つれづれなるまゝに、野ざらし。

馬鹿ばっか大集合。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

通勤バッグを更新したのだ。ワンショットサイドネオ。

2019年11月23日 | ブツヨクキングダム
なーんも考えずに使っていた通勤バッグ。
BOBLBE-E SAM 09。
ボブルビーのおケツバッグである。
硬いシェルが特徴的なこのバッグにお弁当の絹ごし豆腐パックを入れてます。
しかし、内装はやぶれ、外装はシミができている。
一体いつから使ってるんだと自分の日記ブログを読み返すと実に2009年5月の30日から。
実に10年も使ってたのか!
新品の頃の写真。

モデルのマイサン・せーたろー0歳9ヶ月である。

10年も経つと・・・・・

両方とも変化がスゴイですな。

その頃の記事。
10年間ありがとう。お疲れ様ボブルビー。
でもまだ壊れたわけじゃないから何かに使うけどね。


さて、今回相棒に選んだのは釣具のバッグを作ってるL.S.D. Designsのワンショットサイドネオ。
釣りバッグなだけに大容量で色々ポケットがついている。
こりゃ便利だわい。
さて、毎日使い倒すぞー!

コメント

大江山をウロウロ。

2019年11月17日 | 
出張で但馬空港から伊丹空港へ飛び立つ。
ATR42は空港を発つと大きく東をめざす。
天橋立が見え始めた頃に真下に見える山。
どの山だろな、なんて調べてみたら大江山連峰だった。
こりゃ楽しそうだ。一度登ってみなくては。
で、実際に登ってみた。
ほんとは9月ごろに行こうかな、思ってたんだけどね。


自宅から但東町を抜け約1時間。
加悦双峰公園に到着。誰もいない。
駐車したら山の中で迷わないようにルートが記してある看板をパチリ。
これでドコからドコへ向かっているのか名称がわかります。
では身支度を整えたら出発!

午前9;45分。
出発して30歩めで出会った注意看板。

ま、まぁ一応鈴はつけてますし。
ほかに登山者いないけど。


午前10時30分
いきなり登頂。看板では80分と書いてあったが45分でついた。
標高832m。千丈ヶ嶽。


見晴らしはそこまでないと聞いていたが、氷ノ山から蘇武岳、但馬ドームまで見える。


さて、ここから連峰を縦走。
隣の鳩ヶ峰(746m)までトコトコ。
おおっ、千丈ヶ嶽の下りはけっこう急だぞ。
木の階段を滑らないように降りる。
つまり、帰りはこの階段を登らなければイカンのか。

午前11時10分。
出発から30分ほどで鳩ヶ峰に到着。

ここは景色がいいなー。
天気良くて見晴らしが素晴らしい。
来てよかった!
心が洗われます。

お昼ごはんは山メシ。

カップラーメンにおにぎり。
高いところですするカップラーメンの美味しいことよ。

ベンチに寝転ぶ。
ただただ青い空。
大江山は旅客機の航空管制塔があり、飛行機の通り道となっている。
何機もが上空を連なって飛んでいる。
余談だが、ワタクシの飛蚊症も沢山見えた。老化か?

メシを食ったら来た道を戻る。
急坂だと思っていた千丈ヶ嶽への登りも一度通った事のある道だと不思議とシンドくない。

いわるゆ枯れ葉の絨毯をテクテク。
休憩もあんまししないで出発点の加悦双峰公園分岐まで戻ってきた。

午後12時50分
なんか物足りないなー。
そうだ、もうひとつの赤石ヶ岳も行ってみよう。
看板には「千丈ヶ嶽 1.5km 80分」、「赤石ヶ岳 2km 45分」と矛盾を感じる記載があるが、たぶん30分くらいで頂上につけるのではないか?


登りながらさっきまで登ってた頂上を振り返る。

大江山。ええ山だ。好きになった。

午後1時20分。

赤石ヶ岳(736m)の頂上につく。
大きな岩がゴロゴしていて、さっきまでの山達とは違う印象。

景色よし。
福知山市街が見える。


福知山の向こうにある京都を想像する。
大江山いく野の道の遠ければ、まだふみも見ず天の橋立。
小式部内侍(こしきぶ の ないし)さん、大江山の頂上からもギリで天橋立は見えません。
湾は見えるけど。

さて、満足したので下山。
双峰公園の車まで帰着。

頂上でご飯は食べたがせっかく加悦まで来たのだから食べてみたかった「鬼そば」

たしかに歯ごたえスゴイっす。噛んで食べる蕎麦。
美味しかったな。

で、帰りに疲れをいやすシルク温泉にはいりました。
本日。ざっと2,000円で一日遊んじゃったなー。
ざっと10km歩いた。
ウロウロしたい欲求も解消。

楽しかった。山はいい。
ほんとはもう1つの峰である鍋塚(763m)も行きたかったけどこれは近々次回の楽しみにとっておこう。

帰り道の神社。
但東町薬王寺の大生部兵主(おおいくべひょうす)神社。


あまりにイチョウが素晴らしすぎて寄ってしまった。

大きな木だ。青空に伸びる真っ黄色のイチョウ。
黄と赤の美しさ。

これが今年の秋の思い出。
コメント

カシオ データバンクのベルト交換

2019年09月09日 | ブツヨクキングダム
長々と仕事で使っていたカシオのデータバンク。
時計置き場をふと見るとベルトがちぎれてる。


なぜ?
よっぽどの事がないと千切れないと思うが、一体何があったのか。
(だーれも知らないと言うが・・・)

これ幸いとばかりにアマゾンで何かいい替えベルトがないかな〜?と物色。
NATOストラップはたくさんあるし・・・と、見つけたのはマグネットの力でベルトの長さ調整をするヤツ。
仕事でも使えそうな柄だ。決定!


