富田林百景+ 「とんだばやし」とその周辺の魅力を発信!

大阪の南東部に位置する人口10万あまりのごく普通の町、とんだばやしの魅力を、市民の手で発見していきます。

奥の谷の水の生き物池での観察

2018年06月20日 | 里山保全活動
6月17日、「富田林の自然を守る市民運動協議会」(富田林の自然を守る会)主催、親子で楽しめる行事として、奥の谷(里山)で「水の生き物池での観察会」が開催されました。総勢48名の親子・孫連れが参加されました。「水の生き物池」は過去の水田を沼地として、自然の生き物、草花を繫殖するために作られました。当日は子供たちの背丈までのびた水草「カサツキ?」等をかき分け、泥んこになりながら、「メダカ」「オタマジャクシ」「トンボのヤゴ」等11種類の水の生き物を捕獲しました。その様子を紹介します。  2018.06.17 撮影。 . . . 本文を読む
コメント (2)

奥の谷の田植え

2018年06月09日 | 里山保全活動
6月9日、当日は梅雨時期であるが、夏日の暑い日であった。「富田林の自然を守る市民運動協議会」(富田林の自然を守る会)主催、親子で楽しめる行事として、奥の谷(里山)で「田植え」が開催されました。総勢64名の親子・孫連れが参加され、守る会のスタッフの指導のもと、泥んこになりながら、田植えが無事終わりました。その様子を紹介します。  2018.06.09 撮影。 . . . 本文を読む
コメント

伐採竹・間伐木を利用したDIYの小屋完成

2018年05月11日 | 里山保全活動
富田林の自然を守る会において、中野町竹林内にチッパー(伐採竹を細かく裁断する機械)の収納小屋をDIYにより完成しました。本年2月中旬から、収納小屋の作業を開始し、材料は全て伐採竹・間伐木を利用しました。3月初旬までは富田林の自然を守る会の前線基地、奥の谷(彼方)で木材の裁断等大変な作業で有った。3月中旬に準備した木材を中野町竹林内に運び、地面を水平に整備し、木材の組立作業に入った。奥の谷では、柱やホゾ穴等に番号を付けていたが、番号が薄くなっており、屋根に勾配をつけるため、前と後に5㎝の差を付けていたが、組立時に片方が反対に組立て失敗してしまっていた。やむを得ず屋根の組立の時に調整し、何とか4月24日に完成しましたので、その経過を紹介します。なお、現在は角材で機械で精製出来るようですが、やってみて、気の遠くなるような地道な作業で大工様には、敬服に堪えません。2018.05.11  kusu . . . 本文を読む
コメント (2)

みんなで種まきしたレンゲ

2018年04月29日 | 里山保全活動
彼方奥の谷で昨年10月14日に稲刈り体験ののち、みんなでレンゲの種をまきました。本年もレンゲが開花しましたので、その経緯を紹介します。又、自然を守る会では、自然保全活動と自然に親しむ催しが多く開催されております。「広報」や「自然を守る会」のホームページでご案内しておりますので、参加をお待ちしております。 2017.10.14と2018.04.21 撮影 . . . 本文を読む
コメント

富田林国際ワークキャンプ

2018年03月14日 | 里山保全活動
国際交流の一環として、『富田林国際ワークキャンプ』がNICE・富田林の自然を守る会の主催で、期間2018年3月9日~3月12日、場所富田林市彼方(奥の谷)を拠点で開催されたました。今回は香港と日本のキャンパー20名が参加し楽しい思い出と(富田林の自然を守る会)のスタッフのご支援を得て無事終了いたしました。小生も作業に参加したため、全ての作業状況を撮影出来なかったが、結果と状況を紹介します。 2018.03.14 kusu . . . 本文を読む
コメント (1)

どんど(焼き)と餅つき開催

2018年01月14日 | 里山保全活動
1月14日(日)富田林の自然を守る市民運動協議会主催、奥の谷(彼方)で、一般参加者48家族、NICE(非営利団体)27名、世話人14名、総勢117名(大人89名、子供28名)が参加し、どんど(焼き)と餅つきが、所狭しと盛大に開催された。午前中は、書初めと、炎が3m以上も上がる大きなどんど(焼き)。午後からは、里山で収穫したもち米1斗を2.5合に分けて4回も餅つきを行った。参加者や子供たちが重いきねを振り上げて楽しそうに餅つきの体験をした。1回目はきな粉餅、2回目はあんこ餅、3回目は納豆餅、4回目は出来立ての熱い餅を、参加者や子供たちが個々に丸餅をつくりました。この様子を紹介します。なお、6月は田植え、10月は稲刈り、11月は稲こぎを予定しております。大勢の参加者をお待ちしております。  2019.01.14 KUSU . . . 本文を読む
コメント (2)

伐採竹を利用した奥の谷の男子小屋完成

2017年12月31日 | 里山保全活動
富田林の自然を守る会の前線基地、奥の谷において男子小屋(トイレ)を、本年8月後半より12月末までDIYで手探り、手直ししながらようやく完成いたしました。材料は全て伐採竹や間伐材を利用しております。大きさは約幅1.5m・奥行1.8m・高さ2.2mで三面を竹柵、一面は両開き扉となっております。写真の説明日付は部分的に完成した後の撮影日です。長くなりますが完成までの経緯を紹介します。  2017.12.31 kusu . . . 本文を読む
コメント

間伐材を利用した踏台

2017年12月23日 | 里山保全活動
東公民館において、担当者が毎日検針するガス・水道のメーターが約1mの段差の下にあって、現代踏台が腐敗しているため。自然を守る会において間伐した間伐材を利用したDIYで踏台を制作しましたので、紹介します。2017.12.23 . . . 本文を読む
コメント

奥の谷稲刈り

2017年10月14日 | 里山保全活動
10月14日『富田林の自然を守る市民運動協議会』(富田林の自然を守る会)主催、親子で体験できる行事として、奥の谷(里山)で「稲刈り」が開催されたました。これは、6月11日に田植えを行った稲穂の稲刈りでした。本日は天候不順の為、参加者が少し少なかったが無事終了いたしました。その一部を紹介します。2017.10.14 撮影 . . . 本文を読む
コメント (2)

国際ワークキャンプ大阪富田林2017

2017年09月16日 | 里山保全活動
国際交流の一環として、『国際ワークキャンプ大阪富田林2017』がNICE・富田林の自然を守る会の主催で、期間8月31日~9月14日、場所富田林市彼方(奥の谷)を拠点で開催されたました。キャンパーの楽しい思い出と(富田林の自然を守る会)のスタッフのご支援を得て無事終了いたしました。期間中の日程は主に午前中ワーク、午後は会員等の歓迎会等・オモテナシ(習字・お茶・お花等)がありました。小生が参加させて頂いた日の一部を紹介します。なお、肖像権等の公表は了解を得ております。2017.09.16作成 . . . 本文を読む
コメント (1)