モノ作り、ハンドメイド大好き!ワン-オフ アイテム

「モノ作り」をテーマにしたコンテンツを中心で情報発信中!他にもパフォーマンスに関するエピソードや、身近な話題も記載。

バッテリー駆動の簡易PAで大道芸するなら

2015年09月29日 01時04分50秒 | 日記
このところ胃の調子があまりよろしくないね・・・う~ん、
寝不足やストレスからかな?


今日は大道芸はお休みでシルバーウィークで大活躍した機材たちのメンテ。

前ブログで紹介したリチウムイオンを詰め込んだ市販のバッテリーの
追加話題でありますが、
大道芸でこのバッテリーにインバーターつないでアンプやミキサーを
馴らしていて、「よ~~~し!!いよいよエンディング!!大技をキメて!!」と
思った瞬間にアンプの電源が切れてぷ~~~ん・・・・・。
・・・・あれ??電源は??と。

こんなことがないように1つのバッテリーでどれくらいの音量を出して、
何時間駆動させれば、バッテリーがなくなるのかを事前に調べておくことも
大切だけど、できたら目視できるような何かチェッカーがあると良いよね。

このスゴイバッテリーのフル充電状態では12.5~12.6V付近。
使っていくとどんどん電圧は下がっていき11Vを切るとインバーターが作動できなくなり、
100Vの出力を停止するセーフティー機能がついております。

数多くあるインバーターの製品の中には10Vを少し切るくらいでも
作動し続けるものも存在しておりますが、容量的に200Wクラスの製品しかありません。

大道芸の現場では最低でも400Wくらいは確保したいものです。
ちなみにスピニングは600Wで作動範囲の電圧は11V~15Vの範囲内。

どれだけ電気を使ったのか?

これを知るために自動車用のバッテリーチェッカーなるものを
接続してみました。

写真のコレ↓


LEDのインジケーターで残量を目視できます。がぁ、使ってみて思いました。
イマイチ正確ではない!!できれば数字でハッキリとわかった方がありがたいので、
ネット上でこんな部品を見つけました。

数値で表示してくれる電圧計。3V~15Vの範囲でオートレンジです。




アキバなどで250円くらいで売っているようです。↓

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08470/

電池も不要で、接続だけしてやれば母体の電源を利用して作動してくれる便利グッズです。
インバーターの12V出力端子のプラスとマイナスにそれぞれ
接続してやるだけで電圧を数字表示してくれます。





ムキ出し状態のままでは不安な方はフリスクのケースにでも
入れて基盤保護をしてやればそれで立派なデジタル電圧計です!!

これでバッテリー残量がハッキリとわかり、
いつ音響が切れるのかとビビリながらショーをすることからは解放されますね。



他にもLEDのイルミトーチ(ファイヤーショーができない場所での疑似トーチ)の
電池交換もしたりと、毎日結構忙しくしております。




電源が借りられない場所での大道芸の話

2015年09月27日 23時11分48秒 | 日記
今日の滋賀竜王ete前、くもり空で風強めでしたが
良い感じのショーが出来ました。

この場所では珍しいくらいにお客さんから声かけてもらえて楽しくできました!!


さて・・・。

ちょうどヘブン活動で葛西へ行ってきたばかりだし、
10月からはポップアップ活動もスタートしますので、
こういう活動でわたくしたちがどうやってパフォーマンスをしているのか、
たまには音響屋としての視点で舞台裏の話題に触れてみます。


東京都ヘブンアーティストや
ポップアップアーティスト名古屋での大道芸活動は、
基本的に場所の提供を受けるだけで、
それ以外は現場においての何の支援もありません。


※写真 昨日の葛西臨海公園 2回目のスタート時にポツポツと雨が・・



もちろん音響や電源なども借りられず、
すべてにおいて自給自足の中でパフォーマンスを展開しなければなりません。


やっぱり多くのパフォーマーたちが苦労してきているのは、
電源と音響の確保ではないかと思います。
実際にスピニングもこの2点については相当な苦戦をしてきました。


※写真 2009年ごろのヘブン活動で上野公園にて(懐かしいシーンです!!)