ワンタッチで装着できるので便利。
だが、仕事で使っていると名札の金属とか、クリップとかがくっつく。
気にならなくなるまで少しガマンかな。
コメント

最後の稲刈りにできるかな

2019年09月08日 | つれづれ
令和初めての稲刈りが終了。
今年の採れ高は例年並みかな。

毎年、兼業農家を続けてきたが、もう限界。
今年は草刈りも1回しかしなかったっけ。
仕事を持ちながら米を作るのは無理だな。
来年は営農組合にまかせよう。
できれば先祖伝来の田んぼも売ってしまいたいのも本音。
子や孫が後で困るかなら。

ちゃんと卒農できますように。
なむー。
コメント

近所の山をウロウロ

2019年09月06日 | 
行きそうで行かないトコに行ってみた。
但馬空港の山にジワジワ光る赤い灯。
航空障害灯があるんだなーと思っていたけどどこにあるんかわからない。
本日は最後の夏休みを利用してその辺りの山歩き。


空港の西側をちょっと登ると滑走路が見える。


20分ほど少し傾斜のきつい坂を登ったらもうついた。


これが航空障害灯。


もちろん中に入っちゃいけないよ。

ただピカピカするだけの灯りだが、たぶん100万円くらいする。
鉄塔は別料金。


すぐに登れてしまったので、返す刀で岩井にある「なさ里山の森」に登ってみようと思いつく。

ここは以前、我が家の大掃除でごみ捨てのために竹野のクリーンパークから帰る途中に軽トラで寄ったら山崩れで山頂まで行けなかった所。

今回はまだ山崩れが直ってなかったイカンので徒歩で登ることにした。
つっても徒歩で500mほど。
あっちゅう間に頂上が見えてきた。

30分で登頂。

わりと景色は見えるが眺望がいい!とは言いづらいな。
もっと木を切ってほしー。

それでも矢次山や来日山はよく見えるし奈佐地区の村も見える。


頂上にはあずま屋。

トイレもあるよ。

広場もある。


頂上のあずま屋でいつも通りカップラーメンを食って下山。
本日は大変自己満足欲が満たされましたとさ。
よかったー。
コメント

令和初めての西表島。令和元年8月21日から25日までの巻

2019年08月21日 | つれづれ
何度目だ西表島。去年に引き続き何もない島をめざす。
もとい、人間的なのが少ないのであって自然のモノはありまくりな島をめざす。もう普通じゃ満足できない体になっているのだ。

令和元年8月21日(水)
少し遅めの盆休み。
今年も朝4時起きで西表島に出発したのでした。

いつものスカイマーク。
ぜひ神戸から石垣島直行便を復活させてほしい。
スカイマークが破綻する少し前の期間だけはあったんだよねぇ。


どこを飛んでいるのかは分からないが、とりあえず地球と宇宙の隙間から。
地元の空港から飛ぶプロペラ機ATRはもっと地球よりなので宇宙の端っこを感じられるジェット機はすごいね。
(東京方面に飛ぶときは宇宙を感じないからこの雰囲気は沖縄航路限定なのかなぁ)


たぶん本州を抜けると見えてくる島々。
この島にも一度行ってみたいな。なんて思う。
その気にさえなれば行けるんだろうな。西表島に行くのと同じだ。ケツを上げるケツ断をすればいいだけ。
カンタンな事だ。すんのかい。せーへんのかい。


2時間かからず、あっちゅうまに那覇空港。
スクランブルをかける戦闘機の勇ましい離陸音よ。
いつも大変お疲れ様です。ありがとう。

那覇空港の第2滑走路(って言うの?)の工事も順調に埋め立てが進んでる。

ハッ!
も、もしかしかして第2ターミナルができたらスカイマークもソラシドもソッチにおいやられるのか。
やーめーてー。
しかしまぁ、那覇空港のピーチやジェットスターの乗客に対する扱いよ。
倉庫の片隅に追いやられるもんなぁ。
そちらがもう少し人間的な扱いを受けられるのなら良いことだ。
あのパイプ椅子よ、仮設トイレよ・・・。とほほ。

なんて思いながら那覇空港でトランジットしたソラシドは快適に石垣島を目指す。(トランジットって言ってみたかった)

サンゴの海!

我が日本海も美しいがフィリピン海も美しい。
来たよ来た来た1年ぶりぶりお久しブリーフ。石垣空港。


西表島に渡るためには船に乗らなきゃいけないので石垣島離島ターミナルにむけてバスにのる。
30分に1本くらいの間隔であるので有り難し。
離島ターミナルに行くまでに途中下車しドン・キホーテによる。
ここで職場用のお土産やら自分用の泡盛やらをしこたま買い込み自宅へ郵送しておく。
だって西表島にお店はないんだもーん。

買い物もすんで離島ターミナルを目指す。
家族4人ならタクシーでもいいかななんて算段してる途中にバスが来たので乗った。
大人(中学生含む)3人に小児1人。
バス代の計算が難しい上に小銭を両替しなければならない。
ちゃんと小銭は用意しとかないといけないね。

で、離島ターミナルについたら午後2時すぎ。
腹減った。とりあえずスパムむすびとジューシーむすび。

うめぇ。


マイサンズと奪い合って食うた。

午後2時半。
高速船の出港時間。

具志堅用高像と記念写真を取り、ポケモンGOのポケストップを回してから船に乗り込む。

早起きしたので育ち盛りの坊っちゃんは船の中のわずかな時間でも充電中。

わしゃ寝たくても起きてしまうお年頃よ。うまやらしい。

じゃびーん!(効果音)
ついたついたよ大原港。

嬉しいなぁ。嬉しいという感情がわく。なんでだろ。
ともかく西表島についた。嬉しいなぁ。

港からスーツケースをコロコロ転がして徒歩3分くらい。
ついたのは今回のお宿。
なみ荘です。

コンパクトながら必要にして十分な装備。
Wi-Fiないと死ぬマイサンズも納得のフリーWi-Fi完備!
(せっかく南の島に来たのにインターネットに浸るのやめーや。)

今回はとてもリーズナブルに予約がとれて洋室の2人部屋を2部屋。
ワシとマイサンせーたろーが同室。エアコンの温度設定に文句を言わない系の二人です。(きょーたろーも文句は言わないけど)

さっそく宿のWi-Fiで世界の情勢の動向を確認するせーたろー。
聞こえてくるブンブンハローYou Tube。

少しは自宅から1600km離れた所まで連れてきてやった甲斐があったな、と親父に感じさせろ。マイサンズめ。

ワタシャ部屋の窓を開け、湿度にまみれた島の空気を肺胞の一番奥まで吸い込む。
ハイホー!旅に来た。実感。

窓の外の景色。


コンクリートで出来てる家。防風林。青い空のすぐ向こうに海がある。


昔ながらの家。その生活のニオイ。
ワシが求めてた旅の景色そのものなのだ。

そーゆーニオイを求めてお客さんは西表島に来るんだろな。

タクシーでごんす。

宿に荷物をおろし、ご近所を探検してるといかにも南国の松だなって木が群生してる下に神社を発見。
大原神社です。


せっかくなのでお参りする。ん?招き猫が飾ってある。

ワタシャ、よそ者なので作法が分からないがとりあえずあまり中に進入しないようにして手を合わす。


目の前を亀が2匹横切る。
たぶんセマルハコガメ。天然記念物。
おおー!ワタクシが小学生の時に図鑑で見た事があるゾ。
頭がポコっと完全に閉じる亀。
憧れの亀に出会えた。ありがたや。
この神社の神様の思し召しに感謝!


