つれづれなるまゝに、野ざらし。

馬鹿ばっか大集合。

7年半ぶりに財布を新調。

2018年10月14日 | ブツヨクキングダム
自分のブログを読み返していたら、2011年の1月に財布を買ったようである。
それがコレ。ポール・スミス。


時は流れて7年半。
宣言したとおり、財布を使い倒した結果が・・・

このとーり。
札入れはさけ、小銭入れは穴があき(ボンドで修復し)、お札はフニャフニャになり、クレジットカードはひん曲がり。

いつかは買い換えねばならんと思っていたけど、本日大阪にいったタイミングでフラッと寄ったヨドバシカメラの5階くらいで。

柿渋に興味があったり、普段からカバンを持たないので財布兼ちょっとした荷物入れのようであったり。
初めての長財布である。コマゴマとしたものがたくさん入りそうだ。


なんでもnaughtiamというブランドみたい。
革は栃木レザーのフルタンニン革と書いてある。
まぁ、この財布は汚くならないようにエイジングしながら長く使い倒しますよっと。
いい買い物をしたな。
満足満足。
コメント

登りそうで登らなかった進美寺山に登る。

2018年09月16日 | 
家から見える進美寺山。
毎日のように見てたけど、一度も頂上に登った事はなかった。
ので、まぁ一度登って見るかと。

日置橋を渡り進美寺までは車で上がれる。

二十年ほど前にたしかバイクで上がってきたな。
ただし、道はボコボコで狭い。
ジムニーか、軽トラでないとタイヤがパンクしそうだ。
さらに鹿が目の前を走りまくる。

車を止めてちょっと上がると庫裡と山門が見えてくる。


横にはお地蔵さんが。


立派な山門付近は知ってる人は知っているIngressってゲーム(ポケモンGoの元になってるやつね)のポータルになっている。


山門には仁王像があり、かなりの迫力である。

が、腕が取れちゃったりしてて可愛そう。

で、本堂。


とても歴史と格式があるお寺だけあって作りも立派。



鐘である鰐口は兵庫県指定の重要文化財なんだって。
カーンカーンと鳴らしてみた。南無釈迦牟尼佛。

そういえば一番と書いてある石仏があった。

但馬西国霊場 一番札所だからかな?
ほかにも石仏がたくさんありました。


眺望はそれほど良くないが、日高町内や豊岡市街を見ることができる。


さて、進美寺の横の道を抜け、山頂を目指す。

細くてすこし崩れ気味の道を歩くこと10分ちょっと。
赤崎地区から上がってくる道との分岐点にぶつかる。

お地蔵さんが逆さ向きに倒れてたので近くに座り直してもらった。
けど、場所はあそこで良かったのかな。

赤崎から電線が来ているが、その電柱のところから少し村が見えた。


お!鳥居である。

白山権現と書いてある。建立は平成6年って書いてあったような。

鳥居があるからもう頂上だ!
と、思ったら林の向こうにてっぺんが透けて見える。
まだまだ距離があるぞ。
たまに眺望がいい所もある。


やっと頂上(360.5m)に到着。進美寺からゆっくり登って45分ってところかな。

白山権現の祠がある。
頂上は少し広場になっている。
我が家から見上げてたモコモコとした頂上の杉の木に触れる。
感慨深いものがあるな〜。

ここで遅めの昼食。

山で食べるカップヌードルシーフード味。うまし。
ドクターヘリが我らより低い所を飛んで行った。

頂上も眺望は良くないが、南側の八鹿の伊佐方面は少し見えた。


下山開始。
下山はサクサク。

進美寺まで戻って車でゆっくり降りる。
と、おもちゃのようなキノコ発見。

明らかに毒毒しいが。

調べたらタマゴダケという種類のようだ。
食べれるらしいがそんなリスクは背負いたくないわい。

行きそうで行かない所に行ってみて満足満足。
こーゆー日々の楽しみが幸せ度をあげますな。
追伸、進美寺山は聞いてたようにヤマビルがすごい!
登るなら気をつけて。
コメント

やったぞ富士登山

2018年09月07日 | 
一生に一度は登りたいと思っていた富士山。
昨年登るつもりで準備をしていたんだが、義母の他界により急きょ断念。
しかし!今年は去年行くメンバーだったお正とケドちゃん、そしてゆみちゃん(男性)に誘ってもらって決行することになりました。

2018年、平成30年。平成最後の夏。
午前3時に地元を出発し、映画「岳」を見ながら一路東に向かって走る。
なお、車載DVDの調子が悪く、DVDを取り出す事ができなかったため「岳」を2回見る羽目になる。
はたして、これから山登りに行こうと思うメンバーが山の遭難救助の映画を見てよかったのだろうか。

9月6日(木曜日)
09:07。
見えて来たのは

まさしく富士の山体。

09:36
だんだんと近づいてきた。
でかい!


09:44
水ケ口駐車場に到着。天気よし、見晴らしよし。

キレイに見える富士山に感動。これからココに登るのか。

11:30
車をおいてシャトルバスで富士宮口五合目まで。

すでに雲の上におるがな。
そういえば15年ほど前に一人で車で来たな。
高速を通らない下道縛りでな。懐かしい。

12:01
昼ごはんにカップヌードルを食べ、世界遺産の碑を見たりして高度に体を慣らすために1時間ほどウロウロする。

八合目までがスカっと抜けて見える好天だ。


12:31
いよいよ出発。
表口五合目。標高2400m

えいえいおー!