通常ならコンセントが近くになければ、発電機を使うか?ということになるのですが、
残念なことに屋外であってもヘブンやポップアップの活動では禁止となっております。

おそらくは燃料の事故や、エンジン騒音の関係かなと思いますが、
ショーをする側からすれば電源も音響も重要ファクターで、
必ずと言わないまでも、無いとかなり遣りにくくなってしまうもの。



ならば、ということで登場するのが高出力なバッテリーや電池駆動のアンプ。
手軽なのは乾電池が使えるギター用などの市販アンプなのですが、
かなり小規模用途でしか使えません。

それも20~30人程度の半径5メートルという範囲で、
周囲に自動車のノイズや生活音がない静かなところでなければ使い物にはならず、
負けじと出力最大にすれば音が割れ、MCなんかは何をしゃべっているのか解らないレベルで
警察無線の音声のようになっちゃって サウンドと呼べるような状態ではありません。(笑)



何種類かのギターアンプで充電式の大型の製品であれば、
まあまあ まともな音でショーが可能。

大きく重いので機動力は落ち、持ち歩きには苦労しますが、
それなりの仕事はしてくれます。

カタログスペックを見る限り使える時間に制限があるのが難点。
バッテリーが鉛のシールドタイプで音量にも左右されますが
30分のショー2回くらはできる容量だと思います。


もう少し使用時間に余裕が欲しい、持ち運びが楽な方かイイとなると、
シールドバッテリーはアウト!ってことになります。

なのでスピニングのケースにおいては、乾電池式のギターアンプなんて
初めから選択肢から除外。

鉛バッテリー充電式のアンプは使ってはおりましたが
すべてにおいて容量不足。瞬発力がなく音にもパワーが無さすぎました。


※写真は葛西臨海公園、これくらいのスペースで大道芸するならばそれなりのシステムが必要に。



結局は、バッテリーとインバーターで100Vへ変換することが一番最良です。

ただし100Vで使用するアンプの消費電力とインバーターの容量など、
十分な検討をしておかなければ後々手痛い事態に遭遇することに。
また、バッテリーのタイプや容量もとても重要となります。

インバーターも安くて容量の少ないものではアンプを慣らすことすらできません。
使用する音響装置や充電したい音源機器など総合的に判断すべきでしょう。


バッテリーの方はというと、鉛シールドバッテリーとかも試しましたし、
一時期はトラックに使うような自動車用バッテリーを使ってみたことがありましたが、
重すぎて腰を痛めます!上野公園は移動距離もあるので大変でした。(笑)

そして充電やメンテナンスなどケアに時間がかかります!これは論外でした。

現在の市販レベルでのテクノロジーで、
しかも簡単に通販で入手できるバッテリーとしてはリチウム系の大容量バッテリーが主流です。


元々は釣りで使う電動リールを駆動させるためのバッテリーで、
小型軽量なのが特徴で数社から様々な容量タイプが市販されてます。


※こちらは韓国の釣り道具メーカーのリチウムイオンバッテリー。以前使っておりました。



※こちらは現在多くのパフォーマーが使用しており、スピニングもコレ!


釣り用でなくても、非常用としてとか、キャンプ用とか、
携帯充電などの多目的でスゴイバッテリーというネーミングの商品が
パフォーマーの間では主流となっております。




スピニングはこのバッテリー2台を並列接続し、
600Wのパワーインバーターで12Vから100Vへ変換して
音響システム全体を駆動させております。

いつもの標準装備の音響システムは作動させられないので
ファニーショー用に製作したポータブルタイプのアンプ内蔵ミキサーを使いました。



音質はイマひとつですが、パワーもあって消費電力も抑えられるし
軽量なのが何よりも助かります。それに何と言っても安い!(笑)


インバーターの全面パネルにもコンセント2つの他にUSBソケットもあります。




スゴイバッテリーにもUSBソケットはあるので i podは充電機の心配はありません。
スピニングは携帯電話用の別バッテリーを使いましたが、これはノイズ対策のため。

スピニングマスターズのショー活動ではイベント4割と大道芸が6割くらい。
内、大道芸で9割が施設。残り1割が電源のない許可だけくれた半ゲリラ的な現場。

音響やら道具のことだけでも結構大変。
前日には充電を忘れないようにしたり万全を期して現場に向かうのです。


今日は滋賀県からの帰り路で渋滞。

疲れました・・・、もう寝ます!


電池不要のパッシブタイプのミキサーを製作

2015年09月25日 00時32分36秒 | 音響関係
本日、夕方4時頃にスピマガ10月号を配信いたしました!!
10月のスケジュールなどもバッチリ記載しております。


ついでに・・と言っては何なのですが・・・

ちょうどスピニングマスターズのホームページに記載した
伊那谷道中かぶちゃん村の報告記でも少し触れた自作ミキサーの話題。

ちょっと前のことですがショーをする現場で
小型のミキサーが必要になり、簡単な部品だけで自作しました。

現在のスピニングマスターズのショーでは
3台のipodを音源として使用しておりますが、
頻繁にボリュームコントロールをしたり、
2台のipodから同時に音を名がしていたりしている関係で
こういうコントローラーが必要になりました。



