おなか荘

 空き部屋あります。

歌182

2018-11-16 19:50:09 | Weblog
毎週の ように頭を 取り替えて
アタッチメント 壊れて泣いた
Comment

歌181

2018-11-15 09:05:17 | Weblog
隙間から 冬の空気が 流れ込み
俺の居場所を 奪いやがった
Comment

ライフ

2018-08-25 20:52:58 | Weblog
いつも立ち寄るスーパーの入り口の横にある、休憩コーナーには、日頃は、老人がポツポツ座っていて、たまにスーパーで買った惣菜で一杯やってるチームがいたりする。今日は珍しく若いカップルがいたので気になってよく見てみると、男性は二十歳くらい、女性は17歳くらい。刺身パックを食べている。キハダマグロのブツ。渋い。横には明太子が丸ごと4房。塩分か気になるところだ。男性は何も飲まず、女性はパックのイチゴミルク。二人は既にかなり深い関係であると見た。男性が笑顔で幸せそうだ。前髪がスネ夫みたいな感じで前に飛び出しているのだが、ちょうど同じ位置まで前歯も飛び出していた。


帰って気がついた。あれは兄妹だ。


今日は25日の土曜日。兄が給料をもっらったのは昨日の金曜日なのだろう。

妹よ!お兄ちゃん、初任給をもらったぞ。好きなものを食わせてやる。
兄は覚えていた妹が昔言っていた好きなものをスーパーで買ったんだろう。マグロ、明太子、イチゴミルク。妹はメールで呼ばれるままに、このスーパーに呼び出され、休憩コーナーに座った。兄の嬉しそうな顔。マグロ、明太子、イチゴミルク。さあ、好きなだけ食べろと兄の笑顔。

全部好きだ。確かに私は昔それらを好きだと言った事がある。でもね、お兄ちゃん、食べ遇わせってあるじゃない。マグロにはとろろじゃない。明太子には、ご飯じゃない。イチゴミルクには、お菓子じゃない。でも言えない。凄く嬉しそうに私を見ているから。そして、私もうれしいよ。ありがとうおにいちゃん。

多分、その瞬間を僕は見た。
専門学校卒業前から始めていた就職活動はうまくいかず、気がつけば8月末。
兄はやっと就職した。そして、妹との食事。


多分キットのキットの多分。

あぁ、妹の前歯を確認できていれば。
Comment

歌180

2018-08-22 20:05:09 | Weblog
ボクが朝 脇に挟んだ 体温計
夜には君が 脇に挟んで
Comment

歌179

2018-08-18 17:09:54 | Weblog
会社から 出たすぐそこの スタンドに 警察官が 3人来てる
Comment

歌178

2018-08-18 17:04:24 | Weblog
校庭の 朝礼台に ため息を
吐いて座った 童貞の俺
Comment

歌177

2018-08-17 21:41:02 | Weblog
ザリガニを 取った帰りの 自転車で
急にやめろよ 誰が好きとか
Comment

歌176

2018-08-17 21:37:57 | Weblog
偶然を 求めて引いた デタラメは
何も私に 見せてはくれず
Comment

歌175

2018-08-17 21:35:57 | Weblog
カタカタと 鳴る扇風機 OFFにして
ニャーと子猫の 声が聞こえる
Comment

歌174

2018-08-17 21:33:04 | Weblog
手を繋ぎ 右折信号 無視をして
どこまで行くの 風のビル街
Comment

歌173

2018-08-17 21:22:17 | Weblog
飛行機の 標識浮かぶ 首都高を
見上げ風吹く 蛎殻町さ
Comment

歌172

2018-08-17 14:44:05 | Weblog
さっきまで 溢れ出てきた 鼻歌は
髪をすすけば 泡と流れて
Comment

歌171

2018-08-17 14:35:31 | Weblog
朝方に ヘリコプターの 夢を見て 
睨み付けたり クソ扇風機
Comment

歌170

2018-08-16 12:31:19 | Weblog
間違って 高い山芋 買ってきた
嫁は笑って ととろをつくる
Comment

歌169

2018-08-16 12:26:56 | Weblog
スーパーで 榎を見ても イカ見ても
あなたのことが 思い出される
Comment