12:48
登山は最初の30分がしんどい。
そしてここは高高度。
メンバーと高山病こと、妖怪・高山さん(たかやまさん)に取り付かれてないように対策を練る。
普段歩くスピードよりだいぶユックリと登る。
が、はやくも六合目の山小屋が見えて来たぞ。


12:50

ほほう、ここからプリンスルートと言われる宝永山に向かうのか。
プリンスルートも気になるが、我々は富士宮ルートを目指す。

12:51

ちょっとだけ休憩し、六合目を後にする。

13:01
そろそろ森林限界を突破する。

雲と雲の隙間を登っていく。

13:12
まだまだ元気だ。
アミノバイタルを飲んだ効果?

高山さんなどいない!と、言い聞かせる。

13:21

宝永山を眺める。
あそこが噴火したのか。すげー!

13:32

だんだん楽しさが増していく。高度と共にテンションも上がってゆく我ら。

13:42
見えてはいるけど近づかない八合目。
景色が日本じゃなくなって来た。さながら火星か?


13:54
ふぅ、新七合目着。


14:27

斜度はまぁまぁだけど、そこまでしんどく無い。
ゆっくりゆっくり話しながら登る。
「わたし高山さん、今あなたの後ろにいるの」「やめーや!」
「ドラえもんのテーマ。あったま、タカヤーマ♪」「歌詞やめーや!」

15:25

新七合目から元祖七合目を通過しどんどん登って行く。
七合目が何個あるんじゃい。
宝永山がもうあんな下に。
その向こうの駿河湾もキレイだなー。

15:27
富士宮市なのかな?
雲が途切れて街もよく見えるようになってきた。


15:39
八合目までもうすぐ。

風が爆風になっている。風速15mはあるかな?
風を避けて岩陰で休憩しながら登る

よっこらよっこら登って来たぞ!

下を見ても景色最高!街の景色と登り始めた五合目や宝永山までスッキリ。

15:42
八合目到着、3250m。一休み、一休み。

山小屋は閉鎖している。
ここでアミノバイタル追加じゃ。

天気がいいので登山者もそれなりに多い。


八合目から見上げる頂上方向。鳥居が見える。

よっしゃあと一息じゃ。

16:02
斜度が急な場所がチラホラ。。


16:05
だいぶ登ってきたな。足跡を振り返る。

相変わらず爆風じゃ。

16:14
お金が刺してあるモニュメントの木を通過。

ワタクシも刺したいが小銭が出せない。

16:15
本日の宿、九合目まで後少し。


そしてついに

16:26
九合目に到着したぞぃ!
本日の宿、万年雪山荘。
4時間かかったな。


ひゅー!素晴らしい眺め。取り敢えず達成感。


まだ登ってくる人たち、がんばれー!と、余裕たっぷり。
高山さんにも取り憑かれずにすんでるようだ。

16:33

見上げると明日目指す頂上。日本トップの高さじゃ。

17:07
晩ごはんはカレー!

山のご飯はメチャ美味いね。
体力回復します。
缶チューハイ(600円)を1本飲んだら一気に酔いが回る。

17:08

腹が減ってたので速攻で食い終わった。

17:56

寝床を充てがってもらったので早速寝袋にはいる。
せ、せまい。
何が狭いって足を伸ばせない。
足を伸ばすと頭が曲がる。

18:31

いくら早起きして登山して疲れてるからってそんなに早くは眠れない。
外に出ると絶景夜景!
ふわーー。すげーーー。


そして夜。
爆風は吹き荒れ、屋根の上を何かが転がって行く音。
外で風に吹かれて何か金属が打ち付けられる連続音。
雨の打ち付ける音。
足の痛さと体を伸ばせられないしんどさ。
寝付きのいいワタクシでも何度目がさめた事か。
なお、若干の消化不良で夜ご飯のカレーがいつまでも胃の中にいる気がする。
高山さんの症状でありませんよう。

9月7日(金曜日)
一夜明けて、、、、
外を見ると雨?雲?が真横に吹き飛んでいる。
台風の中でも大型台風の中にいるようだ。
が、山小屋の人たちはいたって普通。
これが3000m級の自然なのか。
どうする?頂上を目指す?と話す。
勇気ある撤退もアリだなと思う。
頂上を目指して準備をするグループはいない。

05:45

服をすべて着込んだ上にカッパを着て取り敢えず外に出てみる。
ちょっと行ってみて駄目なら帰ろうと、、、。
誰も「駄目だな」と言わずモクモク上がっていく。

05:54

時折の爆風に身を伏せながら着いちゃった九合五勺。

06:26

鳥居が見えてきた。
頂上は近いぞ!

爆風霧雨でカメラのレンズも水滴だらけ。
何が写ってるのかわからない。たぶん頂上の山小屋。



ベットベトになりながら何とか足を踏み出す。
斜面のキツさより風のキツさの方がつらい。

06:36

富士山頂に到着!
が、休憩しようと思ってた山小屋が悪天候のために閉店すると言う。
我らのグループ以外に登山客いないもんな。

取り敢えず一息つける所を、、、と神社の中に入る。


なんとか小銭入れ(西表島で買ったイリオモテヤマネコの携帯灰皿)を取り出しおみくじを引く。

やった。大吉だ。有難うございます。

06:46

一息つかせてもらった富士山本宮浅間大社の奥宮を後にし、目指すは日本の最も高い所。

なお、外界の景色どころかお鉢もまったくガスで見えない。


06:56

頂点を目指す道の爆風は、もう爆風どころじゃない。
遮るものが何もない場所の風は風速30mあるんじゃないの?
殴られるように押される突風を体を屈みながら耐える。
気候の怖さに死を身近に感じた。