神社の横にはシーサーちゃん。

沖縄本島とは違う作り方。
おちゃめな表情がかわいいね。

神社の向かいには西表離島振興総合センター。

なななんと!25日(日)に「ぱいぬ島まつり」があるらしい。
職員がその準備をされていた。

わーん。25日(日)はワタシャ帰る日ですやん!とほほ。リサーチ不足。
仕方ない。センターの運動場の横には沖縄の妖怪キジムナーが本当にいそうな立派な木があったのでキジムナーを探してみた。


この西表離島振興総合センター前にはバス停があって上原まで行けるようだ。
道をほんの少し、何百メートルだけ歩くとサトウキビ畑が広がっている。

はるか向こうには山。
沖縄は海のイメージだが、ここ西表は完全に山なのだ。
西表島は山!お忘れなきよう。

宿・なみ荘に帰る前にもうすこし探索。

ふむふむ。案内看板を見つつ


港に到着。

竹富町の離島ターミナルはほとんどこの形だな。
だから、いかにも来たぞー!っって気になるんだな。

陽が落ちてきた。

自宅を出てから12時間は過ぎてる。
思えば遠くへ来たもんだ。

ホゲーホゲーと腹の虫が鳴くので本日は宿で飯食って就寝。
これまた久しぶりの本場で飲むオリオンビールを飲んでたら知らぬ間に就寝。
おやすみんみん。

8月22日(木)

民宿なみ荘の朝ごはんは基本、おにぎりです。
西表の食材が使ってあってうまーい。
腹にも溜まって1日の元気がでますなぁ。

さて、レンタカーを借りる。
走行距離15万キロオーバーの軽自動車タント。
ゴワンゴワンいいながら走るがまったく気にならない。
上原方面をめざして1時間ほど走るとちゅうにチョットよってみた。

由布島にわたる牛車。
まだ朝が早いので観光客はだれもいません。

今日は何をしようか、せっかくだから泳ごうかって事でお宿の女将さんにきいた。
そしたら大原の人も魚を見ながら泳ぐなら上原まで行くようだ。
で、紹介されたのはやっぱり星砂の浜


ここは去年も来て魚と戯れたな。

すぐそこの向こうに見える島までサンゴがあるのでほぼ足がつく。時間によっては流れが出るので少しだけ気をつける。


持ってきたソーセージを潰してやるといろんな色の魚がよってくる。
ああ楽しや。

水もきれいでいい浜だな。


お昼前まで2時間ほど泳ぎ、西表の海を堪能。
お昼ごはんを食べるためにお店を探す。
そー言えば前々回(だったっけ)に泊まった白浜の公民館なのに民宿の「海人の宿」を見に行く。

相変わらずでよかった。
次回はここにもまた泊まりたいな。

デンサー食堂で八重山そばを食べた後、去年泊まった宿の近くにあった宇那利崎公園を見に行く。

ここから見る海は果てしなくて素晴らしい。

天気も上場。気分良し。

ダラダラと宿へ帰る道。
っつってもまだ午後2時過ぎ。
ふと「西表野生生物保護センター」の看板を見かけたのでハンドルを切る。
ここは環境省の施設。
無料でイリオモテヤマネコやらといった八重山の自然が勉強できる施設。
クーラーありがたし。

イリオモテヤマネコの標本を見たり鳥の鳴き声を聞く。


イリオモテヤマネコって毛の色がけっこうバラバラなのね。
本当に我が家のミルと変わらない大きさ。
ここでスタンプをもらって帰る。


宿に帰ったら本日のワタクシのお役目はゴメン。
オリオンビールを飲みながら自由時間。
宿の周りをウロウロ歩く。まだまだ暑い。


徒歩3分の港に歩いてきてしまう。

ここでポケモンGOを堪能する。沖縄県限定のサニーゴを捕りまくる。


これがサニーゴ。沖縄限定!沖縄限定だから。
(ついさっきまでマイサンズがWi-Fi経由でインターネットの世界に浸っている事を憂いていたような気がするが)


だんだんと陽がくれてきた。
風が強いく生暖かい。

実は・・・台風が発生していたのだ。


天気予報はこのとおり。


一度くらいは本場を台風を味わってみるのもいいかーなんて呑気に考える。

早い雲の流れを見ながらホゲーと大原港ですごす。


そうそう。ぱいぬ島まつりは残念ながら中止となりました。
ほんのチョットくらいは見れるかな?と期待していたので非常に残念。

宿でご飯を食べる。
宿の前にスーパーがあるんで食べ物飲み物にはぜんぜん困らない。
自販機を探すのにも苦労する西表島では非常に便利な立地でよかった。

今宵もアイスとビールと缶チューハイを求めて玉盛スーパーにむかう。
Edyとかは使えます。

さんざん酔っ払いながら、台風が来たらどーしよーかなーと考える。
宿の漫画コーナーで過ごすのも悪くないなって思う。

よし、からかい上手の高木さんを読んで過ごそうと決める。
本日はここで就寝。

8月23日(金)

台風の影響はいつ頃からでるのだろうか。
まぁ午前中は問題ないっしょと、八重山地方限定の乳酸菌飲料「元気クール」を飲みながら車を走らす。


本日は浦内川をカヌーで遡上するのだ。
実に2年ぶりだっけか。

さっそく落水してもいいように水着に着替える。


(ここからはまだまだ現役iPhone5sを防水ケースに入れてるんで写真が荒くてすんません)
ワタクシはせーたろーとのチーム。

せーたろーもパドルを漕ぐのは慣れっこである。

ガイドさんと共に計3艇で川を登ってゆく。



途中、マングローブことヒルギ達の群生地に立ち寄り自然のレクチャーを受ける。
トントンミーが跳ね回るんがかわいいねぇ。

さて、浦内川の支流の宇多良川を登り始める。


見えてきたのは炭鉱のために作られたのであろうか、もう使われていない橋。


崩壊しかけの橋であるが、歴史と当時の賑わいを感じることができる。


遡上していくとウタラ炭鉱の跡地が見えてくる。
ガイドだんからウタラ炭鉱の栄華について説明を受ける。
崩れかけたレンガ作りの橋の跡なんかが少しラピュタのようだったな。

