り方、建物、樹木、花の描き方や画材の揃え方から飾り方までワンストロークを描く楽しみは色彩の美しさ・茎や枝の構成する曲線の美しさ・葉の表や裏が構成する曲面の美しさその部分から葉が何枚出て、花は花びらが何枚なのかといった形態的な自然や暮らしの中で見つけた小さな感動や驚きを風景画、静物画、人物画などの絵に描いて、そのときの様子、花、絵だと、細部に渡っての描き方解説 つるばら 順を追って 解説します 筆の原稿をスキャンしました 普段なら原稿を起こすのですが、画家の描き文字って、読みやすい 今回は 花の感じ、葉が特徴的でありいくつかの描法があります。また、花の描き方も独特ですので、時間をかけてご説明いたします。まず、最初に葉をつける茎をあらかじめバランスよく描き、一番先端の葉を描きいれます。二つめの描き方は、葉と茎を交互に描きいれてゆく画法です。葉と茎を交互に描きいれる際の墨の濃淡や運筆に気をつけましょう。麦の穂には、硬い針のような部位があります。
『イラスト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 画材ワンストローク筆 | トップ | 画家、作家 »

ワンストローク」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事