06:59

見えてきた。てっぺんが。

07:03
頑張って来た。
メンバーのテンションもマックス。



富士山気象観測所だ。

そして。
07:04

ついた。剣ヶ峰だ。
日本で一番高いところに着いたぞ。


風と霧雨でワヤクチャな中、ここに来ようとして高山病で断念した親父、あとおじいちゃんとおばあちゃんと義母の慰霊をする。
おとーちゃん登りましたよー。

そして余裕のお正。


撮れているかどうか分からなかったが、取り敢えず記念撮影。


07:10

下山開始。爆風は登るより降りる時の方が怖いらしい。

07:40
強風で四つん這いの後ろ向きになりながら何とか九合目まで降りてきた。

気温7度。

08:27
宿に置いていた荷物をまとめ、下山の準備。
この爆風でなりふり構っていられない。

が、あまりにも遭難者っぽい。

09:12

元祖七合目まで降りてきた。
強風のため、試しにジャンプしたら思いのほか遠くまで飛ばされた。
どこまで降りても爆風。

そして、
10:26
五合目に到着。

霧雨が雨に変わり、雨が打ち付けれてイテテイテテと言いながら何とか降りてこられました。
出発の時と違い命からがらじゃ。

しかし、この達成感は何物にも代えがたい!
良かった。登って良かった。頂上まで行けたんだ。


降りたらあとは温泉。温泉。温泉に入りたい。
寒いもんなー。
富士山天母の湯で体を温め汗を流す。
そういえば15年前もここに入ったな。

温まったら腹が減る。
富士宮と行ったらやきそば!
富士宮やきそばを目指して市内を走ると、、、
14:39

富士山本宮浅間大社の本宮だ。
参拝させていただく。


全国にある浅間大社の総本山。


立派でした。

天気が良ければ大鳥居の無効に富士山が見えるはずなのになー。


14:52
お待ちかね、富士宮やきそば。

美味しくてお土産に我が家用まで買ってしまった。
このイワシの粉が効いて美味いんだよね。

お腹がいっぱいになったら帰途へ。
交代で運転し、途中で晩ごはんを食べ。
自宅に着いたら午後11時。
自宅でも大雨降ってるやんけー。


それにしても、人生の宿題だと思って富士登山が無事に成功できて本当に良かった。
お鉢の中は見れなかったけど、それでも頂上に立てた。
あの景色は思い出になるな。
一緒にいってくれたメンバー、おおきに!

あ、あと、強風で落下してしまったカメラ。

防水・耐衝撃だったけど画面が割れてそこから浸水してしまった。
5年間、沖縄行ったり海にもぐったりしてタフに働いてくれたオリンパス・WG-2GPSも今までありがとう。



コメント

平成30年度 西表島の旅(2018)

2018年08月06日 | つれづれ
平成の夏。最後の平成の夏。
平成30年8月2日(木曜日)。

ANAのボーイング777か?デケェな。

ヨメさんが旅費を補助してくれると言うので一路、神戸空港からテイクアウト!いや、テイクオフ。
久々のスカイマーク。

頑張れスカイマーク。直行便をまた出してくれ。
と、舌の根も乾かぬうちに乗り継いだのは初めてのソラシド・エア。
ソラシドは席が広いな!こりゃ快適。

さてさて、乗り継いで何処に行ったかというとタイトルにもあるように那覇経由石垣島経由の西表島。
ざっと2年ぶりかー。3回めか?4回めか?
スカイマークに新石垣空港まで直行便をまた作ってほしい路線である。
取り敢えず新石垣空港に到着。

(記録に残しておくが、旧石垣空港は急発進急停車の味のある空港でしたぞよ。跡地はどーなってんだろ。)

バスで石垣ターミナルへ移動。
時間あったので730交差点近くのファミマへアイスを買いに。

そしてお久しブリーフのチョッチュねぇ具志堅用高像。

トリーちゃんも喜びの再会。

なんでもマイサン・長男キョータローはこの1本500円するマンゴージュースがとてもお気に入ったよう。

たしかに濃ゆい。とっても濃ゆくて美味いな。

ここから八重山観光フェリーに乗ること50分。

つきました西表島。大原港。

午前4時半に家を出て到着は午後3時半。日本最後の秘境に到着するのに必要なのさ(^o^)
ここで軽自動車レンタカーをかりて石垣島の法定速度40kmでアッチコッチをキョロキョロしながら宿を目指します。

雰囲気が良さそうな所を見つけては思い付きの停車したり。

後良橋ロードパークというのか。
海は潮が引いている。

と、横にイリオモテヤマネコの像発見。

横に碑が立ってるけど、、、読解できん。

イリオモテヤマネコの本物を見ることは本当に稀らしいね。
でも交通事故に年間数頭があってるらしいので交通安全は絶対だね。


テロッテロと道を北上するともう上原港。

顔ハメパネルでハメ撮りします。

さてさて、今日から3日間お世話になります。
イルマーレうなりざき。

このお宿はダイバーさん達がたくさん泊まってるそう。
宿からの眺望もヨカヨカ\(^o^)/

レストランの上がゆんたくルームになっててWi-Fiもあるしクーラーガンガン効いてるし快適じゃ。
二階の通路からふと海を見る。

振り返る。

陽は傾く。


乾杯。西表島に乾杯。

プッッッッッッッッハーーー。
ワシは旅に、旅に来たぞ〜〜〜!!!!
!!!旅に!!
来たぞ〜〜〜!!!
感慨にひたる。(仕事を頑張り、条件が揃えたからココに来れたのだ)
まぁ、そんなゴダクはどーでもいい島だ。
晩飯はホテルのレストランでテキトーに頼む。

まったく知らない魚の刺身が出てきた。うまし!