さて、炭鉱を過ぎてまだまだ進む。


川幅は狭まり、他のカヌーツアーのお客さんとすれ違う時はどちらかが止まらねばならないくらい。


そしてたどり着いた熱帯雨林の奥地。

静かだ。
カヌーにもたれるように寝そべる。
心落ち着くリラックスタイム。
深呼吸をひとつ。
ああー、旅に来たなぁ。来たぞー。

浦内川はカヌークルーズ(1人3000円ガイド付き)の他にも観光船やトレッキングとかがあって小さな子どもがおっても安心で自然を楽しめるからオススメでやんす。
そー言えば子連れで初めて西表島に来た時もオムツ装着のせーたろーを連れて観光船に乗ってサキシマスオウノキを見に行ったっけ。

さっそうと西表島の木道を歩く当時のきょーたろー(4歳)とせーたろー(2歳)之図(2010年9月)

さてシャワーも浴びたてツアーが終了したらもう昼。
お腹減ったなと探したお店は浦内川からほど近い「唐変木」ってお店。

舗装されていない道をガタガタ進んだところにあります。
森の中にひっそりとあるにも関わらずお客さん多かったな。


ワタクシはイカ墨汁そばをいただきます。

見た目は真っ黒でも味は優しくて美味しかったな。

マイサンズはカレー。

思い起こせば西表島では結構な頻度でカレー食べてたな。
トーフチャンプルも美味しかった。


午前中で本日予定していることは終了。
あとは行きあたりばったりなんでダラダラします。
とりあえず、帰り道にあったお店による。

A PICTURE BOOK」っていうTシャツ屋さん。

西表の生き物をプリントしたかわいいTシャツがたくさんある。
嫁さんは数枚を購入。
わたしゃーあんましTシャツ着ないのでここにあったハガキを自分のお土産に選んだ。

帰宅してもこのハガキを見ながら酒が飲めるってもんですワ!
わたくし、アカショウビンの鳴き声好きでごんす。
そしてヤシガニが走るスピードは早い。

宿がある大原地区には15万キロ走行の軽自動車レンタカーで1時間ほどかかる。
喉が乾いてはいけないと寄った「パーラー美々」。
ここでマンゴージュースをテイクアウトすると・・・・

でかい。そして濃厚。
なんでもマンゴー農園がやってるお店らしい。
そりゃスゴイはずだわ。
飲むって言うより食べるって感じのマンゴージュースをススリつつ南下開始。

大原地区まで帰ってきた。
宿に帰るにはまだ少し早いな。
そうだ、台風が近づいて来ているならココ、南側の海は大荒れだろう。
見にいってやろうと台風が来た時に一番やっちゃダメな事を思いつく。
なぁに、危険を感じれば高台に行けば大丈夫さ。


平穏だった。

海はいたって平穏だった。風もない。

ただただ、キレイな浜が広がっている。

位置的に海の向こうに波照間島が見えるかな?と思ったけど、さすがに台風の曇り空。
見ることはできなかったな。


そうそうここは西表島南風見田(はえみた)浜。
忘勿石(わすれないし)と言う、その昔波照間から疎開してた島民がマラリアで命を落とした事を記す石碑なのです。

浦内川のウタラ炭鉱といい、西表島はマラリアとの戦いがあったところ。
先人の苦労に敬意を払う。
おかげで今は撲滅されてるけどね。

宿に帰ったらディナーです。

そうです。今回の旅のすべてのディナーは宿の前にある玉盛スーパーで買ってきたものです。
玉盛スーパーは品揃え豊富。
とても便利。1日2回くらい行ったわ。

晩飯くったらポケモンGoしながら港までウロウロ散歩。
西表大原郵便局もジムになってるので立ち寄る。

塀の上のイリオモテヤマネコの像。

本日は終了です。

8月24日(土曜日)
夜中に雨が降る音で目が覚める。
結構な振り方のようだ。台風の影響か・・・。すやぁ。

午前6時。
目が覚めるといつものポケGo散歩。


風が強く雲が早い。


雨は降っていないのがさいわいだな。

宿のなみ荘の前。

本日はなーーーんも予定なし。
車でウロウロすっかなーー。
せーたろーはただ車に乗ってるだけならヒマなんで付いて来ないっという。
宿のWi-Fiから離れないと言う。
現代っ子か!
まぁ宿に放っといて出発。
畑の奥の細道を進んで見る。

ココがどこかはわからんちん。


パイナップル畑を発見。
パイナップルって普段見るのを逆立ちした格好で生えてるんだよなぁ。

細道を行ったり突き当たってしまって引き返してみたりしたり。

とりあえず仲間川の端っこの場所にいるようだ。

船も台風をさけてマングローブ林の中に避難しているよう。


雲と風は吹くけど雨はふらず。
沖縄の台風の洗礼を受けるかと思ったけど、案外大丈夫そう?


海の波が立ってないし。


ただ、石垣島から西表島に来るフェリーが欠航らしく観光客はいません。
由布島も本日は営業してない模様。受付には営業中止の札。

牛舎が一台もいない。水牛さんも大変だな。

またまたまた上原地区へ1時間かけて来た。
毎日来とるがな。
こんな事なら上原に宿をとったらええんじゃないかとのご意見もちょーだいするかもしれんが、大原の宿が安くていいのよ。
なみ荘大満足です。
さらに考えを変えれば毎日の西表島を走ることができるもんね。
風景も毎日違うからね。これはアリなのだ。

そんな事はさておき、今回も見学だけ来たニライカナイ。


今の我らには手が届かんホテルだが、大きくなったら一度は泊まってみたいもんだ。


好きなリゾートホテルですな。


いいホテルに泊まった気になったら腹は減ってきた。
こないだ泳ぎに来た星砂の浜にある食堂ほしずな亭。
オっちゃんとオバちゃんの二人でやってるお店です。
台風の影響なのか、お客さん少なめだったんで座敷に座る。