ただ、意外とこんな単純なボリューム調整をするだけの
3チャンエルのミキサーは販売されておらず、
ならば自分の使用用途に合わせて自作ということで作ってみました。

ipodのライン出力からはステレオ信号。
PAに接続するときにはステレオである必要はなく、
むしろモノラル信号の方が使いやすいので、
このミキサーを通した段階でモノラル音声となるように作りました。

以下の条件を満たして一番部品点数も少なくなるよう設計。

1、できるだけコンパクトで場所を取らないこと。

2、ステレオ信号を入力し、モノラル信号を出力できるように。

3、3チャンネルとして3台のipodの音量を個別に調整できること。

4、ボリュームのツマミが扱いやすいこと。

5、電源、電池が不要であること。

部品代としてはざっと千円チョイでできました。

回路図ではありませんが、内部はこんな感じで・・・。




スピニングマスターズがショーをしているときには
ボリュームのツマミから手を放すことがないほど
絶妙なタイミングで音量をコントロールしているので
消耗部品としても安価で簡単にメンテナンスができることもメリットでした。


これが缶製品です。



ほぼ1ヶ月、いろんな実践現場で使ってみましたが
使いやすくて、何かと便利。

電池交換などのわずらわしさはありませんが、
パッシブタイプなので抵抗の分だけ音量ダウンしてしまいますが、
それほど爆音を出すような現場もありませんから、
現状ではベストな仕様だと思っております。





本日は快晴です

2015年09月21日 10時19分13秒 | 日記
本日の伊那谷道中かぶちゃん村は快晴に恵まれております。

こんなにイベント盛りたくさんで、開園と同時にすごいお客様がご来場頂いて、こんな光景を見させてもらって感激です!!!

先ほど子供御輿が来てくれて、スピニングマスターズ万歳!をしてくれました。




なんだか俄然やる気になった!

スピニングマスターズのシルバーウィーク報告記はホームページの方で後ほど。

先日の花火会場で

2015年09月17日 01時16分52秒 | 大道芸
12日のジャズドリーム長島での大道芸。

気温はまあまあ。

天気も良さげ。雨の気配はなし。

JUN先輩と世間話をしたりしながら
入れ代わりして数回のショーをしました。

久しぶりに気持ちよくできたショーでありました。




そして、ジャズ大道芸の翌日 日曜日は午前中から岐阜県の現場。

そして午後からは このブログでも告知させていただきました
あいち健康の森での花火会場でのショー。

行ってみたら こんなにも広い場所。



どうやってパフォーマンスエリアをコントロールしようかと
メンバーでいろんな角度から話し合いました。

まず、何と言っても超広い!!

明かりがなく、ショーをする頃には真っ暗。

小さなお子さんも多く安全確保が最優先。

などなど、検討を重ねて万全の準備をして 6時半ごろからショータイム!!



開始した時は少し空も明るかったんですが、
エンディングのころには辺りは真っ暗。



スピニングマスターズのショーが終わりその5分後には・・・



大迫力のエンターテイメント!!!

しかもこんな距離感で手筒花火を見たのも初めてでした。



なかなか見ることができないので後片付けも忘れてすっかりギャラリーに成り切って楽しめました。



今日は滋賀竜王の予定でしたが雨でお休みとなりました。


こやって津軽三味線をスタートしました。その3

2015年09月08日 11時41分45秒 | 三味線
愛知県も台風が直撃だねぇ。

今年の9月は雨が多くなるって天気予報で言っていたけど。


日曜日はジャズドリーム長島の大道芸ができなくて、
一昨日は滋賀竜王のステージ前で数回できたけど、帰りの高速で降りだしたし、
昨日は一日中、名古屋はザーザー状態です。

来月 ポップアップアーティストの活動現場となるポイントをママと下見に行ってきました。
ハワイアンのランチを食べながらでも大道芸が見れてしまうという素敵な場所です。(笑)





早目に台風がすぎてしまえば、
今日のジャズでの大道芸は夕方から何とか1回くらいはできるかな??






さてさて、津軽三味線に最適なマイクって?というお話の続きです。

いろんなタイプのマイクで、実際に津軽三味線の音を拾ってみて、
自分たちの使用方法や現場の環境に合うマイク探しは続いておりますが、
今の自作マイクにたどり着くヒントになったマイクの登場です!!!