ホテルの名前にもある、うなりざき。
漢字で書くと宇那利崎。
散歩がてらに行ってみた。

ロケーションいいやん。

今、まさに陽が沈む。

この一瞬にココにいるんだ。

そんな事を感じさせてくれる場所。
散策道を歩く。


浜へ行ける道もある。


公園はメチャ広い。

整備もされてるね。

陽は沈む。

ここに毎日くる事になるんだな。
今日はたくさん移動した。おやすみ。


8月3日(金曜日)

新しい朝が来た。希望の朝だ。
今日はカヌーに乗って上流を目指す。

久しぶりのカヌーだな。

民宿さわやか荘さんがやってるツアー、大自然クラブのお姉さんにガイドをしてもらってヒナイ川を上ります。

風はなし。スイスイと水面をすすむ。
ワシが漕がなくてもマイサン・セータローの船頭ですすむ。

なんちゅうか、カヌーってのは気持ちがいいもんだ。


突然!今日の目的地。
ピナイサーラの滝の滝が見えた。

沖縄県イチの落差をほこる滝。

カヌーを係留したら山道を上がる。

トントンミーに出会う。

へんな巣を見つける。シャコの巣らしい。

ちょっと細い所もあって、ガイドさんを頼んでよかった。

個人じゃこれないわ。

途中にジブリっぽい風景に出会ったり。

西表島らしい板根に出会ったり。

THE・西表島。


そして、着いたぞ。

カンピレーの滝。

高さがあって迫力ある。
周りの景色も相まって、まるでジュラシック・ワールド?

滝の横も雰囲気あるよー。


滝の飛沫をあびながら。

風になびく滝もかっこいい!


我らはこの滝壺に

飛び込む!

泳ぐ。

また飛び込む!

飛び込んでは泳ぐ。

トンボさんも涼みに来たか。


メチャ面白かったぞぅ。
一時間ほど遊んで下山。
ボラが湧いている。

カヌーの係留所はお客さんだらけ。

なんとか我らのカヌーを引っ張り出した。

そして帰途へ。

帰りは下りだからもっとスイスイ

ガイドさんと色んな話をしながら下る。
ほんとガイドを頼んでよかった。ありがとう。ガイドのサラちゃん。


ホテルに帰り着いてもまだお昼すぎ。
シャワーを浴びて、昼飯でも行くかーとレンタカーの軽自動車を走らす。
泊まった事のある西表アイランドホテルの前を通り、

数年前に来たときには一部工事中だった竹富町立白浜小学校。
ちゃんと完成してる。

そして前回泊まった海人の家。

公民館なのでシンプルでいい宿だったな。
また泊まりたいな。
そうそう、確か焼き菓子屋さんがあったなと思って行ってみたら、、、、

ううーん、自然に戻ろうとしていた。
島菓子工房さんはどうなってしまったんだー。

ちなみに昼飯を食べようと色々なお店にいったが、全部午後2時でしまってた。
夜ご飯は、西表島は予約しないとアカンらしくて、ちゃんと予約していった居酒屋パイン館のとなり。

腹減ってたので食い散らかしたあとスンません。
美味しかったなー。

腹ごなしに、今日もまた宇那利崎公園。

歩いているとパパイヤがなってた。

公園でゆっくりしていると岬の向こうからなんか防災ヘリが飛んだり降りたり。

日が沈む。

午後7時半は過ぎてるっていうのにまだ明るい。けど雰囲気が出てきた。

舞台に立ってみたりもした。


そして夜。
星空だ。満天の星空とはこの事だ。
天の川が見える。過ぎ去る人工衛星。
大きな火星。
あ!!流れ星。
レンズには捉えられない時間だった。


帰り道。

ヤシガニおった。



8月4日(土曜日)
せっかく西表島まで来たんだ、少しは泳いでお魚さんを探そうって事で行ったのは星砂の浜。
ここから水中写真ばっかりになりますがご了承ください。
海につかると30センチほどの魚がウヨウヨ。

セータローは指を噛まれる。
他にも黒いヤツとかもおる。

青いヤツはちっちゃくてキレイでかわいいね。

気を抜いているとデカいやつがよってくる。

けっこういろんな種類の魚が浜のすぐそこにいるなんてスゴイ。

色もキレイなやつが多い。

なんていう魚かは全然わからんですけどね。

あ、こいつはアコウ(キジハタ)の仲間だってことはわかったぞぃ。

そしてお前は宮古島で攻撃してきたヤツだろう。覚えているぞ。

マイサンズも夢中になって魚を見ている。

シュノーケルとライジャケがあると安全でいいね。必須アイテムです。

陽がさすと海中の表情も一転する。
いやーー、楽しいな。時間を忘れる。


と、空が急に曇ってきた。
さらに遠くに雷鳴。
もうちょっと潜っていたい気もするが安全を考えて海からあがる。
帰りにホテルの駐車場横のパイン農園がやってる自動販売機(一見、冷蔵庫に見えるが)でアイスを買う。

うまーい!気温にピッタリ合う味と冷たさ。

ホテルに帰ってシャワーを浴びていたら、外は

大雨に雷。
しかもホテルも停電。
フロントで聞くと、2、3時間は停電することがあるらしい。
今回は雨は1時間ほど強く降ったあとにサッと止んだ。
昼ごはんがまだなのでレンタカーのタントでお店をさがす。
と、その途中。
電柱の上にかっこいい鳥がおる。