わたしゃー、もちろん八重山そば。

うめぇ。
わたしゃー、八重山そばとか沖縄そばを定期的に食わなければならない体質になっているんです。

腹満タンになったら星砂の浜に降りてみる。

さすが台風。おとついと違って誰もいませんな。

台風が接近してるはずの帰り道。

海の色がキレイだった。
正直、台風で宿に閉じ込められるのもアリかななんて思ってたけど行動できてしまった。
良かった良かった。まぁ飯くったくらいでナンもしてないけどね。
こーゆーのが旅ですな。

ほんで、また帰り道に集落の中を走って迷ってみたりした。

たぶん大富地区のはず。

宿に帰ってきてもまだ陽が高い。
お隣の玉盛スーパーでワタクシの燃料を買って港まで散歩。

嘆きの鶏のトリーは食べません。念の為。

ここで台風の影響。風がごっつい吹く。
アデランスが飛びそうだ。
はるか彼方のサンゴ環礁に白波がたってるのが見える。
焼き鳥が飛んでくるシブキでどんどん塩辛くなってゆく。

最終的には顔についた潮を舐めながら1人桟橋で飲む。
うむ。うむ。サイコーの時間だ。
本当にサイコーの時間だったのだ。

8月25日(日曜日)


本日は帰る日。寂しい寂しい最終日なのだ。


それでも朝ポケ活。最後にサニーゴを捕りまくる。

お土産サニーゴがたくさん取れた。

隣の玉盛スーパーで友人たちへのお土産を買う。

沖縄限定パーッケージのボンカレー。製造者:大塚食品(大阪市)

最後の晩さんならぬ朝さん。

おにぎり朝食は毎日工夫があってとても美味しかったな。

お世話になったなみ荘のオーナー夫妻に別れを告げる。
気さくな方たちでした。

必要にして十分ないいお宿だったな。
また来たいです。


迎えの船が来た。
昨日の大原便はフェリーが欠航だったんで、もし今日も欠航だったら家まで帰れるんかいな?
と少しビビっていたがまったく問題なく就航。
しかし波対策なのかフェリーがでかい双胴船。

さらば西表島よ。
また来る日まで。

山には雲がかかっている。通り過ぎたと思っていたがまだ台風の影響残ってるんだな。

いよいよ離岸。

あぁー。本当に帰るんだなー。

なお、西表島から石垣島までの航路は最大4mの波で揺れに揺れた。
が、普段の釣りでゲロゲロ修行をしたワタクシは問題なかった。
そして家族の誰もが船のジェットコースターを楽しく乗り切ったのだった。
にしても4mの横波はやめてー。

石垣島についたら郵便局からスーツケースを送る。

そしてそのままバスで石垣空港に到着。

台風の影響はまったくなくJTAは離陸。

無事に帰り着きました。

やっぱり西表島はいいな。
南の自然がいいのかな。
心が静かになっていくんだな。
また来たい。また行こう。家族のみんなで。
これで今回の旅の話はおしまい。

そうそう、帰りに変な島が見えたぞ。

フニャフニャしてる?
コメント

今年もシルクコーン食べた

2019年07月13日 | つれづれ
去年たべて甘くて美味しかった但東町のシルクコーン。
シロイカ仲間のイッセー・タナカ農園に今年も仕入れに行ってきた。


持って帰ってきてさっそく湯がく。
ンマーイ!
めちゃ甘いですやん。
一気に2本を食べてしまった。
今、このタイミングでしか取れないシルクコーン。
今年も夏の味を楽しめました。
って、まだまだ在庫あいるから数日は楽しめるな。
コメント

ジムニー楽しいな。

2019年07月10日 | 
お仕事で出石の有子山に登る。
お仕事なので普段は閉鎖されてる林道をジムニーで登る。
ボコボコガタガタをゆっくり走るのはやっぱ楽しいな。
必要ないのにトランスファーを4WDのローギヤにいれてみたりして。
しかしぬかるみはMTタイヤじゃないと不安だったな。
って、お仕事用の車には贅沢な要求か。

写真はチルトシフトっぽく画像処理してみた。
15年くらい前の商業写真の月刊誌「コマーシャルフォト」にのってた撮影テクニックを真似てみたのだ。
コメント

2019 シロイカはじめました。

2019年06月23日 | 
2019年6月23日(日)
誘われて今年初のシロイカ釣りに行ってきた。


海はいい。心が洗われる・・・・。
が、波がへんな大きなウネリで気持ちわりぃ。
乗船してるみんなも気持ち悪いという。
酔い止めのストックがなくて用量の半分しか飲んで無かったワタクシですが、なんとかゲロリーヌせずに釣ることができた。


結果、14杯。

出だしはこんなもんかな。
また行くぞー!
(誘ってもらえたらね。)
コメント

平成最後の沖縄!(今年最後とは言っていない。)平成31年(2019年)3月23日から27日までの旅の巻

2019年03月23日 | つれづれ
何か異変を感じたのであろうか、旅行トランクの中でコッソリと旅に混じろうとする我が家のアイドル白猫・ミルくん。

平成31年3月23日(土)

午前7時。神戸空港。
調子が悪かったのか自宅からここまでの陸路でゲロったマイサン・次男のセータローの仏頂面。


神戸空港7:50分発のスカイマークと思ってたら7:20分発と30分の勘違い。
効いたよね、早めの行動。でよかったわ。


天気良く幸先も良さそうな神戸をテイクアウト。いやテイクオフ。


が、沖縄県に近づくと雲が増えていく。まぁ天気予報どおりか。


そんなこんなで10時前には那覇空港着。
けっこう寒いね。長袖必須のことわりだ。

いつも借りてるパラダイスレンタカーから名前が変わったWBFレンタカーで車を借りる。
今回は日産ノートか。ちっ。
セータローの希望で首里城にイチロ、ニッサン。向かってみる。
那覇市を観光するなんてマイサンズ連れでは初めてだなワシ。
が、首里城周辺の駐車場はどこも満車。
あえなく首里城観光は諦めたのであった。
それにしても首里城周辺は狭い道がおおいな。

早起きしてたからお腹がへった。
近くなったんで首里城周辺で美味しいと聞いた首里そばへ。
開店前なのにもう並んでる。


時間待ちに近くにあったお寺へ。

その名も達磨峰西来院。


ん?
お寺なのに鳥居?
鳥居の入り口は達磨さんの形である。


たくさんの鳥居をくぐった先には神社の神殿。
うむ。混沌。旅のテンションがあがる。


おっと、肝心の首里そばでは沖縄そば、じゅうしぃ、煮付けを発注。
なお、煮付けとはおでんのような物である。
量が多くて、美味しくて満足満足。人気の理由がわかりました。
お店キャパは小さいから混んでしまうのは仕方ないね。