音響機材は多くは楽器屋さんへ行ったって専門的な製品は売っておりません。
よって、ネットで通販した方が選択幅も広くなるし、
何と言っても安くて速いので、どうしてもネットになっちゃいます。

このマイクもネットで探して評価なども参考に購入してみました。

バイオリンやギターなどに向くとあり、スペックも以下の通り。

コンデンサーマイク、ラベリアタイプ
無指向性
周波数特性:20Hz-20KHz
感度:-58dB
最大SPL:130dB
S/N比:68dB



JTSのCX-500という製品。実際に手にしてみるとかなりのミニチュアでした。(笑)


三味線には付属の固定パーツを使ってとりあえずこの位置に、こんな感じで・・・。



ウインドシールドも被せて・・・。

テストができるだけの簡易的に装着。





数か所の大道芸フィールドでテストを予定しておりましたが最初の屋外現場ですぐにNG。

撥のアタック音が原因なのと、どしても狙ったところの音が拾えないし、
大道芸の現場というのは意外とノイジーで周囲の雑音を拾いまくってしまって、
現場では使い物になりませんでした。

おそらくホールやステージなど環境が整っているところであれば
安定したマイク性能を発揮できたのかもしれません。


このCX-500の小さなカプセルをアルミ製のハウジングに入れて装着してみたらと思い
100均をウロウロしてこんな材料を揃えました。



アトマイザーってヤツです。

これの先端に1ミリ程度の穴を開けて中にマイクを仕込みます。
黒を10本ほど欲しかったんですが、店頭在庫がなかったので・・・
面白半分でピンクとブルーってのも買ってみました。(笑)


で、黒は5つ穴、ピンクとブルーは7つ穴にしてみました。






これだけの材料でどれくらい変わるのか?

円筒形のキャップとゴム板を一緒に伸縮チューブで束ね
振動対策のため ウレタンを接着。扉のスキマとかに張る防風&防音材です。





早速ウレタンにマイクを挟むように入れて・・・





円筒形のキャップの中へ位置が狂わないようにイン!





完成です!





三味線のこの位置に装着。


自宅で小さなアンプだけでテストしてみた感じは良さそうでしたが。

後は現場でテストというところまで来ましたが、
続きはまた。






音量測定

2015年09月06日 17時43分21秒 | 音響関係
今日は久しぶりの全国規模での大雨ですね。

名古屋の中区にも警報が出ております。

そんな状況なので ジャズドリーム長島での大道芸は中止とさせていただきました。

予定されていた皆様すみませんでした。また次回、応援してやってください。


写真は昨日の三菱重工ファミリー祭。


スピニングマスターズのホームページ 報告記を更新しました!!
http://www.spinning4.com/


ちょっと話題をかえて。

最近はいろんなところで音量のチェックをしながら大道芸活動をすることが多くなり、
音量測定器なるものを購入しました。

きちんとした日本メーカーのものを購入しようとすると数万円。

ものは試しにと 人柱になるつもりでこちらの商品を通販で買ってみました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B008BK2FO0?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o00_s00

わずか二千円ちょい・・・、安い!!

日本製の精度の高いレベルチェッカーと並べて音量測定をしても
意外とピッタリ同じで正確でありました。

これ、使えるね。



音量規制がある現場では必須アイテムとなりますが、
毎回これを持ってギャラリーの間をウロウロするわけにもいかないので、
もっと手軽に測定できる方法はないものかと。

アンドロイドにもありましたが、iphoneのアプリで音量を測定できるアプリがありました。

しかしながら元々は電話なわけで、レベルチェッカーと比較しても
誤差はプラスマイナス10~15㏈以上!さすがにそこまでの精度は求められません。

そこで津軽三味線のマイクシステムを自作するために購入した
コンデンサーマイクを使ってiphoneに取り付けられる超小型の外部マイクなるものを作ってみました。




4極のプラグ50円、そしてコンデンサーマイクが50円、配線少々と
いらなくなったウインドウシールド1つ。




完成!!! 合計100円チョイと格安です!




装着してiphoneアプリで音量測定を立ち上げて、実際に測定してみました。
ちょっと低めではありましたがまあまあの精度。




サイズも超小型で道具箱に1つ入れておけばいつでも使えて便利ですね。


8月おわりっ!!

2015年09月04日 00時44分01秒 | 日記
この夏の思い出。

数年ぶりに復活した 伊那谷道中かぶちゃん村の夏まつり!!
ナイター営業でファイヤーショーをした後、
スピニングマスターズはじまって以来 初の盆踊り体験!(笑)




そして雨の日でも大道芸ができました、滋賀竜王のete前でのスペース。
決して広くはありませんが、頭上にはルーフがあるので少々の雨の心配がある日でも大丈夫!!




そして初めて見たデンパークでの花火。
その直前まではファイヤーショーをしておりました。




暑さで大変でしたが、その分、思い出深い夏となり、
毎日が充実した日を送ることができました。


8月完了!!!!