カンムリワシだ。天然記念物だ。
けっこう普通にいるのね。イリオモテヤマネコと違って。

途中、ふと村の中に入ってみた。
八重山らしいお家。かっこいい。

少し走るともう海。

振り返るとなんの建物?と思ったけどどうもホテルのようだ。

隣には御嶽(うたき)、神社ですな。


さて、お昼のお店は・・・・昨日のツアーでガイドのサラちゃんがオススメしてくれた片桐ラーメン店。

ここのマーボー豆腐が絶品とのこと。
もちろんオーダー。

花椒(ホアジャオ)がたっぷりで初めて食べる味。
こりゃ美味しいわ。さすがオススメだけあるな。

ホテルへ帰る途中でホテル・ニラカナイを見学。
やっぱりいいホテルだな。お金持ちになったら泊まりたいわ。
取り敢えずホテル内を探検。

森の中に本が置いてある場所があったり。
その奥に何やら広場ができてたり。

ほんとにいいホテルだね。

8月5日(日曜日)
さて、今日は快晴。

今日でこのホテルとはお別れ。
いいホテルでした。

チェックアウトを済ますとレンタカーの軽自動車で大原港まで最後のドライブ。
もちろん、アッチに寄ったり

コッチに寄ったり

ピカピカ光るカミナリを追いかけて山の方に入っていったら石碑があったり。

前来たときに泊まったラ・ティーダ西表をこっそり見学したり。

ここは温泉ができたそうだ。

しかしまぁ、午前10時頃に上原港につく。

お迎え到着。

また高速艇に乗って石垣島を目指す。

水しぶきがスゲーー。

さらば西表島。また来ます。本当にいい島だ。

なお、高速艇の一番後ろの席は硬いし暑いしうるさいし、、、でも誰もおらんのでやりたい放題オモロかった。


さて、石垣島でレンタカーを借りる。
ん?さっきまで借りてたレンタカーとまった同じ車種の軽自動車だ。
おっと、こちらは自動スライドドアだ。さすが都会のレンタカー!
そのレンタカーでお久しブリーフの石垣島をウロウロ。
まずは白保まで行ってみるかって事でしらほサンゴ村。

日曜なので朝市のようなものが開催されていた。

ポーポーを食べながら石垣島っぽいな〜と、庭を眺めてみたり。

館内を見学したり。

前来たときにも乗ったブランコのってみたり。

ヒモが千切れないか?

白保の浜辺は相変わらず岩がゴロゴロしてる。けど、キレイ。

サンゴ礁がよーくわかります。

海の中に岩が点在してるのは何でだろう。
津波が運んできたのかな?宮古島の佐和田の浜みたいに。

振り返ると白保の村の道。

まだまだ夏だな。

そう言えば、石垣島には天文台があるはず。
ちょっと行ってみよう、と車載ナビを設定・・・・えーと、国立天文台・・・VERA?
まぁ天文台だから多分そこだろとセット。
なんだか細い道を抜けたら

思てたんと違う!

でけぇーーーー
ここは本当の宇宙からの電波を受けるアンテナ基地だった。
(秘密だがお昼休み中の研究員さんにアンテナの説明をしてもらった。有難うございました。)
間違えてきてとてもオトクな気分になったのだ。これば旅の楽しいところ。

こんどはちゃんと石垣島天文台とナビをセットして発進。
が、発進してすぐロックフィルダムがあるのでちょっと寄り道。

ダム。けっこう好きかも。

名蔵ダムというのか。
と、あたりに響く太鼓の音。
東屋で5,6人が太鼓を叩いてる。なにかの練習だろうか。

ダムに響き渡る太鼓。なんと言う不思議空間。
演奏が終わると思わず拍手しました。
旅ってステキ(^o^)


いよいよ石垣島天文台に到着。
途中の道はかなり細い。昼でこうなら夜はどーなっちゃうんだ。
望遠鏡を見せてもらったり星の説明を受けたり。来てよかったぞぃ。


さて、本日のホテルに到着。

ラ・ティーダ石垣。
川平湾の奥にあります。

ロビー広し。Wi-Fiは繋がりにくし。ま、問題ないけど。

部屋も広いね。Wi-Fiは繋がりにくいけど。

安いのにけっこういい感じやん。
マイサンズは大喜びです。

ホテルの周りを探索。
真ん前に浜がある。

底地ビーチ。ハブクラゲが入らないように海にネットがしてる。
ハブクラゲに刺された時用に酢も用意してある念の入れよう。

地元の人に人気なのかたくさんのお客さんが来ていたな。

8月6日(月曜日)
いよいよ、今回の旅も最終日。
昼イチの便に乗るまでの間、少しでも石垣島を回ろうと思って朝早めにホテルを出発。
が、早すぎてホテル近くの川平湾は閉まってた。閉まる事があるんかいな。
仕方ないので川平湾近辺をウロウロ。
と、

マリオットが出来るのか!
今のところは数本の木を残して平地だけど、2020年末には出来てるのか。
沖縄本島のマリオットは素晴らしかった。石垣島のが完成したら泊まりたいな。泊まれるかな?