さて、那覇市に用がなくなったらひたすら北上。
国道58号線を駆け上って行きます。
トイレ休憩がてら寄る道の駅かでな

ここの屋上からは嘉手納基地がよく見えるんだよねぇ。
米軍機を観察。オスプレーいないなぁ。


爆撃機みたいなのはおったけど。


なお、道の駅の3階には嘉手納の歴史と配備されている飛行機のモデルがあるよ。


ベトナム戦争時のB-52爆撃機のモデルもあったな。


さて、今回のお宿は

お宿は

お宿は

お宿は

お宿は

お宿は

お宿は

お宿は

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートであるっ


安く予約が取れたそうで安く嫁さんの検索能力の高さやありがたや。
そして初日のディナーはいつもの旅のように部屋でとる。

いつものイオンである。リザオート地でも生活臭がムンムンです。
久しぶりのオリオンビールと泡盛が旅の疲れも手伝ってがっつりキマル。

酔っぱらいながらホテル探索。

夜のプールは雰囲気あるやん。いいやんいいやん。

が、プールに手をつけたら冷たいし風はキツめ。


一方、ロビー付近には水槽の演出。


ホテル内に数件あるレストランからは三線の調べが聞こえてくるので見学に行ってみた。


今日はたくさん移動したな。入眠。


3月24日(日)
まずは朝メシ。

昨夜の三線のレストランが本日の朝食会場。
ホテル内に4つほどあるレストランの中で好きなところで食べられるのだ。


ビュッフェスタイルで肉&肉を中心としたチョイス。

セータローのチョイスはバランスがよい。

が、取りすぎて結局ワタクシが食べるハメになったのであった。

さて、食べ終わったら朝の散歩。

ホテルまわりをウロウロ。
波たけーなー。

向こうに見えるのが万座毛かな?

波によってサンゴが隆起したであろう岩が削られ沖縄独自の海辺の風景になる。


ワタクシはこーゆー荒れた沖縄の海も好きである。


まぁ、天気は晴れててほしいけど。


雨が降ってないだけマシかってな事で、本日の荒野行動開始!

(荒野ではないけどね)

レンタカーでホテルから30分ほどで着いた、お久しぶりの琉球村


たとえ観光用だろうと作れた物であろうともTHE沖縄感がすごく感じられる。


入り口周辺はお土産物屋さんばかりだけど、入場したら一瞬でいかにも沖縄らしい、本土の人が思ってた沖縄の空気感にかわる。


等身大オキナワちゃんと勝手に命名。


とても我が故郷では寒すぎて暮らせないであろう家の作り。

ほぼ壁がないよー。

琉球国王のおでましだ。



国王の御前で舞を見る。

そして獅子舞は芸達者なのでいつも楽しい。

頭を噛んでもらえばよかったわ〜。
なんてシャーベットを食いながら思うのであった。


さて、琉球村を出たらお昼も近いし腹へった。
向かった先は昭和な雰囲気の残るアメリカンなお店、シーサイドドライブイン

創業1967年だって。


なんちゅうか、アメリカ統治中のオキナワってなニオイがムンムンしてます。
いいお店だ!

そこでマイサン・次男のセータローはサンドイッチを発注。

沖縄人が愛するA1ソースをぶっかけて食します。ンマーイ!

ワタクシはと言うと

牛肉ピーマン炒め・・・だったかな。忘れた
でもうまかった。

ホテルへの帰りに紅芋タルトでおなじみの御菓子御殿の恩納村店による。
と、マイサン・長男キョータローはお釣りに二千円札をもらった。

めちゃ久しぶりに見たぞぅ。

ホテルに帰って車をおいたらワタクシにとっての自由時間。
オリオンビールを飲みながら敷地内をウロつく。


ビーチまで行ってみた。

この寒いなか泳いでいる人がいる。
ガッツあるなぁ。

マイサン・セータローはプールで泳ぐという。

が、いくら温水プールでも寒かったようだ。

残りの時間はホテルを探検したり、部屋でダラダラして終了。
(もち飲みながら。そして早寝。)



3月25日(月)
今朝はテラスで朝食です。

ちょっと涼しいけど海が真ん前に見えてロケーションよし。


天気もだいぶ良くなってきた。


本日は予約していたオリオンハッピーパークへ工場見学。

今回で二回目であるが、運転手のワタクシは当然出来たてビールは飲めません。

入り口にあるデカい蒸留用の釜。
昔つかってたものだって。


現代はステンレスの物を使ってるようです。


外では出荷をまつ何万ガロンのビールたちが積み込みを待ってるようだ。

こんだけあったら一生ビールには困らないな。
もちろん痛風である事は忘れておく。

工場見学を終えると出来たてビールが2杯まで飲めるのだが、前述のとおりノンアルコールビール。

うーむ。ここまで来て無念じゃ・・・。

本日はもう予定がないので意味もなく北上する。
着いたのはお久しブリーフの道の駅ゆいゆい国頭

1m40cmのオオウナギが迎えてくれる。


そ~いえば、以前ここで買ったお気に入りのヤンバルクイナコーヒーカップ。
白猫ミルに蹴落とされて割れたんだっけ。
売ってるかなと探すと・・・・

めちゃ大量に売ってた。
ので、コーヒーカップと普通のコップを購入。
しめしめ。また家で今回の旅を思い出しながら美味しいコーヒーが飲めるってもんです。
ここで昼食。

ゆいゆい国頭の食堂は安いし量があるので地元の人が普通にメシを食いにきてるの納得。
大満足っす。沖縄の食堂に弥栄(いやさか)を送ります。
いやさか!いやさか!いやさか!

ホテルに帰ってきてた午後。
急に夕立が降る。結構降る。
部屋から見える景色がちょっとかっこいい。

雨がやんだ先に見えるのはチャペル。


モチのロン、ホテルに帰ったらリベンジだ。
昼に飲めなかったオリオンビールをガロン単位で飲む。
ホントは1リッターほど飲む。
そしてホテル徘徊。

セータローはどこでもWi-Fiを探しYouTube。

おめー、せっかく沖縄に来てるのに。
腹いせにホテル備え付けの共用PCに

全員集合を流したまま放置するドリフテロを決行。

入眠。



3月26日(火)

エッグ。。エッグ、、、、、エッグ何エクト?だっけ。
何回聞いても覚えられない。
早めに行ったのに並んだレストランで朝食。
インスタ映えを狙ってインスタ的にイケそうな食事を撮るがいかんせん腕の問題がぁぁ

今日も朝から腹満タン。
ビュッフェスタイルはつい貧乏性がでてしまう。
(出された物は残さず食べないと罪悪感。並べてある物も出された物だと混同してしまうサガよ)

さて、ゲップを出したら本日の荒野行動(荒野ではないが。2回目)
今日は金武町向きに行こうかなってレンタカーを走らす。
途中、看板を目にしてしまったので同乗者家族には黙ってハンドルを切る。
数年ぶりに寄った。JAXA沖縄宇宙通信所


大きいことはいい事だ。

大きすぎる宇宙へのロマンを忘れることがありましょうか(いやありません。反語)

ロケットの模型や

通信衛星の等身大模型も


ロケット発射シミュレーターもある

なかなか軌道に乗せられないぞ。むずい。

見学無料だし、なかなかオススメスポットです。
宇宙に、はやぶさに,
少しでも興味があったならね。


さて、腹も減るので行ってみたのは本土に来たら必ず寄りたいキングタコス。

通称キンタコである。

キンタコは金武町にあって、路地を一本はいるとすごくアメリカ統治下時代の日本の雰囲気が残ってる。

窓の外には

日本とアメリカが融合してた街が今も続いててとても好きな場所である。


キャンプ・ハンセンが真ん前にあって

米軍車両がひっきりなしに走ってる道

米軍車両はデカくてゴツくてかっこいいな。

肝心なタコスとタコライス

相変わらずチープだかメチャうまい。
何度でも来たくなる。

腹の虫を抑えたら今日も宛のない旅。
キンタコの場所から見ると湾の向こう側に海中道路があったな・・・と思いつく。
レンタカーを走らせながらナビをセットすると30km以上先であったがまぁええか。

海中道路の真ん中あたりにドライブインみないなのがあったはず、と車を走らせてたら「・・・・・展望台・・・・」と、見えた。
展望台があるなた行ってみないとね。とカジを切る。
本当は真っ直ぐ行った先が展望台なのだが。

で、着いた先が

屋慶名海峡展望台である。読み方わからんけど。

なんかHEオキナワを感じる風景

素晴らしい。と言うか落ち着くんだよねぇ。


これで満足してしまった。
あとはついでみたいに海中道路の中にある海の家あやはし館によってトイレ休憩。

お客さんが多いけど、ここはここで観光スポットなのだ。

ホテルに帰るとプール。

今日は気温も高かったのでワタクシも入ってみた。
温水プールなので寒くはない。が、上がったらやっぱり冷える。
セータローを水鉄砲で撃ち抜くテロを行う。

プールから上がり、海を見ると潮が引いている。


ので、海岸を散歩する。

シルエットが子供から少年になって行ってる長男・キョータローの背中を見る。
大きくなってきたもんだ。有り難し。
思春期なのか今回の旅でも写真を撮らせてはくれんけどね。

彼らはこの沖縄の独特の海を覚えていてくれるかな。
そうであったら嬉しいもんだ。


なーんて、親父の感傷はさておきヤツらは磯遊びをするのであった。


本日も日が暮れる。

(実はここがポケストップになってて、ポケモンGoをするためにチョクチョク寄っていたのだ)
そして、この日。10年勤めていた部署から異動の内示を知る。

3月27日(水)

今日も晴れ。
本日はインターコンチネンタル万座リゾートの朝ごはんが食べられるレストランのうち、一番お気に入りのビーチサイドのお店にまた来た。

景色いいもんねー。あと空いてるし。

ご飯を食べたら荷物をまとめ、帰路につく。
あっと言う間の沖縄。楽しかったな。楽しい時間は瞬間にすぎる。

が、せっかく万座毛リゾートに来たんだから万座毛に寄ってみなければ。
15年以上ぶり?に寄ってみた。

うん、がっかりスポット。

ただ広場が広がっているだけだった。

嫁はんに「こんなんだっけ?」と聞くと、嫁曰く「ずっと前も同じことを言っていた」とのこと。
うーむ、神河町の木を切っただけのススキ野っ原に行った事を思い出した。
あれもスーパーがっかりだったな。ただ伐採しただけの山だったもんな。
せめてもの思い出にポケストップに寄り、Ingress(知る人ぞ知るアプリね)のキーをもらう。


それはさておき、レンタカーを返し、那覇空港で最後のお土産をあさる。
この飛行機待ちの間にお土産物やからコンビニでメシを買う流れってのが旅のまとめって感じで結構好きなんす。

那覇空港を離脱。さらば沖縄県。

マイサンズよ、あと何回一緒に旅ができるだろうか。

親父は旅ができて楽しかった。
君らもどんどん旅をしよーぜ。

てなわけで、今回の度はおしまい。
また行きますよー。
コメント

さらばBIC245

2019年03月13日 | 
ここ数年、タイミングが合わずなかなか海に出られない。
ずっと家に置きっぱなしになっていたマイ・スモボ。


スズキの2馬力エンジンDF2はガソリンを空の状態で保存してあったからまだまだ大丈夫なはず。


このまま置いておくだけってのも忍びないので手放す事にしました。

ううう、さらばBIC245。
楽しい思い出をありがとう。
新しいオーナーの所でも大海原をかけてくれ!

コメント

ガルフカラーの時計ストラップ

2019年02月03日 | ブツヨクキングダム
薄い水色にオレンジ。
これがガルフカラー。
ガルフとはご存知アメリカの石油会社で、ポルシェ917Kに施したカラーリングがそれ。

夜中にウツラウツラとしながらガルフカラーってかわいいよな〜と思っていた。
目覚めてそのカラーのNATOベルトの時計があったらな、と思い付き。

Amazon.com, Inc.でベルトはすぐに見つかった。
クロノワールドって会社のモータースポーツG。

ホントは水色とオレンジの間に黒のストライプがほしかったな〜。

さて、ベルトは決まったが時計はどうだ。
やっぱNATOベルトに合うのはダイバーズだよなぁ・・・・・。
あの丸い時刻表記とずんぐりむっくりなフォルム。これは合うはずだ。