ちょっと車を走らしたら展望台。

ここから見る川平湾もきれいだな。


景色を堪能したら常に海が見える道を走る。
木工のパズルを作るirumo(イルモ)はまだ開店前だったので残念ながら寄れず。
そしていつも来てしまう米子焼。

独創的でかわいいね。
少しお土産を買う。
お店の裏手は不思議空間。

こんなに独創的な立体を作るなんて楽しそうだな。

ここの工房で働きたい気もしてきた

まぁ、昔から立体は苦手なんだけどね。

とても楽しくて不思議な時間でした。また来たいわ。

米子焼を出発して石垣島の北のくびれの部分を右折。
突然、ダチョウ遭遇。

こーゆーのんがオモロイよね。

そして、玉取崎展望台。

ここは以前にも来たけど、ロケーション最高。

右を見ても左を見ても、、、気持ちいいなぁ。

初めて来た時と同じ場所で写真を取る。マイサンズも大きくなったもんだ。

次来る時はどーなってるかな?楽しみである。

さー。石垣島空港に帰ってきたぞ。レンタカーも返したし。
お別れにカレーを食うセータロー。

さらば八重山諸島。帰りは那覇経由の神戸までソラシドね。

途中でちょっと揺れたけど、問題なく徳島県松茂町上空。

関西に帰ってきたなー。


さて、今回も素晴らしい、記憶に、思い出に残る旅でした。
八重山諸島、ほんとうにありがとう。
また行きます。来年いきま、、、、行ける?
でも仕事頑張って絶対また行くぞー!
石垣島で買った泡盛・請福を飲みながら記す。
では、おやすみなさい。
コメント

エアコンフィルター開けてみた

2018年06月23日 | つれづれ

まだまだ新車も同然の、たった12年しか乗っていない我が家のRAV4。
年に1度のエアコンを燻製して臭いをなくする薬をする前に初めてフィルターを外してみた。
ら、葉っぱやらホコリやらがたーくさん。
安いもんだから買い換えたらいいんだろけど、今日のところは取り敢えず掃除機でズズズー。

エアコンを燻製したおかげあの嫌な臭いはなくなりましたとさ。
コメント

HITACHIの炊飯器をふるさと納税で。RZ-AC10M

2018年05月24日 | ブツヨクキングダム


我が家のもう何年使ってるかわかんない炊飯器。
お釜のコーティングは剥がれ焦げ付く事もしばしば。
かと言って、我が家はあんまり米を食べない。
兼業米農家のクセに米を食べない。

でもまぁ、ご飯を炊く事はあるし、効率よく炊飯器を手に入れる方法を探すと、やはりふるさと納税。
茨城県は日立市に45,000円を寄付し、無事に炊飯器を手に入れる事ができました。
普通に炊くだけ機能がある5.5合炊きのRZ-AC10M。
これで十分ですわー。

さて、古いがまだまだ使える旧炊飯器はローストビーフ作る時とかに使います。
コメント

新機材ATR42-600が就航した日

2018年05月07日 | つれづれ

5月7日は但馬空港に新しい飛行機であるATR42-600が就航する日である。
なんちゅうか、ワタクシ。
偶然神戸に出張の日でもあった。
さすがに飛行機は満席だろう。一応聞いてみるかな?と。
そしたらキャンセルが出で座先が空いてるようだ。
有難い事に但馬空港初の第1便に乗ることが出来ました。

さて、空港に行ってみるとそれはもう歓迎ムード。
午前9時半。大阪空港から新機材が到着する。
消防車の放水アーチの下、エプロンに向かうATR。

タラップには兵庫県知事の姿が。

但馬組の我らが出発ゲートを抜けると偉い人達と着物のお姉さんのお出迎え。

知った顔もたくさんあって、恥ずかしいやら恐縮するやら。
知事や市長に送られるなんてこの先ないでしょう。

ドキドキしながら機内に乗り込む。

ATR機は後方から乗るのね。

機内は広く天井も頭がぶつからない。

さすが満席でーす。

皆んなの期待があふれる新型機。
手を振るお見送りの人々に手を振り応える。

みんな幸せそうだ。
ワタクシも幸せだ。

力強い加速ののちに簡単にテイクオフ。
新機材はプロペラ機であるがプロペラが風を切る音がまったくしない。
エンジンの排気口の真裏の席であったが、室内のエンジン音は例えばA320と言ったジェット旅客機と同等レベルに感じた。
まぁ、SAAB機のいかにもプロペラ機だって音も嫌いじゃないけどね。

わたしゃー、機内に備え付けてある航空会社が発刊してる機内誌を読むのが好きだ。
SKYWARDを読んでいるとあっちゅうまに大阪空港に到着。
快適な旅だったな。
正面から撮りたかったけど、前には行けそうになかったのでせめて真横から。


そしてもらったフライトログ。

とてもいい記念になります。

あ、大阪空港ってリニューアルしてたのね。

ジャポネスクな装飾になってました。


24年間頑張ってくれたSAAB機。
出張だけじゃなく東京に遊びに行く時にも何回も乗ったな。
20回じゃきかないか。
最後の日の午前便。
我が家近くの田んぼ道から旋回していく姿を撮しました。

ありがとう。さらば。
コメント

ブルーの、まーずまず、、、と言いたかったのに。

2018年04月22日 | 

どんどん傾いている灯台を抜け夜明けの海に繰り出す。

新艇オーナーとなったSHIMIZUさんに「てーてってー(訳:連れて行ってください)」とコメントすると「明日行くかい?」とのコト😃


朝日に映える猫崎半島をこえ、今年初の釣りに来ました。
やっぱ海はいいなぁ。
心が洗われる。
そして、新艇!
カッコいい。速い!

釣りのパイセン達の勇姿。
カッコいい。

スモールボートの匠こと、ふじさん。
今日はふじさんのテクニックを盗んじゃろ😄

朝イチは潮がけっこう飛んでる?
そんな好機を逃さずふじさんがサクっと青モン釣る。
取り込み風景。

くぅー!うまやらしい。
がぜん、ヤル気でる。

場所を移動したらSHIMIZU船長に連続ヒット!

マダイにレンコにアオハタに、、、。
うまやらしー!