ダイバーズといえばセイコーのプロスペックス。通称ツナ缶。

いやいや、上は30万円代、下でも4万円代。
お遊びでするには高すぎる。
では同じくセイコーでセイコー5は?
お値段それでも2万円ほど。

まだ高い!買えないわぃ。

ならば何本か持ってるチープカシオで調べてみたら。

これなら安い!が?ベルトサイズがぜんぜん合わない。却下。
ベルトサイズで探すと

お?これか?
ちょっとショボいがまぁ、許せる範囲内か・・・

もうチョイ探しているとAmazonが異常に推してくるブランド
「HYAKUICHI 101 ヒャクイチ」
どこかのロレックスのサブマリーナのような風貌。

まぁ遊びの時計だし、すべてが黒いアナログ時計も持ってないし、京都ブランドだし。チプカシと2,500円ほどしか違わないし。
京都ブランドってなんだ?こまけぇこたぁいいんだよ。
自分に言い訳を沢山した。
ん?2,500円違うの?けっこう違うな。

まぁ時計が決まったらあとは発注するだけ。
さっそく到着。さすがAmazonさんは仕事がはやい。

ヒャクイチの時計。
開封の儀。

値段の割にはまぁいいやん。
(本物のサブマリーナの事は思い出さないようにしよう。)

1日おくれてNATOストラップも到着。

ちゃんとベルト外しとかの工具が同封されているのが嬉しい。

ガルフカラーもイメージ通りで良かった。


しかし、、、ハァハァ。
どどどどーしても、どーしてもオレンジと水色の間に黒いラインが欲しい・・・・。
ええーい、ままよ!
マッキーで塗ってやれ。

案の定、はみ出した。

まぁ、やっちまったモンはしょーがない。
ヒャクイチを用意して


工具でバラバラにして


サササっとストラップを装着。
うむ!THE自己満足。


時計もベルトもお互いにケンカせず、まぁ馴染んでるんじゃねーかと思うですです。


兼業農家とは思えないひ弱な腕に装着したらサイズもよし。

よーし、これで遊びの時計がまた増えたぞ〜。
でも買ったばっかりで嬉しいので明日の仕事につけていこっと。
うっしっし。
コメント

かれこれ10年ぶりの博多。

2018年11月14日 | つれづれ
平成30年11月9日だったか10日だったか。

たしか、かれこれ10年ぶり(もしくはソレ以上)になる福岡市。
博多とか中洲とか書いたらイメージが変わってしまうので福岡市。

中洲についてスグにラーメン、元祖ラーメン長浜屋。
写真を撮るの忘れた。
ラーメンはアッサリしててうまし!
が、地元のにーちゃんは味見もせずラーメン出汁を注入。
ワタクシも真似して出汁を注入。
あっ!全然味が変わった。こうゆう物なの?


今夜の宿。WE Base 博多。

なんなんだ。このオブジェ。
だが、このホテル。
寝るには必要にして十分なスペース。
そして建物も部屋もベッドもキレイだった。
さらにスタッフさんは愛想よし。大当たりです。

大賑わいの屋台の通りを通過し、


これまた、10年ぶりに訪れたラーメン店。
その名も大砲ラーメン。(チェーン店じゃない方)


あの頃は獣臭に耐えられなかったラーメン。
大人になったワタクシには

ンマーイ!
なんと言いますか、染みる味。
ペロリと行けました。

中洲のBARをウロウロ。

中洲1923だと?
たしか、東京にいった時にも新橋で似たようなBARがあったな。
(地元にも関係ないけど似た名前の施設がありますなぁ。こんな雰囲気の店構えにすべきだー。と、無責任発言。)

で、博多の地元の人に教えてもらった「獣」のラーメン店。
一幸舎。

コレはキマル。
お客が全員、男なのもわかる。
とにかく、獣。ケモノだ!
その臭たるや!
ワタクシも麺をすすりながら急いで臭い消しにニンニク投入。
しかし、この味。病みつきになるな。
めちゃ美味し!!!

食い過ぎ、飲み過ぎでホテルに帰って気絶。


11月11日。
朝ごはんにコーヒー屋を探したのちに、昼ごはんに寄った悠牛亭。

お昼の千円セットだったけど、メチャ牛の味が堪能できた。
もっとゆっくり来たいです!次回はぜひ。

楽しい時間は矢の如し。
最後のラーメンは海鳴。

魚介とんこつラーメンが寂しさを紛らわせてくれたのだ。

博多はやっぱり楽しいね。
また来よう!
できれば来年に(^o^)
コメント

SECTORにNATOベルトを付ける

2018年10月25日 | ブツヨクキングダム
その昔。
高校生のころから芸大生半ばまで付き合っててくれた彼女。
青春時代の彼女。が、ハワイに生意気に旅行に行った時に買ってきてくれた時計。
今もちゃんと動く、思い出のSECTORのADV1000。


革ベルトは時間が経つとボロボロになってしまうね。
2回ほど交換したけど、やっぱりボロボロに。
なので!今回はカッコかわいいNATOベルトにしてみました!

が、その前に傷だらけの表面をコシコシ。
金属ピカールはサイコーです。


モチのロン、裏面も。


下品なほどツヤツヤになりました。

まぁ、大きなキズは消えないけどね。

で、NATOベルト装着。

おっ!かわいいやん。
これは普段使いの一軍に昇格だね。

ワタクシ、昔の思い出なんかをチラっと感じながらも、普通に気にせずに使うタイプなんです。
ベルトを変えるだけで雰囲気が変わるって、時計はホント愛着でるな〜。
コメント

7年半ぶりに財布を新調。

2018年10月14日 | ブツヨクキングダム
自分のブログを読み返していたら、2011年の1月に財布を買ったようである。
それがコレ。ポール・スミス。


時は流れて7年半。
宣言したとおり、財布を使い倒した結果が・・・

このとーり。
札入れはさけ、小銭入れは穴があき(ボンドで修復し)、お札はフニャフニャになり、クレジットカードはひん曲がり。

いつかは買い換えねばならんと思っていたけど、本日大阪にいったタイミングでフラッと寄ったヨドバシカメラの5階くらいで。

柿渋に興味があったり、普段からカバンを持たないので財布兼ちょっとした荷物入れのようであったり。
初めての長財布である。コマゴマとしたものがたくさん入りそうだ。


なんでもnaughtiamというブランドみたい。
革は栃木レザーのフルタンニン革と書いてある。
まぁ、この財布は汚くならないようにエイジングしながら長く使い倒しますよっと。
いい買い物をしたな。
満足満足。
コメント