わたしゃー、数年前に買ったインチクで初めて釣ったわウッカリカサゴ。

なお、ウッカリカサゴも初めて釣ったコトに気付いた。

ワタクシの腕が及ばす昼前まで頑張ったが結局ウッカリカサゴだけ。
ホントなら、ハマチやらブリやらの青モンをそれなりに釣って、ブルーのマーズまずだなと言ってやりたかったのに。
まぁ、これがJast the way I AMか😄
しかしお土産はしっかりといただきました。


釣れる釣れんはともかく、海は気持ちいい!
ほんとに楽しくて良い1日?半日?となりました。
船長、ふじさん、ほんとに有難うございました。

どーみても悪巧みをしてるようにしか見えない😹
コメント

LEDLENSER P2 もらったよー。

2018年04月14日 | ブツヨクキングダム


使わないから良かったらどーぞと差し出されたコレ。
おおお!
ワタクシが愛用しているレッドレンザーではないですか!
カッコいいP2!
細身で軽くて、しかも明るい。
ありがたく頂きます。
ラッキーな日でした。

今はP3を帰り道で毎日使用してます。
頑丈で電池も長持ち。
無骨なデザインも気に入ってます。
我が家にLED LENSERファミリーが追加されて嬉しいな。
コメント

ドキっ!父子だらけの東京旅行。

2018年03月26日 | つれづれ
平成30年3月24日(土)
世間の小学生は春休み初日である。
ワタクシが先月に東京出張した話をマイサンズにしていたら「僕も行きたい!」との事。
マイサンズに早いとこ日本の中心の東京を感じさせるのは意義のある事と思えた。
ほな行くか?って事になりトントンと出発の日を迎えたのだ。


7時50分の特急城崎にのって出発!
乗せたことはあるハズだが、幼すぎてまっっったく憶えていないと言う新幹線で一路都心を目指す。

アッという間に到着。

東京の中心。新宿である。都庁である。


2020の東京オリンピックに向かって前進の大都市である。

とりあえず無料の都庁の展望台に登る。

いい景色だ!スカイツリーも見える。
ナニヨリ無料ってのがいい。
(ただ、持ち物検査でスーツケースを開放しなければならぬ)


マイサンズに都会のファーストインパクトを与える事に成功。

新宿はいいね。
日本の中心だと感じる。

返す刀で渋谷へ。

桜が咲いてるやん。

「迷ったらどうしよう」と怖がる次男セータローを引き連れてスクランブル交差点へ。

人は多いが慣れってもんだろう。


スグに順応。どうって事はないでしょーな。

その足でNHKのスタジオパークへ。

どーもどーも、どーもくん。

本日は入場料が無料だった。
ついてるー!

ガッテンガッテン!

放送局の中身って結構楽しい。
遊べる所おおし。

合成してみたりして。


そして!
ワタクシは驚いた。
ワタクシの今回の旅は、太陽の塔の内部公開で改めて注目をあびる岡本太郎を探すこと。
このスタジオパークにもあったのか。

天に舞う。
ワタクシが今回の旅でヒソカに目的としていた渋谷駅の「明日の神話」を見つける前に太郎と対峙した。

モチのロン明日の神話とも対峙したよ。

太郎様。あなたは天才です。
何かの偶然があるのなら、一度お話してみたかった。


本日から横浜の弟の家に泊まる。
マイサンズはイトコとおおはしゃぎ。
泊めてもらって良かった。
そして風呂上がりに長男キョータローとその叔父(まぁ、ワタクシの弟だが)がチェスをするのを見て我が子の成長に驚く。

善き旅だな。


3月25日(日)
快晴である。

車の窓から眺める東京タワーがかっこいい。

本日は旅の目的の1つである、上野にある国立科学博物館へ。

甥っ子2人も同行。

ここは本当に見どころだらけ。

剥製がとりあえず大量にある。

撮影は次男セータローであるのでピンぼけだらけ。失礼。


電気から宇宙から恐竜から人体から寄生虫からゼロ戦まで。



そして石。

メイドイン豊岡。


3時間ほど博物館を楽しむ。
窓の外にはスカイツリー。

よし、あそこに行くぞ。

上野公園は桜が8分咲き。
お客さんがメチャ多い。


天気も最高。暑いくらいだ。

ソフトクリーム美味し。

さて、東京スカイツリーに到着。午後2時。

やっぱ高いねぇー。

しかし、なんと!お客さんが多くて午後4時からしか登れないらしい。

待ち時間に昼飯。

回転寿司トリトン。
ネタが大きくて美味しかった。近所にも出来て欲しいなー。
なお、トリトンは北海道発祥の回転寿司屋さん。
カーリングでもおなじみの北見市に弟が住んでいたことがあり、北海道のトリトンの事を聞いた所、もっと安くで食べれたと。
まぁ立地を考えたら仕方ないかー。

さて!いよいよスカイツリーに登る。

おおー、とりあえず標高350m
ちょっとガスってるが高いな。


眼下には桜並木と隅田川。

そしてまたエレベーターに乗り450mまで上がる。

スカイツリーの影が伸びるね。


君達、日本の叡智の結晶に立っているのだぞ。


足元が透けてるフロアもあるよ。


東京に日が沈む。


さて、帰り道はすっかり日が暮れて夜景を首都高速から。


ちょっと遠回りしてレインボーブリッジを渡った。


たくさん歩いてよき1日でした。


3月26日(月)
本日も快晴である。
晴れてありがたや。
お世話になった弟夫婦と甥っ子に別れをつげ、電車で東京駅を目指す。
とりあえず荷物をコインロッカーに預けるが、東京駅は迷宮だ。
地上に出ると

ビル。

振り返ると。

東京駅。

やっぱカッコいいねぇー。歴史あるぅ。


ちょっち記念撮影。


さて、お台場にでも行くか〜って事になり、新橋まで移動。

2階建てになってる電車に乗りたそうだが、まてまてそれは特急料金がいるに違いない。

ゆりかめもめでチャチャッと台場駅到着。

フジテレビの見学は本日お休みだったような。

テクテク歩いてダイバーシティまで行くと、、、ん???

ガンダム立像だっ。
でかい。原寸大プラモ。
ガンダムはファーストしかわからないが、それでもカッコええー。


動くのなら我が家にも1台ほしいわ。

トヨタ自動車がやってるメガウェブに来た。
目当てはカートに乗ること。
長男キョータローは乗る気マンマンだが次男セータローは「いや、いいわ」と。
兄弟と言えども性格の違いなのや。
カートの予約を入れ、空き時間に辺りをうろつく。

ラジコンで有名な京商ブースでドローン運転させてもらった。

けっこう操縦難しそうだけど、慣れたら面白いようだ。


昼飯にウェンディーズでハンバーガー。(と、ビール)


まだまだ時間があるので観覧車に乗る。


今日もガスってがす。


さっき歩いてきたフジテレビ方面。


スカイツリー見えないなー。


ビーナスフォートも少しうろつく


そうこうしている内にカートに乗る時間。
本格カートなので装備もしっかり。


そして思いの外早いカートを堪能。

楽しかったようで良かった良かった。
自由にコースを走れるようになるには初心者講習を2回受けなくてはならないようだ。
また次回だな(いつのことやら)

カートが終わったらもう帰る時間が迫ってきた。
ゆりかめもめで引き返す。


東京駅構内でお土産を買ってたらスーツケースを預けてたロッカーの場所がわからんようになった。
インフォメーションで教えてもらい、あとはダッシュで新幹線乗り場をめざす。
余裕を持っていたつもりでも結構あせったね。


新幹線に乗ったらあとはダラダラと帰宅。

男だらけの旅は行き場所もスグ決まって楽しかった。
なにより、マイサンズと甥っ子も含め彼らにとって楽しい思い出になったことと、これからの生き方の役にたってくれたらと思う。
コメント

猫が来た日

2018年02月25日 | つれづれ


マイサン・キョータローが猫を飼いたいという。
命の責任を持つ事は簡単な事ではないが、それでも負う事は彼の人生には有意義であるはず。
結構悩んだ末に我が家で猫を飼う事に決めました。

さて、猫をどこからもらうかって考えたら、以前の仕事の関係から知ってた動物愛護センター但馬支所へ行く事にした。

そこにいた金目銀目の白猫ちゃん。

オッドアイは幸せを運んで来てくれるんだってね。

何回か愛護センターに通い、本当に飼えるかどうか家族で話し合った結果、我が家に来てもらう事に決定しました。

本日、迎えに行き我が家に到着。
さすがに知らない環境だと不安だよねぇ。
か細く鳴きながら机の裏に隠れたままでて来ない。


まぁ、ゆっくりと慣れておくれんせぇ。
名前は真っ白なのでミルチャン、もしくはミルクチャン、もしくはスーパーミルクチャンのどれかになります。
通常はミーチャンと呼んでます。
これから仲良くしようねぇ。
コメント

Amazon Echo Dot のホワイト

2018年02月06日 | ブツヨクキングダム


うーむ。
たまーにこう言う要るのか要らんのか分からん物を買ってしまう時がある。
スマートスピーカーを購入。
セットアップして使ってみたら結構楽しいな。
取り敢えず未来のグッズは手に入れたぞ。
これからの拡張に期待だ。
5,980円也。
コメント

[クロックス] シティレーン を仕事用に

2018年01月29日 | ブツヨクキングダム


[クロックス] スリッポン シティレーン ロカ スリップオン 26cm

雪が降るとビーンブーツで通勤。
しかし職場でずっとビーンブーツだと蒸れるし履いたり脱いだりするのが大変。
なのでちょうどセールをしてたクロックスのスリッポンをゲット。
アミアミだから夏でも快適そう。
いや、冬は寒いかな。
まぁ、ええかの44%引きな3,422円。

心なしかドリフ時代の志村のシューズに見えるな😆
コメント

ふるさと納税パワー!スーツケースもらった。

2018年01月18日 | ブツヨクキングダム


ふるさと納税ってありがたい。
買おうかとどーしようかと思ってた出張用のスーツケース。
LCCでも機内に持ち込めるサイズのヤツ。
長崎県佐世保市のみなさん、ありがとう。
大切に使います。
納税額15,000円。
コメント

iPhone5sから乗り換え。5sに。

2017年12月10日 | ブツヨクキングダム

2年ほど使った中古で買ったiPhone5sの金色。
バッテリーが ヘタって来たので自分で分解交換。
交換は上手いこと終わり、フロントパネルをはめ直した。
ん?なんかパネルが浮いてるな?と思い、親指で押し込んだところパキっと。
あらららー。パネルのガラスってこんなにもろいのね。

まぁ仕方ないやと今更ながらにガラス保護シートを貼り(ガラスの割れ防止じゃなくて、ガラス破片で指をケガしないようにだなー。)使ってた。
ガラス製の保護シートはキレイだし頑丈そうなんだけどTouch IDが反応しないとか少し不便。
少々の事は気にしないワタクシでも、やはりフロントパネルの割れは気になるなー。

最近、職場のパイセンが5sからiPhone SEに乗り換えたそうな。
お互い通信会社はiijのみおふぉんを使ってるのでSEの設定をしてあげたところ、古い5sをいただける事に。

かくして5s(金)から5s(黒)へ乗り換えと相成りました。
まぁ、容量も32ギガから64ギガへアップしたし良かった良かった。

しかし新しい中古5sにもバッテリー劣化の問題がぁぁ。
コメント